« レンズの厚み | トップページ | 携帯メガネ »

べっ甲眼鏡

べっ甲・18K眼鏡です。114

べっ甲の材料は海亀の甲羅、なかでもタイマイという熱帯、亜熱帯の海に生息する海亀の甲羅が使われています。

べっ甲眼鏡はHANDMADE(手造り)で、眼鏡職人が長年の修業と勘を駆使して美しい作品に仕上げます。
日本のべっ甲眼鏡の職人技術は、ヨーロッパなどの追随を許していません。

その日本の職人技の真髄であるべっ甲眼鏡なのですが、材料であるタイマイの輸入がワシントン条約により禁止されています。
だから、今後べっ甲眼鏡は減ることはあっても、増えることはないでしょう。
現在あるべっ甲眼鏡はより貴重なものになるでしょうね。

べっ甲は「一生もの」と言われていて、何度も繰り返し修理して、艶出しすることができます。
修理をする職人がいるかぎりは・・・・・。
だから、現在いる職人さんは貴重なんです。

« レンズの厚み | トップページ | 携帯メガネ »

メガネフレームの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« レンズの厚み | トップページ | 携帯メガネ »

最近のトラックバック