ボストンメガネ、丸メガネの子供用

ボストンメガネ、丸メガネの子供用が入荷しました。
Dscn00251
Dscn00261
Dscn00251
Dscn00241
Dscn00281

イチロー選手 現役引退

大リーグ マリナーズのイチロー選手が引退しました。
お疲れ様でした。
プロ野球選手として45歳までやれたのは、立派なものです。
言わずもなが、前人未到の大記録には感服します。


おそらくイチロー選手は今季、目の衰えを感じていたのではないでしょうか。(当たり前ですが)

日本での公式戦を見て、私はそう感じました。
バッターボックスで目がボールについていっていない・・・・・と。

それも仕方ないことです。目の筋肉は40歳を過ぎると、鍛えることは難しくなります。
眼球運動の低下は避けようがありません。
大リーグのあのスピードボールに40歳を過ぎて、対応できていたのも
イチロー選手だからでしょう。
いや、だけど本当に惜しい!
守備だけならまだまだやれるのに・・・・・。
-----------------------------------------
ココログがリニューアルしました。
まだ使い方に慣れていません・・・・。

お笑いコンビ○○さん愛用メガネ

日本製、メタルフレームとコンビネーションフレームの入荷。

若手お笑いコンビの○○さんが掛けているモデルもあります。

Dscn0003





Dscn00041


Dscn00061





Dscn00081


Dscn00091


Dscn00451


Dscn00461


メガネの調製は共同作業

メガネレンズの度数は「0.25」刻みであります。

近視を矯正するマイナスレンズは、-0.25、-0.50、-0.75、-1.00、-1.25、ー1.50・・・・・・

ー5.00、-5.25、-5.50・・・・・ー10.00、-10.25、-10.50・・・・と。

強度になれば「0.50」刻みになるレンズもあります。

近視度数が強くなり、見えづらくなった等でレンズの変更をする場合、

慣れやすさを優先的に考えれば「-0.25だけ強める」を選択すればいいです。

しかし、この選択は「見え方はあまり変わらない・・・・」ということになりかねません。

メガネは基本的に見るための道具ですから、目的度数(遠方が見やすい度数)を選択すれば、それでいいのですが、そんなに簡単にいかないのがメガネ調製の難しいところです。

度数を変更することによる「違和感」があるからですね。

事例

60代のかた

右眼 R S-0.75D C-0.25D Ax90

左眼 L S±0.00D

(Sは近視度数、Dは度数の単位、Cは乱視度数、Axは乱視軸)

のメガネが見えづらいとのことでご来店。

今回の5m完全矯正度数(基本度数)は

右眼(1.2×S-0.75D C-0.75D Ax120)

左眼 (0.7×Sー0.75D C-0.25D Ax90

でした。(1.2、0.7はメガネを掛けての視力)

左眼は白内障があり、視力は弱いです。

当分白内障の手術はしたくないので「少しでも遠方が見やすいメガネが欲しい」ご希望でした。

装用テストの結果、完全矯正度数で調製することになりました。

その後、(お渡ししてから2,3日後)「左眼が疲れる。強すぎでは・・・・」との訴えがありました。

具合が悪い場合、往々にして「度数の合わせ方が悪い」と当方責任に持っていかれがちです。

でも、意味もなく(メリットもなく)眼の度数よりも強く作ることはありません。

今回の度数も基本度数より強く作ってはいません。

「遠方が見やすいメガネ」がご希望でしたから、70m先の見え方もチェックしています。

このかたは、普段はメガネを掛けていなくて使用するのは車の運転のときだけです。

なので、

方法

1、一旦度数を弱くして調製し、段階的に度数を上げていく。

2、普段からある程度メガネを掛けて、慣らしてしただく。

を提示しました。

今回、とりあえず2番から試してくれることになりました。

1番の場合、一番無難な度数は、

右眼(S-0.75D C-0.50D Ax91)

左眼(Sー0.25D )

ですが、装用テストでこの度数を提示しても、見え方の点でOKはいただけないでしょう。

装用テストは正しい選択をしてくれるとは限りません・・・・。

そもそも「唯一絶対正しい選択(度数)」というのは存在しないのですが・・・。

いずれにしろ、そんなに難しい調製(度数)ではないのですが、慣れの問題は個人差も大きくて、いつも不安な要素があります。

メガネ調製は希望のメガネを作ったとしても、どこかで不満がでてくる可能性もあります。

やはり「やってみなければ100%のこと(具合がいいかどうか)はわからない」

ということで、当店のメガネは共同作業、共同責任で対応していきます。

メガネに限らず、どんなことでも共同でやるということは難しい面もあります。

それを上手にやっていくことが肝心です。

メガネは息を合わせて作る見るための道具です

レイアウトに必要なペン

メガネを作る場合、

レンズを入れる前にフィッティングをしないと、レンズの光学中心の正しい設定(心取り)ができない」です。

「光学中心の正しい設定」とは、レンズの光学中心を使用目的や目の位置によって、玉型のどの位置にするかを決めることです。

そのレイアウトにかかせないのが、デモレンズに線を引く「ペン」です。

写真は黒ペンですが、瞳孔の色と同じ黒色では見えづらい(確認しづらい)ときがあります。

そんな場合、白ペンを使用します。

しかし、白ペンの種類は少なくて、なかなか気にいったものがありません。

 

Dscn00661


腺の太さ、見やすさ、書きやすさは「ぺんてる ホワイト 100」が優れています。

いままでは、このペンを使用することが多かったです。

しかし、インクの出方、耐久性などに問題があり、他の白ペンを試してみました。

・サクラ 「マイネームホワイト 布用」

線の太さはいいぐらいですが、水性なのでデモレンズによってはつかないこともある。

・「ラップにかけるペン」

線はやや太すぎるが、線は引きやすい。

・「白のボールペン」

ほとんど書けない・・・・。

墓参りツアー

3月14日(木) 晴れ

今日は、恒例の墓参りツアー

「いの町 北山」→「いの町 北内」→「いの町 加田」→「佐川町 斗賀野」→「佐川町 庄田」

の五箇所を回る弾丸ツアー。

ご先祖様に「見守っていてください」と手を合わし、家族の健康を願う。

その間、サイクリングも強行!

 

Dsc00412


佐川町 不動が岩屋洞窟から尾川経由で庄田に行く。

 

Dsc00413


尾川の川は澄んでいます。

 

Dsc00414


木蓮は満開。

 

Dsc00415


佐川町も自然が一杯!

山道の途中で脇道からでてきたバイクのおんちゃんとぶつかりそうになる。

まったく、確認をしないで出てくるおんちゃん!

幸い衝突しなかったのはご先祖様が守ってくれたのでしょう・・・。

 

 

スポーツ用にも掛けられるメガネ

不思議な合金フレーム 

「ゴムまりのように、柔らかく、しなやかで、しかもチタン合金よりも腰が強い」そんな不思議な合金を用いたフレームです。

日常用として、スポーツメガネとして掛けていただけます。

Dscn2127


Dscn2128

老眼が治せる?

先日「老眼が治せる!」とテレビで放送していました。

これは、以前にも同じ番組で放送された「モノビジョン」法を取り上げたものでした。

なーんだ、同じ内容ではないですか。

前回は「老眼の改善」だったものが目先を変えて「老眼を治せる」にしたのですね。

前回はAさんが、そのモノビジョン法を試して、

「ウワー、遠くも近くもスッキリ見えます!」と大はしゃぎしていました。

今回の放送では、そのAさんもゲスト席に座っていました。

ところが、MCさんが「老眼が治せます」と紹介したところ、

「へー、そんなことができるのですか」と、初めて知ったような表情をされていました。(ま、そこはバラエティー番組ですから・・・・・)

その後、Aさんはモノビジョン法を継続しているのだろうか?

番組では何もおっしゃいませんでした。ということは・・・・・。

今回の放送でモノビジョンを試したBさんは・・・・。

 

ところで、何度も言いますが、

私の眼は「不同視」です。

(メガネで矯正しなければ、自然なモノビジョン状態です)

不同視は「視機能異常」になりやすくなります。

視機能異常は、遠近感覚が不良になりやすくなります。

遠近感覚不良は、交通事故に繋がる恐れがでてきます。

交通事故は、不幸を招きます。

不同視とモノビジョンは、左右眼でのバランスが悪くなる点においては同じようなものです。

でも、人為的に行ったモノビジョンと不同視とでは脳の混乱度合は全然違います。

脳の混乱は自律神経が乱れる恐れがでてきます。

それでいいの? そもそも眼科医は病気を治すことが仕事では。

「遠くも近くもこれで見えます。便利でしょう。でも病気になりました」で、いいの?

そんな危険なことをするよりもメガネで適切に矯正すれば、快適な視生活を送ることが期待できます。

モノビジョン矯正法が「老眼が治せる」表現にも違和感が大きい。

老化は治るものではなく、治せるものでもない!

次回の放送は「老眼が消える」かな・・・・。

レッドグリーンテスト

屈折検査に「レッドグリーンテスト」があります。

この検査は各波長により屈折率が異なり「結像位置にずれが生じる色収差」を利用したものです。

 

Dscn00571

赤色視標の二重丸(数字)と緑色の二重丸が同じ見え方であれば「正視」

赤色二重丸>緑色二重丸であれば「近視」

赤色二重丸<緑色二重丸であれば「遠視」

と判断します。

簡単に判断できるので、多用している検者も多いと思います。

私も利用しています。

(私は主に乱視検査の前に球面度数をチェックするために使います)

でもこの検査、視力標や検査環境などによって精度が左右される面もあります。

この検査だけで「近視」と決めることは、ちょっとマズイ・・・・。

「調節」が介入している可能性があるからです。

遠視眼でも調節が介入すれば、「赤がハッキリ見えます」と答えることがあります。

つまり調節との関係で「赤がハッキリは信頼度が低く、緑ハッキリは信頼度は高い」ということがいえます。

また、調節が介入しやすい「接近ボックス視力表」はレッドグリーンテストには信頼がおけません。

 

視力表の中には1mの前方に設置して、5mでの検査ができるものもあります。
この視力表は周辺部の枠などで、感覚的に十分遠いという感じ(5mのイメージ)が起きづらいです。
すると無用な調節がおきやすくなります。
当然、乱視や眼位も違った度数が出てくることがあります。

ビジョンテスターを利用して接近ボックス視力表での屈折検査は、信頼がおけないです。

不自然な「単眼視検査」も調節の影響を受けやすくなります。

その点、「両眼開放」での検査は調節の影響が少なくなります。

 

Dscn00591


Dscn00601


特殊なフィルターで、両眼を開けたまま、右眼には上の二重丸、左眼には下の二重丸が見えるようになっています。

信頼度が高いのは「両眼開放レッドグリーンテスト」です。

 

 

テンプルが長いコンビネーションフレーム

テンプルが長い「コンビネーションフレーム」の入荷です。

Dscn2146
Dscn2147

耳までの奥行が長いかたに適合します。

西日対策に偏光レンズ。

当店の店舗は南向きにあり、日当たりは抜群です。

西方向は道路に面していますから、この時期西日がガンガン入ってきます。

冬は暖かくて住まいとしては、最高の立地です。

でも、西日がピッカピカの床に反射して、とても眩しいのです。

(店内の床は毎年「えぷろんママ」さんに磨いていただいいているのでピッカピカです)

そんな場合、「偏光レンズ」は不快な反射光をカットできます。

Dscn00471

↑この眩しい光が

Dscn00491


↑偏光レンズでは、眩しい光線から眼を守ります。

Dscn00501

↑普通のサングラスでは、ぎらついた眩しい反射光はカットできません。




嫁石の梅まつり

嫁石の梅まつり」に行ってきました。

途中まではサイクリングを楽しみ、鏡ダムで浜田久美と合流。

 

Dsc00402

菜の花が満開。

狭い山道をクネクネ走り、嫁石に到着。Dsc00405

梅の花も満開!

Dsc_0475




Dsc00408

ここは巨岩が多い。

この下、通るのコワソー

でも大丈夫。しっかりと竹の棒で支えていました。

Dsc00409



え、なにか書いているよ。

Dsc00410


ウーン、やはりコワソー

Dsc00406


↑これを見て「なつかしー、昔あったあった」と浜田 久美。

町育ちの私はわからない。

輻輳力検査に基底内方プリズム?

専門的な話になります。

「眼鏡技術者のバイブル」といえる本『これであなたも検眼上手』。

初心者からベテランまで、眼鏡学の神髄を学ぶことができます。

 

Dscn00531

メガネ屋には必須の本ですが、ちょっと疑問な箇所がありました。

その疑問点を出版社に問い合わせてみました。

 

----------------------------------------------------------------

さて、貴社出版の「これであなたも検眼上手」についてお尋ねしたいことがあります。

377Pに、
『さて、次に外斜位がどの強さまで存在できるかを考えてみましょう。それにはプリズムによる輻輳力検査が参考になります。

この検査は、5メートル視標を両眼で注視させ、ロータリープリズムを基底内方に加えて輻輳力を調べるものです。そうするとプリズムが10△を越えたあたりから視標がボケ始めます。』


と書かれています。

この「基底内方に加えて輻輳力を調べる」という記述があります。
これは「基底内方」で間違いないのでしょうか?

通常、融像幅の検査では、

開散力(虚勢相対輻輳力)には、基底内方(BI)を
輻輳力(実性相対輻輳力)には、基底外方(BO)を
加えていくものと認識しています。

「10△を越えたあたりかた視標がボケ始めます」というのも
基底外方を加えたときの特徴のように感じます。

お忙しいところすみませんが、確認をしていただけませんでしょうか。

よろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------

その後、出版社からの返事はいただけませんでした。

私の認識や解釈が間違っている可能性もありますし、業界人にとっては(特に、初心者)大事な眼鏡技術に関わることですから、何らかのお返事をいただきたかったです・・・・・。

「抑制」と眼科事情

海外のかたから「抑制」についてのお問い合わせがありました。

「子供の眼が抑制していないだろうか」という内容で、

「○○○国の眼科では抑制はわからないのでしょうか・・・」とおっしゃいます。

その国の眼科事情はわかりませんので、「それはなんともいえませんが、抑制しているかどうかは、簡単な検査でわかります」とお答えしました。

その検査とは、

鉛筆かボールペンのようなもの2本を用意してください。できれば色違いを用意してください。

例えば、赤鉛筆と緑鉛筆を使い、左手で赤鉛筆を眼前約10㎝~15㎝位にセットし、右手をいっぱい伸ばした状態で緑鉛筆を持ってください。

最初に赤い鉛筆を見てください。1本に見えていますか。1本に見えていれば赤鉛筆を見ている状態(視線は赤鉛筆に合わしています)で、緑の鉛筆は何本に見えていますか。
2本に見えるはずです。

この実験は、簡単な両眼視の検査です。もし、赤鉛筆を見ている状態で、緑鉛筆がもし2本に見えていなければ両眼の連動が悪くて、両眼でモノをとらえていません。

 

ただ、この方法はあくまで簡易ということで、抑制の詳しい検査は「バゴリーニ検査」が必要になります。

 

 <バゴリーニ線条レンズ法>
日常視に最も近い環境において検査ができるため、その検査結果の信頼性が高い。

抑制は、幼いかたほど迅速にかつ広い範囲に起こりやすくなります。
つまり、成長期にある子供の眼は、成人した大人よりもはるかに、気をつけなければいけません。
抑制してしまうと、抑制を取り除くのは困難になる場合が多いです。

抑制を防ぐには、早期発見、早期治療、早期矯正、早期訓練。これがかかせません。

ということが電話で伝わったかどうか・・・・。

いずれにしろ、

電話でのやりとりは、簡易検査の方法を説明するのも難しいです。

抑制に関しても原因はなんなのか?

眼の状態はどうなのか?

ということがわからずに答えるのは困難です。

抑制の種類もあり、抑制レベル差もあります。

そもそも、抑制は眼病によるものもありますから、眼科の分野です。

その国の眼科がお寒い事情だから、当店にお問い合わせをされたのでしょうが・・・・。

で、日本の眼科はどうなんだろう?

電話で医師が抑制についての詳細な説明をするだろうか。

それは無理でしょう。(多分)

当店も、

複雑なご質問ご相談は、メールでお願いしています。

(浜田 清と久美の二人で営業していますので、電話に出られないこともあります。長時間のお電話も、ご来店中のお客様にご迷惑をおかけすることがあるからです)

ボストンフレーム「ボストリア」

ボストンメガネ研究会 オリジナルフレーム「ボストリア

レンズ型は、レンズ上下幅が広めの、ドイツ風のテイストの効いたボストンフレーム。

Dscn2149


アンティーク・クラシックのオーソドックスなモデルですが、独自のふたつのアレンジを持っています。

1. 鼻側の斜めカット
2. 腕まわりの平行線デザイン


まず鼻部分を下から見てみれば…斜めにカットが入れてあることがわかります。

この斜めに入れたカットにより、メガネフレームを斜めから見たときのスタイルが、とてもスマートに見えます。

正面から見たシェイプも、ボリュームダウン効果が働き、スタイリッシュに変化。
鼻側をスマート化した分だけ、両サイドのボリュームを落すことにも成功したのです。

Dscn2150

その両サイドは、「智」と呼ばれるサイド部分を、真横に水平に伸ばしたような独特な形状となっています。

平行線を大切にしたライン取りということで、スッキリとした軽快感あるデザインです。

詳しくは『こちら

本日 出店は中止

3月3日(日) いの町 「かみのひなまつり」

 

朝一番に出店のパン屋さんに直行しました。

 

が、残念! 雨のために「出店」は中止とのこと・・・・。

かみのひなまつり 3日もやります。

3月2日(土) 3月3日(日)

いの町 「かみのひなまつり」が開催されています。

本日は、ポルトガルの電車がやってきました。

Dscn00521

電車の中では一絃琴の演奏が行われていました。

当店の目の前で演奏していたのですが、仕事中で聴きにいけません。残念!

来年は電車の外で演奏してくれませんか・・・・。

ウスカルフレーム「メルトビート」

ウスカルメガネの中でもアンティークな雰囲気で、遠近要用など累進レンズに向くようデザインされた…
モデル名「
メルトビート」の登場です。

Dscn2153

これまでにリリースした、遠近両用対応のウスカルメガネ、「ビータス」「ビータスⅡ」と、似た雰囲気を持っていますが、レンズ部が少しだけ丸みを帯びた形状をしており、ビータスシリーズとは、ちょっとした違いのニュアンスの変化を楽しむことができます。

須崎市 雪割桜

須崎市 「雪割桜」を見に行きました。

想像していたよりも遥かに凄い絶景です。

菜の花とのコントラストも絶妙です。

 

Dsc_0436

ちょいと上まで登って見ることもできます。
上からは、桜の絨毯に圧倒されました。

Dsc_0454


Dsc_0455

 

Dsc_0445

残念だったのは、出店が閉まっていたこと。

あー、桜餅が食べたかった!

案内係のおじさんにそのことを尋ねると「なかなかみんな高齢で・・・」というお返事。

なんとかせないきませんね・・・・。

かみのひなまつり

いの町 「かみのひなまつり

3月2日(土) 3月3日(日) に開催されます。

 

Dscn00511

子ども雛パレードや和紙飛行機コンテスト

などがあります。

3月3日(日)には、四国のパン屋さん「はなぱん」さんも出店してくれます。

 

 

我が家はここのパンの大ファンです。

朝一番にゲットしにいく予定です。

コンビネーションフレーム

コンビネーションフレームの入荷です。

 

丈夫な日本製です。

Dscn2116


Dscn2126


Dscn2133


Dscn2134


Dscn00121


Dscn00131

認定眼鏡士

認定眼鏡士 SS級 更新の時期がやってきました。

Dscn00341

認定眼鏡士の更新をするには、

『有効期間3年の間に、登録級、年齢にかかわらず、3回以上の生涯教育認定講習会を受講することを義務付けます。』

としています。

私は毎年、真面目に講習会(通信講座)を受けているので、無事更新できました。

通信講座は実力試験問題を提出することも義務づけられています。

私の去年の成績は・・・・100点です。

といっても講座を受ければ、誰でもよい成績が取れるレベルの問題です・・・。

まぁ、「講座を受けることに意義がある」問題ですね。

質問も受け付けてくれるので、毎回利用しています。


講師の先生から直接お返事がいただけるので、これは値打ちがあります。

春の花火

昨日は、いの町の夜空に花火があがりました。

この花火は、

---------------------------------------------------------

本日の大国祭では、夕刻より奉納花火が行われます。

奉納花火とは、一年の幸福とみのりを予祝する、春の大国祭に個人や企業が家内安全、商業繁栄、こどもの誕生祝い、縁結びなどの様々な想いを込めて打ち上げる花火です。

--------------------------------------------------------

ということでした。

こんな時期に花火が見られるとは感激です。

春の花火もいいものですね。

でも、窓を開けてみるのはちょっと寒かった。

できれば来年は5月ぐらいに打ちあげていただきたい。ビールが美味しくなる時期に・・・。

先セルのないフレーム

メガネテンプル(腕)に先セル(耳にかかるブラスチック部分)のついていないフレームがあります。

 

Dscn00321

このフレーム、よりシンプルな点が好まれますが、フィッティング調整のやり辛いフレームでもあります。

耳に合わせて形を整えることが困難な場合も少なくありません。

また、金属部分が直接耳に触れるために、耳が痛くなることもあります。

そんな場合、「スリムフィット」をつけると痛さが解消できることもあります。

Dscn00331

なので、眼鏡技術者としては積極的に仕入れたいフレームではありません。

しかし、最近この手のフレームが増えてきました・・・。

「フィッティングに難のあるフレームは一切仕入ない!」とすればいいのですが、

そこまではできていません。

メガネは「オシャレも大事な要素です」・・・・ということで。

褒め上手

高知新聞 3月22日 朝刊より

名物食堂 相次ぎ閉店

今年になって高知市内の名物食堂4店が相次いでのれんを下ろした。

経営者の高齢化や急死、後継ぎ不在などは閉店の理由はさまざまだが、どの店も確かな味と店主の人柄で知られ、地元の住民から長く愛されてきた。

 

なんとも寂しいニュースですが、名物店が少なくなっていくのは時代の流れで仕方がないのかも知れません。

いの町もここ何年か、名物店が閉店しました。

あの味、あの技術、あの知恵、あの博識、どれもこれも失われてしまい、大きな損失です。

失ってみてはじめてわかることもありますが、なんとかこの流れを緩やかにしたいものです。

商店街活性化が上手くいけばいいのですが・・・・。

「この街で長く店をやっていただいてありがたいです。あなたは街の誇りです。今後も応援しますから頑張ってください」と、

店主をよいしょ(褒める)、するのも街を活性化するのも一つの方法だと思いますが、どうでしょうか行政さん!・・・・。お金はかかりません。

女性向けのサーモントフレーム

女性向けの「サーモントフレーム」入荷しました。

Dscn2135


Dscn2136


小顔男性のかたにもOKなデザインとカラーです。

スキーレベルは?

2月21日(木) 晴れ

昨日ほどではないが、今日も四国は暖かい。

ぼかぼか陽気での春スキーを楽しみに、本日も「久万スキーランド」に。

このスキー場には雪のコブを専門に滑る「モーグルスキーヤー」のかたがいます。

何名かのかたが、お互いのレベルアップを目指して練習しているようです。

みなさんお上手で、見ていて気持ちがいいです。

私はというと・・・・30年以上スキーはやっていますが、スキーレベル

イマイチ・・・・」。

まぁ、楽しければそれでいいのです。

スワンズ サングラス

スワンズのサングラス 

超特価価格 ¥4,000で販売しています。

ただし在庫限りのご案内です。

 

度付にもできます。

度付の場合は、+レンズ代金です。

過度の緊張で・・・2

両眼の眼球運動には、むき運動とよせ運動があります。

よせ運動には、輻輳と開散があり、輻輳は内よせ、開散は外よせの運動です。

その輻輳には4つの要素がありまして、

・緊張性輻輳

・調節性輻輳

・融像性輻輳

・近接性輻輳

詳しくは『こちら

緊張性輻輳は、覚醒時には微妙に常に働いています。

もし「私は緊張しません!」という人がいたら、「でも、あなたの目は緊張していますよ」と言ってあげてください。

つまり目は正直に物を言う器官でもあります・・・・。

適度に緊張しているから、正確に物を見ることができるのでしょうね。

そもそも眼窩(眼球の入っているところ)は、やや外方向を向いている構造になっているので、眼球は外方向に向きやすい傾向にあります。

しかし、適度な緊張が過度になると、問題が起きてくる恐れが出てきます。

近視で内斜位」の原因の一つも過度の緊張からきていることもあります。

また眼の検査でも緊張によって、正確な度数が測定できないことがあります。

 

「ビジョンテスター」というこの検査用具を使用して屈折度数を測定すると、「器械近視」といって、眼の屈折状態がより近視側に測定されることがあります。

 



それは、筒のようなものを不自然な状態でのぞきこむことにより、「調節力」が影響を受けるからです。

つまり、不自然な検査用具を使用しての測定は、過度に緊張してしまって、水晶体を膨らませる調節機能が強くおこなわれやすくなり、屈折度数が近視側に移行しやすくなるのです。
この現象は、調節力が旺盛にある若い人ほどおきやすいです。

過度に調節機能がおこなわれている状態は、乱視や眼位にも影響します。

ビジョンテスターでの検査とテストフレーム検査とでは、乱視度数、乱視軸、眼位が違っている・・・というのは珍しいことでありません。

近接性輻輳も検査に影響が及ぶことがあります。

近接性輻輳は、「近くのものを見ているという感覚」によって、起こる輻輳です。

視力表の中には、1mの前方に設置して、5mでの検査ができるものもありますが、この視力表は周辺部の枠などで、感覚的に十分遠いという感じが起きないので、無用な調節がおきやすくなります。

 

↑接近ボックス視力表
接近ボックス視力表での検査はメリット(場所をとらない))もありますが、検査精度に信頼がおけません。

住むには最高の立地

当店の店舗は南向きにあり、日当たりは抜群です。

西方向は道路に面していますから、この時期西日がガンガン入ってきます。

冬は暖かくて住まいとしては、最高の立地です。

で す が、商品に日が当たるとマズイです・・・・。

ま、メガネは腐るものではないので、その心配はないのですが、プラスチック製のフレームは紫外線により変色する可能性があります。

それを防ぐためにガラスウインドーにはすべて紫外線カット加工をしています。

可視光線には、ブラインドを下ろして対処しています。

 

Dscn00191

(ブラインドを下ろしていると「休み」と勘違いされることもありますが・・・・。)

でも、入口のガラスドアにはブラインドは下せません。

だからドアから西日が入る時間帯は、いつも忙しい。

商品を守るために、衝立を持ってきたり、シートを被せたり、

日とのおいかけっこで、あっちに移動、また直ぐに別の場所に移動・・・・と。

 

Dscn00171

当店はほとんどの商品(メガネ)は、箱にしまっています。

ですから、日差しはそんなに気にしなくていいと思いますが、中身が見えるようにクリアファイルを張っている箱なので、「念には念を入れて」の対策をしています。

なお、眼に関しても念には念を入れて有害な紫外線から眼を守ることをおすすめします。

リドルとジーパーツ

当店が力を入れている主力ブランド

「リドル」と「ジーパツ」は、

定期的に入荷します。

Dscn2125


Dscn2123


Dscn2124

複視になったA様 3

複視になったA様のその後、

眼位ズレ(斜位)量がドンドン減ってきました。良い傾向です。

再度、メガネを作り変えました。

上下プリズムに関しては

1回目 R 10△B.D.(ベースダウン)

2回目 R 6△B.D.(ベースダウン)

3回目 R 4△B.D.(ベースダウン)

(△はプリズムの単位、ベースはプリズムの方向。 R B.D.は右眼上斜位を矯正します)

になりました。

当初、去年の11月末にご来店されたときは、R 12△BDぐらいのズレがありましたから、この改善力は凄いです。

プリズムメガネの効果がハッキリと数字に表れています!

良くなっていったのはA様の前向きな姿勢も功を奏したのでしょう。

「ダメならメガネを変えればいい」ということを受け入れていただいたことも大きいと思います。

外眼筋はすべて神経支配されていますから、精神的に安定すると、トラブルを起こしていた外眼筋が正常な働きに返ります。

つまり、「上手な脳のコントロールができだした」ということです。

私たちがやっていることは脳コントロールの手助けになります。

A様の場合、突然複視になり、3ヶ月間途方に暮れていたものが、当店のプリズムメガネ調製で好転に向かいました。

たまたま治る時期だったのかも知れませんが、病院では得られなかった何かが当店にあったのでしょう・・・・・多分。

スキーとうどん

2月14日(木) 久しぶりの「久万スキーランド

 今年は暖冬で天然雪は少ないですが、造雪機械で安定した積雪量が確保されています。

 

Dsc_0420

ゴーグルをして、スキー帽子を被っていれば還暦をすぎたオッサンには見えないと思いますが、体力的には2時間ぐらい滑ればヘトヘトです。

目一杯滑るのと、スキーテクニックがイマイチということもありますが・・・・・。

帰りには久万高原町の超有名店「」さんで釜揚げうどんを食べました。

スキーに行く半分以上は、この釜揚げうどんが目的です・・・

鼻パッドのないフレーム入荷です。

鼻パッドのないメガネフレーム 「ウクル」入荷しました。

めがねを外すと、くっきりと鼻パッドの跡が…

「ウクル」ならその心配はありません。

なぜなら、鼻当て(パッド)がなく、鼻にフレームが接触していないからです。

でも、頬骨付近でメガネを支えますので、そちらが気になるかも知れません・・・。

実際に店頭でご確認ください。

Dscn21171

過度の緊張で・・・・。

跳ね上げフレームには、「バネ」仕様のものがあります。

バネの動きで、前枠を簡単に跳ね上げることができます。

しかし、バネは使用していると段々と動きが悪くなります。

そんな場合は、バネ交換修理になります。

 

Dscn21521


新しいバネを丁番にセットし、コイルを内蔵し、前枠と後枠を微妙な力で押さえつつ、ネジ入れをする作業になります。

先日は、この修理作業で難儀しました。

どうしても、最後のネジ入れが上手くできません。

微妙な力加減が難しく、強く押さえればバネが外れるし、軽い押さえではネジが入りません。

バネの反発力もバネによっても誤差があり、フレームの捻じれも加わり、難易度がマックスの状態です。

お客様は仕上がりを店でお待ちだったので、

焦る→緊張→手の硬直→バネを飛ばす の悪循環。

こうなるとニッチモサッチモいきません。

他のご来店されたお客様には「すみません。手が離せない状態でして・・・」とお断り。

浜田 久美と二人がかりで3時間奮闘してもまだ入りません。

緊張のせいでしょうか、体調も悪くなってきたので「すみません。先が見えません。仕上げてお送りいたします」ということにしました。

お客様が帰られたあと、落ちついて作業をすれば割りと簡単にできました・・・・。

このフレームの特性と作業のコツがわかってきたこともありますが、精神的にリラックスできたことが大きいでしょうね。

やはり、「過度の緊張」は普段できていることができなくなります。

精神が弱い私は修行が足りませんね・・・・。

「緊張」はメガネ度数の測定にも影響を及ぼす可能性があります。

検査は、ほとんどのかたが多かれ少なかれ緊張されます。

適度の緊張は問題はありませんが、過度の緊張は度数測定に影響を及ぼします。
いかに過度の緊張状態がおきないように検査するかが、メガネ度数測定のミソでもあります。

なお、「バネ交換修理」その場での作業もできなくはないのですが、今回の事例ように難儀することもあります。

なので、基本的には「お預かりしての修理」というこにさせていただきます。

無難な度数は問題を先送り・・・・2

「乱視」を適切に矯正することは、良好な見え方や、視機能向上が期待できます。

しかし、違和感を訴えられることが多いのも「乱視」です。

特にコンタクトレンズを日頃使用しているかたは、メガネとの眼の距離の違いによる違和感を感じやすい傾向にあります。

コンタクトレンズよりもメガネのほうが眼より離れているために、「空間視の感覚の違いを感じる」ということです。

そんな場合、乱視レンズの違和感を少なくする目的で「乱視矯正の調整法」駆使していきます。

一般的に乱視度数が強いほうが違和感も強くなります。

乱視には「乱視軸」という方向性があります。

通常、このように度数は記入していきます。↓

S-3.00D C-1.00D Ax20°

(S-は近視度数、Dは度数の単位、Cは乱視度数、Axは乱視軸

 度数は0.25刻みであります。)

乱視調整法は、乱視度数を弱めたり、乱視軸を変更したりします。

たとえば、

① S-3.25D C-0.50D Ax20°

とか

② S-3.00D C-1.00D Ax10°

にしてみます。

①は、乱視度数をー0.5D弱めています。

しかし、これでは見え方が悪くなります。

それを補うために近視度数を1段階強めました。

②は度数は変えないで乱視軸を動かしています。

これは斜めの乱視(斜乱視と呼びます)は違和感を感じやすいので、より真っ直ぐな横方向(180°)に動かしました。

この方法の問題点は、軸誤差により、残余乱視が生じてしまいます。

もし、乱視軸を30°変えると乱視の矯正効果はなくなってしまいます。

①と②の方法を併用することも少なくありません。

いずれにしまして乱視矯正の違和感はゼロにはなりません。

「違和感の少なさ」か「視機能見え方」を優先するかの選択になります。

前者を優先した場合、視機能異常に繋がる可能性がでてきます。

後者は、違和感の問題は時間が解決してくれます。(多分)

無難な度数で問題を先送りにするかどうか・・・・。

現実的にはクレームに繋がりやすいメガネを作るのは怖い」メガネ屋の事情もあります・・・・。

カメラの寿命

商品撮影などに利用しているニコンカメラの調子が悪い。

エラーメッセージが出たり、まったく動かなくなったりします。

 

Dsc00401

バッテリーを入れ替えて初期化すると、また動きますが、どうもヨレヨレです。

平成22年購入カメラですから、これは寿命のお知らせなのでしょう。

ソニーのデジカメも持っているのですが、どうも使い勝手が悪い・・・・。

どうやらメガネレンズを取り扱っている仕事柄、ニコンさんとの相性がいいようですね。

それで、ニコンカメラさんのHPを覗いてみると、

残念ながらこの手のコンパクトデジカメの新製品は出ていません。

もはや時代遅れのカメラになっています。

需要がないから(少ないから)作っても採算がとれないのでしょうね。

とりあえず、3年前の旧商品を購入する予定ですが、この商品が壊れると・・・・。

メガネ業界も昔ながらの商品が手に入り辛くなっています。

そういう商品を作れる職人も少なくなっています。

時代の流れで仕方ありませんが、ここは頑張って日本製品を応援していきます。

無難な度数は、問題を先送り・・・・。

メガネは物を見るための道具です。

メガネによって視機能を高めることも可能です。

基本的には最高の視機能が発揮できるメガネを調製していきます。

と、これが原則なのですが、原則は鉄則ではありません。

どこかで妥協せざるを得ないことは多々あります。

「見えすぎてダメ」というのもその一つです。

そこそこの乱視があるのに、乱視矯正ができていないメガネを掛けると網膜にはピンボケな像が映ります。

その状態は「正しい信号が脳に送られていない」ことになります。

脳は一生懸命に補正しようとしてくれますが、そうすると脳はストレスが溜まってきます。

そのストレスが首肩コリ症状を引き起こしたり、視機能異常に繋がることもあります。

ですから、乱視は適切に矯正はしたほうがいいです。

しかし、問題点は「乱視矯正は空間視の違和感を感じやすい」ことがあります。

違和感の感じ方は乱視の方向などで違ってきますし、個人差も大きいです。

「見えすぎてダメ」の訴えは、網膜にキレイな像が映ることによる違和感です。

脳がその状態を「異常」と感じてしまう現象です。

そういうこともメガネを掛けることにより、脳が正しい認識をしてくれるようになるのですが、その時間的要素を受け入れてくれるかどうか・・・・・。

説明力が求められますね。

絶対に唯一正しいものはないのですが、

マトモな検査もしないで、安易に「無難な度数でいきましょう」は正しくありません。

問題を先送りするだけです。

それは、交通事故などにも繋がります。

近視度数の調製

近視度数は、体の成長(学童期)と共に進行する傾向にあります。

成長期が終わる25歳ぐらいに、その進行は終わり、40歳ぐらいまでは「安定期」と言われています。

40歳を過ぎてからは、調節力などの衰えが顕著になってきます。

「メガネを掛けたままでは近くがみえづらい」現象は、老眼と思ってください。

「近くが見えるから老眼ではない」は、近視のかたにはあてはまりません。

また、老化による目の変化は、「近視が弱くなる」こともあります。

私もそうです・・・・・。

その場合、近視度数を弱める調製により、快適な視生活を送ってもらうことが可能です。

しかし、問題点もあります。

弱めた近視度数では、「夕方や夜間の車の運転で遠方がみえづらい」と訴えられることがあります。

それは、昼間と夜とでは瞳孔の大きさの変化があり、微妙に近視よりに度数が変化するからです。

その対処方法は、昼と夜とではメガネを使い分けることです。

しかし、「そんな面倒なことはできない・・・」と拒否されることもあります。

夜間運転用に「ディグリーフリップ」をつける方法もありますが、重たくなる欠点もあります。

だけど車の運転をされるかたは「安全運転」を優先していただきたいです。

また、長期間「目よりも強い近視度数」を掛けられていたかたの近視度数を弱めた場合、

「このメガネは楽なだけど、なんだか遠方のスッキリ差がものたらない・・・」と言われることがあります。

「すべての面でよくなることはありません」と苦しい言い訳をしますが、実際その通りですから仕方ありません。

やなせたかしさん 生誕100年

「アンパンマン」の生みの親、やなせたかしさんの生誕から今日で100年。

の記事が高知新聞に載っていました。

やなせさんの高知への貢献度は龍馬さんと1、2位を争うのではないでしょうか。

なので、「高知龍馬空港」の愛称があるように、高知の顔である高知駅を「高知やなせ駅」にしたらどうだろうか。

だって、私の子供も孫も「アンパンマン」の大ファンですから。

でもやなせさんには「偉人といっしょにしたらいかん!」と指摘されそうですが、

「ま、だけどそれで高知が盛り上がれば、それもいいかも・・・」と考えてくれるかも知れません。

生前、やなせさんはいつもサングラスを掛けていました。

オシャレや照れ隠しが目的だったのかも知れませんが、漫画家も目が大事ですから、有害な光線除けの為に掛けていたとも考えられます。

やなせさんがいろんな病気に罹っても94歳まで仕事ができたのは「サングラス&メガネ」という相棒がいたこともあるでしょう。

もし、相性がいいサングラスがなければアンパンマンは生まれなかったかも・・・・。

厚みのあるセル枠

眼鏡職人のセル枠 

厚みのあるセルフレームの入荷です。

存在感のあるイメージにしたければ、このフレームです。

Dscn21141


Dscn21151


Dscn21181

目的は健康?

「期限迫る」迫力のある大文字が目に飛び込んできたハガキ。

な、なんなんだこれは、新手の詐欺ハガキか!

「最大1万円程度の特定検診が受診券を利用すると、無料で受けられます」と書いてある。

ウーン、怪しい。無料にろくなことはない。

「平成31年3月31日まで」と期限も微妙。

無料商法によくあるやり方だ。

 

Dscn21381

これは警察に知らせないと・・・・。

 

でもよく見ると「ほけん福祉課」からきたハガキでした。

なーんだ、脅かさないでよ。

それならそうと、もっと穏やかに書いていただきたい。

でも、これは普通に書いても埒が明かないので、苦肉の策なんでしょうか?

目的は「穏やかに健康な毎日を過ごす」ことだと思いますが、ドッキリするこのハガキ、健康には悪い気がします。

健診にはデメリットもあるので、「希望するかたのみの受診」でいいと思うのですが、いかがなものでしょうか・・・・・。

クラシカルなフレームが値上げ・・・・

常日頃、家族で愛用している「クラシカルなフレーム」。

1月にまとめて仕入れました。

理由は・・・・・2月から値上がりするからです。

Dscn21071


Dscn21091


Dscn21101

1月までに仕入れた分は、今のところ旧価格のままで販売しています。(値引きも入ります)

メーカーもやりくりが大変ですから値上げはやむを得ないとは思いますが、小さな小売店では大幅な値上げは厳しいですね・・・・。

ま、それでも頑張って日本製品を応援していきます。

リドル 跳ね上げメガネ

RIDOL(リドル) 跳ね上げメガネの入荷です。

跳ね上げメガネはいろいろのかたに、色んな使い方ができます。

①近視のかたで、手元はメガネを外して見たいかた。


②近視系のかたで、、遠近両用メガネを外して、手元を広く見たいとき。


③正視、遠視系のかたで、歩くのにメガネを外すほうが楽なかた。


④遠くの度数と近くの度数を二枚入れて、視野の広い遠近両用メガネにしたいかた。


⑤斜位を矯正するプリズムレンズを、遠用と手元用で別々にいれたいかた。


⑥サングラスと兼用で使いたいかた。

など、用途はさまざまです。

Dscn21051


Dscn21061

いの町 にこ淵

これが「仁淀ブルー」だ!

1548983927946


1548983968588
こんな神秘的な場所が「にこ淵」。

マイナスイオンの出方も半端じゃない、身体も心も癒されます。

太陽の光が注ぐ時間帯により、幻想的な光景が見られるそうです。

本日、訪ねたときは生憎の小雨。

太陽の恵みはなかったのですが、霧のベールに包まれて、山そのものが幻想的な雰囲気でした。

それと、他の見学のかたはいなかったので、貸切でマイナスイオンを味わえたことはラッキーでした。

1548983983010
にこ渕へは、当店から車で40分ぐらいで行けます。

仁淀川を眺めながらのドライブは快適です。

交通量も信号も少ないので、イライラすることはありません。

おそらく紅葉の時期に行ったら、最高の場所でしょう。「にこ渕」は。

でも、その時期は混雑するかも・・・・。

リーゴの入荷

Reego(リーゴ) 入荷しました。

大人の女性へ向けた、ナチュラルで上質カジュアルなブランド”Reego”。

「エクセレンスチタン」を使用したクッションパーツが、こめかみを圧迫することのない、心地良いフィット感を実現しました。

そして日本人女性の顔に合わせた、優しいデザインと肌に馴染むナチュラルカラーが、素顔の印象を引き立てます。

Dscn20871

Dscn20881

聴覚に障害のあるかたとのコミュニケーション

聴覚障害者のかたには、

「聴覚障害者とのコミュニケーション支援アプリ『SpeechCanvas』」を使っています。

Dscn21301

このアプリは音声を認識し、話した内容が文字に変換されます。

次々に流れるように変換されるので、コミュニケーションがスムーズにできます。

音声認識された文字が間違っていても、シンプルな操作で、すぐに修正できます。

と、便利な点は多々あります。

しかし、まだ上手につかいこなせていません。

私の発音と喋り方、喋る速度などに問題があるのでしょうか、間違って認識されることが多いです。

まだアプリの使い方に慣れてもいないので、修正もスムーズにできません。

結局、筆談での説明になったりしています。

助聴器を頼りにすることもあります。

 

Dscn21291

もっと使い方を練習すればいいのですが、滅多に使うことがないアプリなので、いざとなると中々上手に使えません。

先日もそれで困りました・・・・。

この時は、助聴器の調子も悪くて、動かなかったです。

ま、なんとか意思の疎通はできましたけど冷や汗ものでした。

立て込んでいたらパニックになっていたでしょう。

今後はこういうことがないように、どんなかたがこられても大丈夫なように、いつも準備をしておかなければいけないと思います。

とりあえず、「SpeechCanvas」の練習をしていきます。

助聴器の点検もします。

-------------------------------------------------------

先ほど「タッチペン」を使うことによって、文字の修正がスムーズにできることを発見。

Dscn21311

タッチペンでの操作を習得していきます。

複視の不安

「一度壊れたものは、完全に元には戻らない」

平成16年にサイクリング中に交通事故に遭い、左足の脛骨、腓骨、関節、指を骨折した、私の感想です。

不自由な足にいら立つこともありますが、仕事には支障がないので、大きな問題にはなりません。

もし、「手」が不自由になっていたら、おそらく相当イライラがつのるでしょうね。

メガネ屋は主に手、口、脳、を使う仕事ですから・・・。

それで、「目」の話。

交通事故で目が不自由(複視)になれば、まず車の運転は困難です。

その苦しさは、精神状態をコントロールするのも大変なことでしょう。

苦しさを医師に訴えてみても「具合の悪いのは当たり前・・・」というなんともつれないアドバイス。

他の病院を受診してみても「こんなものです」と、あたりさわりのない無難な診断。

仕方ないですね・・・・。

医師に文句を言うこともできない。質問もし辛いので仕方がなく、眼位検査を積極的にやっているメガネ屋に相談・・・というパターンが少なくありません。

当店はそういうかたの受け皿になっています。

といっても、私達のできることは限られています。

やはり医師が言う通り無理なものは無理です。

でも、症状を和らげることは可能です。

メガネで屈折異常、眼位異常を矯正することができ、プリズムレンズで複視の解消が期待できるからです。

と、ブログを書いていたら「脳の手術をしました。近見で複視になります」とお電話がありました。

「複視は徐々に消えるだろうと言われましたが、不安です」と。

病院は不安をあおることもありますからね。(それも必要なことだとは思いますが・・・・)

その不安を和らげることは、おそらく可能でしょう。

やれるだけのことはやっていきます。もちろん完全に元には戻らない不安はありますが・・・・。

ウスカルフレーム「ディーグラム」

強度近視のレンズを薄く、軽くすることができる「ウスカルフレーム

「ディーグラム(Deegram)」の登場です。

Dscn21031

大小2つのサイズをご用意しました。

サイズは、鼻幅(レンズとレンズの間の幅)が4mm刻みで、小さいほう 36□26と大きいほう 36□30のラインナップ。

ディーグラムの特徴として、36mmという小さな横幅のレンズを使用した、特にレンズがうすくかるくなるレンズシェイプのフォルム。というのがまずひとつ。

レンズとレンズの中央の棒(ブリッジ)を、やや下部に設置することで、スタイリッシュにして柔和な印象に造形。

カジュアル感あふれるスタイルとして、調和のとれた形状となっています。

複視になったB様

交通事故に遭い、前頭葉に問題が発生したB様。

「遠くが複視になり、ナナメに見える」

病院では「斜めの斜視は治らない」と言われた。

とのことで、ご来店されました。

当店で検査をさせていただきますと、

裸眼視力は両眼共に「1.5」見えています。

カバーテストでは、やや「外斜位」の動きがあります。

眼球運動には、大きな問題はありません。

眼位検査では、上下斜位+外斜位がありました。

斜位量は、上下、水平共、大きな量ではありません。

斜めの斜視(回旋斜位)検査では、外眼筋の機能不全がやや検出されました。

で、どうするか・・・・です。

病院が言ったように、斜めの斜位(斜視)はメガネでは矯正が困難です。(基本的に)

でも、上下と水平斜位の矯正はできます。

遠方、5m、2、5m、近方と色んな眼位検査法でチェックしてみました。

すると、視線の持っていきかた+プリズムレンズで、「楽に感じられる」プリズム度数がありました。

B様とのお話合いの結果、そのプリズムレンズで、調製してみることになりました。

そもそもメガネレンズで、病気を治すことはできませんが、メガネによって快適な視生活をおくることは可能です。

今回、B様との共同作業でどこまで不自由な点が改善されるか・・・・。

B様次第の面はありますが、やれることはやっていきます。

«あずきのチカラ

最近のトラックバック