« パッド(鼻当て)のこと | トップページ | メガネのディスプレー »

輻輳力

輻輳力について

輻輳力とは、近くのモノを見るときに、近くに焦点が合うような視線に、眼の筋肉を内側(鼻側)によせる力のことです。

輻輳力は調節力(近くのモノに焦点が合うように眼のピントを整える力)と連動しています。
近くのモノは、輻輳力と調節力を上手に駆使して、見ているんですね。

しかし、調節力は40歳を過ぎるころから弱ってきます。いわゆる「老眼状態」になってきます。
そうなりますと、パソコン作業や読書に眼が疲れやすくなります。また、焦点が合いづらくなったりもします。
これでは、デスクワークには支障がでてきます。

そこで、メガネの登場です。
メガネで弱ってきた調節力を補っていきます。このメガネがいわゆる「老眼鏡」になります。
老眼鏡で、調節力を補えば近くのモノが快適によく見えてメデタシメデタシ・・・・というふうに、実はいかない場合も少なくありません。
それは・・・もうお分かりですよね。

調節力を補っただけでは、片手落ちだからですね。
調節力と輻輳力は連動していますから、輻輳力のことも考慮に入れてメガネ作りをしないと、疲れやすいメガネになります。
だから、既製品の老眼鏡ではマトモなメガネにはなりえません。
メガネは「見えればいい」というものではありませんからね。

老眼鏡は輻輳力を考慮に入れてくれるメガネ店で作りましょう。

« パッド(鼻当て)のこと | トップページ | メガネのディスプレー »

メガネ検査の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« パッド(鼻当て)のこと | トップページ | メガネのディスプレー »

最近のトラックバック