眼科処方のメガネが見えづらい 4

「眼鏡処方箋でメガネを作ったが見えづらい」

単焦点レンズの処方だった場合を考えてみましょう。

考えられる原因は、

① 眼鏡処方箋への記入ミスなど

② 説明不足

③ 頂間距離の問題

④ メガネ屋の加工の問題

②の説明不足とは・・・・。

メガネ調製度数は、

そのかたの使用目的、使用距離、用途、用法、年齢、前眼鏡度数、など色んな事を考慮に入れて、決めていきます。

その過程では、

「Aだとこうなり、Bだとこうなります。ちょっと先の事を考えれば、Aの方をおすすめします」とか、「Aだとこうなり、Bだとこうなります。ちょっと先の事を考えればAの方がよろしいと思いますが、なじみ易いBの方でいきましょうか」、「Aの方でやってみませんか」。

というような説明が必要です。

完全矯正度数(基本度数)でメガネを調製するのか、弱めるのか、弱めるとすればどれぐらい弱めるのかをユーザーさん(患者さん)との共同作業で決めていきます。

そして、どのように調製度数を決定したのかを説明します。

たとえば、

あなたの5mでの完全矯正度数は、

R S-3.00D C-1.00D Ax90

L S-2.50D C-1.50D Ax90

ですが、

R S-2.00D C-0.75D Ax90

L S-2.00D C-1.00D Ax90

で処方しました。

調製度数では、遠方の見え方は完全矯正度数に比較しましてやや見え方は劣るのですが、近方のパソコン作業などが楽にできる度数です。

もし、遠方の見え方を重視するのであれば、遠方と近方でメガネを使い分けるのも一つの方法です。

なお、眼位はやや外斜位がありますが、輻輳力などには問題がないので、今回はプリズム矯正の必要はありません。

という感じでキッチリと説明をしておけば「処方度数では見えづらい・・・」というクレームはおきづらいです。

もちろん、口頭でキッチリと説明しても周りの雑音などにより、耳に入りづらいかたもいます。

特殊な環境の病院は、ややもすれば体調の変化などにより説明が耳に入らないかたもいますでしょう。

ですから、文章で説明することが理想だと思います。

といっても、忙しい眼科ではどうしても説明不足になる面があるのではないでしょうか・・・・。

眼科処方箋度数に関してご質問をお受けすることはよくあるのですが、たいていは、「当方で検査していなのでなんとも言えませんが、おそらく・・・・」と説明するしかありません。

なにせ眼鏡処方箋には調製度数しか記入されていないのですから、マトモな説明は不可能です。

せめて、完全矯正度数ぐらい書いてくれていたら・・・・。

説明不足というよりも説明がまったくできていない眼科もあります。

これでは、不信、不安で「見えづらい・・」などのクレームになりやすいですね・・・。

眼科処方のメガネが見えづらい 3

「眼鏡処方箋でメガネを作ったが見えづらい」

単焦点レンズの処方だった場合を考えてみましょう。

単焦点レンズは遠近累進レンズと違って、眼科でも実際に見え方のチェックができます。

相談者のかたも、その度数で見え方がOKだったから、処方箋を発行してもらったはずです。

でも、眼科処方箋通りに調製したメガネでは見えづらい・・・。

考えられる原因は、

① 眼鏡処方箋への記入ミスなど

② 説明不足

③ 頂間距離の問題

④ メガネ屋の加工の問題

などがあります。

①は単純なミスですね。

たとえば、

S-1.00D C-1.25D Ax180

(S-は近視度数、Cは乱視度数、Dは度数の単位、Axは乱視軸)

で処方するべきところを

S-1.00D C-1.25D Ax80

で記入してしまった・・・とかです。

本当の乱視軸は180度なのに、80度で調製したら、これはまったく違う方向の矯正になり、見えづらくなります。

この場合、メガネ店で処方度数での見え方チェックをすれば、記入ミスを発見できることもあります。

が、片眼のみのミスであれば、見逃がす可能性もあります。

確実なのは、両眼開放ができる視力表で左右眼の矯正視力をチェックすることです。

しかし、そこまでチェックするメガネ屋は少ないでしょうね・・・。

また、成人のメガネでも「必ず処方箋通りに作る」方針の店であれば、視力をチェックする必要はないですね。

チェックして「見え方がおかしい・・・」なんて訴えられても、ややこしいことになるだけですから。

乱視軸に関しては、

本当の乱視軸は80度なのに、90度で処方すると、乱視度数によってはけっこう見えづらくなります。

この場合、眼科でテストレンズで見え方のチェックをするときは、たまたま正確に乱視軸がセットされていたのかも知れません。

因みに、

眼科処方の乱視軸は90度とか180度の処方が多いのですが、人間の眼の乱視軸は案外まっすぐに縦横よりも、やや斜めの85度とか175度とかも少なくありません。

当店では乱視度数も両眼開放屈折検査 でクロスシリンダーを使用して、細かく測定していきます。

眼科処方のメガネが見えづらい 2

眼鏡新聞の「メガネ相談」コーナーでは、もう一つ眼科がらみの相談が載っていました。

これも「眼科の処方箋が作ったが見えづらい・・・。どこに相談したらいいの」とのことです。

で、やはり回答はいつものように「眼科に相談してください・・・・」

でした。

では、なぜ見えづらい処方だったのかを考えてみましょう。

いろいろなパターンが考えられますが、

一つ、「遠近累進メガネの処方だった」ということがあります。

眼科では遠近累進のテストレンズを置いているところは少なくて、遠用度数と近用度数を別々に測定し、その結果でもって処方しています。

遠用度数と近用度数の単焦点レンズでは良く見えたけど、この度数で遠近累進メガネを調製すると見えづらい・・・というものです。

これは、単焦点レンズと遠近累進レンズの構造上の問題で、通常、ある一定の距離は単焦点レンズの見やすくてあたり前なのです。

しかし、そういうことを知らない眼科も少なくありません。

だから、眼科処方度数で調製する遠近累進メガネは、さまざまなトラブルが起きやすくなります。

これがメガネ店で遠近累進の処方をする場合は、遠近累進のタイプによって度数を決めることができます。

遠近累進のタイプとは累進帯長(遠用部から近用部の長さ)の違いなどです。

たとえば11mmタイプを選択した場合近用度数(加入度数)をやや弱く、

14mmタイプを選んだ場合はやや強く、

などの調整ができます。

つまり「快適な遠近累進メガネを作る目的であれば、その処方(検査)はメガネ屋に委ねたほうがいい」です。

もちろん、単焦点レンズのみで測定した眼科処方でも問題のないときもあります。

ですので、遠近累進メガネを調製する目的で眼科処方箋を発行してもらった場合、必ず遠近累進のテストレンズで見え方のチェックをしてください。

そして、疑問点があればメガネ屋に相談してください。

もし、「当店は眼科処方通りにしか作りません・・・・」と言われたら、回れ右もご検討ください。

眼鏡処方箋でメガネを調製したが、見え具合が悪い。

眼鏡新聞より

消費者からのメガネ相談

相談者

 眼科処方でメガネを調製したが、見え具合が悪い。

 メガネ店に苦情を言ったところ、眼科に行ってくれと言われた。

 それで眼科に苦情を言うと、他の眼科に行ってくれと言われた。

回答者

 眼科の処方はメガネ店で変更することはできないので、眼科で再度視力検査していただことを勧めた。

ウーン、この回答では相談者のかたは途方に暮れますよ。

だって、眼鏡処方箋を発行した眼科に処方責任があるのに、眼科はその責任を放棄されたのですから。

それなのに、再度視力検査ですって・・・そんなことをしたって、相談者が傷つくだけではないですか。

再度「他の眼科に!」って言われるだけでしょう。

それに、再度視力検査(屈折検査)をしたからといって、見え具合が改善できるとは限りません。

そもそも眼科は病気を治すことが本職で、快適なメガネ調製のための屈折検査は苦手な眼科も多いですから。

この場合、私が回答するとしたら・・・・、

--------------------------------------------------------------

見え具合に関しましては、視力そのものが弱い場合は誰が検査してもご希望の視力が出ないこともあります。

そうではなく視力は正常なのに度数の調製に問題がある場合、上手に屈折検査をすれば見え方の改善に期待が持てます。

眼科ではメガネ調製のための屈折検査は苦手な眼科も多いので「他の眼科に・・・」と言ったのか知れません。

相談者のかたにはショックな言葉だったでしょう。

眼科はそいうことを相談者のかたに説明すればいいのですが、「メガネ調製のことはメガネ屋に相談してください」とは言いづらい点もあったのでしょう。

それで、今回の場合メガネを購入したメガネ店や処方箋を発行した眼科に再度相談しましても埒が明かなく、たらい回しになる可能性が高いと思います。

ここは、おもいきって別のメガネ屋さんにご相談されたらいかがでしょうか。

その場合、屈折検査はもちろんのこと、眼位検査を丁寧にしてくれる店を探してください。

見え方の悪い原因は、眼位ズレ(斜位)だった・・・ということもあるからです。

具体的にどんなモノが見えづらいのか、それはどんなときなのか、などを詳しくメガネ店に伝えてください。

もちろん費用はかかるのですが、見え方や精神衛生上の改善が期待できます。

相談者のかたにとって、よりよいメガネ調製ができることを願っています。

---------------------------------------------------------

てな感じでしょうか・・・・。

加齢黄斑変性の予防に

先日「ルティーナ」というレンズを販売しました。

このレンズは「ルテイン」を保護するレンズです。

ルテインは目の黄斑部に多く含まれる黄斑色素です。

その働きは、

・紫外線を含む短波長光を吸収

・網膜上で発生する活性酸素を無害化

で、黄斑部のダメージを抑制します。

頑張ってるね、ルテインさんhappy01

でも、残念ながらルテインはさまざな原因で、どんどん減少していきます。

だ か ら、少しでもルテインを守るためにできたレンズが「ルティーナ」です。

Dscn06551

酸化ストレスやルテイン劣化に影響を与えるHEV(400~420nm)を約94%カットします。

ルティーナレンズの小冊子もご用意しています。

Dscn06561


興味のあるかたはどうぞ。

ポッチャリメンズのメガネ

ポッチャリメンズのためのメガネが入荷しました。

Dscn06521

Ookr1Ookr11Ookr21Ookr31Ooha411Ooha311

今回、6本入荷しました。

カラー違いもメーカーに在庫があれば取り寄せ可能です。

ポッチャリメガネは普通顔のかたには、大きすぎる感じですが、大きいメガネをオシャレに掛けこなすのもアリです。











高齢者の免許更新2

高齢者のかたの免許更新。

http://hamatami.cocolog-nifty.com/diary/2016/08/post-f4c0.html

「視力検査 合格」の吉報をいただきました。

よかった、よかった。happy01

このかたは眼瞼下垂もあったので、クラッチグラス をつけてみたのですが、これはどうも鬱陶しいということで外されました。

クラッチグラスに関しては、まぶたをバネの力であげますから、どうしてもそういうマイナス面があります。

それで、視力検査のときは、指でまぶたをあげていただくようにしました。

まぶたのあげ具合でも微妙に視力が変化しますから、あげかたのコツを練習していただきました。

それと、視力の弱い高齢者のかたは、見方のコツによっても視力の出方が違ってきたりします。

やや首を傾けて、やや目を細めてみたほうがいいかた、

目を大きく見開いて、まっすぐに正面を凝視したほうがいいかた、

などなど、

とにかく、ランドルト環Ha34image1


の切れ目方向を四分の一の確率で当てる練習をしていきます。

上下方向の切れ目はわかりやすいけど、横方向は苦手・・・・というかたもいますし、その逆のかたもいます。

そんな場合は「わかりづらかったら、横方向の可能性が高いです」

「しっかりと集中して、右か左か答えてください」などとアドバイスをします。

そしていつも言うことは「わからなくても(見えていなくても)、わらない、とは言わないでください。あてずっぽうでもいいですから、右、 左 、上、下、どれか答えてください」です。

あきらめると見えるものでも見えなくなりますからね・・・・。

台風情報 2

台風16号 情報

20日(火) 午後1時

Dscn06581

台風一過

天気がよくなってきました。

もうご来店いただいても大丈夫です。happy01

台風16号

20日(火) 午前10時 台風16号情報

Dscn06571
いの町 新町

今のところ、雨風共にたいしたことはないのですが、段々と風が強くなってきています。

ビュゥウウウーーーと不気味な音が強くなってきました。rain

メガネのハマヤはいちおう営業していますが、台風が過ぎ去るまでは、危険ですから外にでないでください。

路面電車もとまっています・・・・。

眼鏡士は古いほうがいいのか・・・

高知新聞 今日の言葉より

「医者と味噌は古いほうがいい」

標題は医師の経験を時間とともに味わい豊になる発酵食品に例えている。

さながら経験とは、材料を発酵させるプロセスと時間だろうか。

では「眼鏡士は古いほうがいい」のか・・・?

もちろん、医者もそうだと思いますが、「古ければいい」なんてことは一概にはいえません。

古いだけで、実務経験に乏しい眼鏡士もいます。

どんな内容の経験をしてきたのかが、メガネ調製のミソでもあります。happy01

漠然と仕事をしていたのでは、おそらく何年やっても発酵しません・・・・。

古くなって腐敗が進んでいる輩もいるでしょう。発酵と腐敗は紙一重なのかも知れませんが・・・・。

«ウスカルセルフレーム「ドリオン」

最近のトラックバック