« 仁淀川キャンドルアート | トップページ | 丸メガネ パンテオン入荷 »

検査道具

これは、「6面トワール」という眼を検査する道具です。139

←この道具、ハッキリ言ってもの凄く便利です。

140 ←このようなトワール2、3本ぐらいの役割を、「6面トワール」1本でほぼ出来きます。
だから、トワールを持ちかえる必要がないので、「両眼開放屈折検査」がスムーズにできるのです。

当店は深視力検査などで、検査項目が多くなるかたが少なくありませんので、少しでも検査は丁寧にかつ素早くやりたのです。
そんな時、「6面トワール」は大活躍です。このトワールは絶対に手放すことはできません。
両眼開放屈折検査のミソでもある「両眼調節バランス」(右眼と左眼のモノを見るための眼の中の力をそろえること)にも、なくてはならない検査道具です。

6面トワールは大阪の優秀な眼鏡士が考案したものです。

« 仁淀川キャンドルアート | トップページ | 丸メガネ パンテオン入荷 »

メガネ検査の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 仁淀川キャンドルアート | トップページ | 丸メガネ パンテオン入荷 »

最近のトラックバック