« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

ウスカル枠カタログ

当店HPに「ウスカル枠カタログ」ページを作りました。Usu71201911

ウスカルフレームは、こだわりを持って現在250本以上揃えることができました。強度近視のかた、いつでも当店にご来店ください。

強度近視のかたは、コンタクトレンズを使用しているかたも多いのですが、コンタクトレンズは眼にとっては、やはり異物ですから長期間の使用で角膜内皮細胞の数がかなり減るかたもいるのです。
細胞の数がある程度以上少なくなると、将来白内障の手術を受けられなくなります。

だから、コンタクトレンズは恐ろしい面(デメリット)もあるのです。

眼(角膜)にとっては、メガネのほうが絶対安全ですから、強度近視のかたもメガネ派になることで、角膜の老化を遅らせることができます。

眼にいいウスカルフレームは、強度近視のかたに最適なフレームです。

眼科指定メガネ店

眼鏡処方箋を発行した眼科から、当店は時々指定してもらえることがあります。
「ここの店は眼鏡技術がしっかりしていて、良心的だ」ということで。
非常にありがたいですね。指定してくれた眼科に感謝して、私は精一杯キッチリと調製する気持ちになります。

だから、眼科がメガネ屋を指定するのもけっして悪いことばかりではありません。技術のよいメガネ屋を指定するのは、眼鏡ユーザーの利に適います。
「どこでも、好きなメガネ屋で作ってください」と患者さんの自己責任に任すのも悪くはないのですが、メガネ店によって技術力の大きな差があるのだから、それもイマイチなのです。(技術力に差があることを知らない眼科も多いのですが・・・・)

眼科が、より高いサービスを患者さんにするのであれば、メガネ屋の情報を知っておくというのは大事です。
今は、ネットで簡単に技術情報や商品情報が手にはいりますから、それぐらいのことはしてもらいたいですね。できれば・・・。
当店は「お子様用メガネ」などにも力を入れていますからね・・・。

でも、残念ながら眼科が技術の良い店を調べて、患者さんにアドバイスをすることは少ないです。
それどころか、逆指定をされるときがあります。(こっちの方が多い)
「あそこの店は無料補償をしないからいくな!」と。ウグググ・・・何をか言わんやです。

こちらもご覧ください→「無料補償のメガネ店へいくように、強くすすめる眼科について

眼鏡処方箋のオカシナ話

Aさんは頭が痛くなって、病院へ診てもらいにいきました。
そして医師からは「お薬をだしておきます」ということで、処方箋をかいてもらうことになりました。

Aさんは懇意な近所の薬局で、処方箋にかかれている薬を調合してもらおうと思っていたら、看護師さんから指定の薬局にいくようにアドバイスされました。
「指定の薬局なら、半年以内に症状が変化して薬を変えないといけないことがあったら、無料で変えてくれますよ」と。

Aさんは「へー、それはありがたい。親切な薬局もあるもんだ」と思い、それならば指定の薬局で調合してもらおうと考えました。が、しかし冷静になって考えるとなんだか腑に落ちません。

「これって、医療機関と特定の薬局が結びついた癒着じゃないの」

結局、Aさんは予定通り近所の薬局で、Aさんの体の状態をよく知っている懇意の薬剤師に適切なアドバイスをしてもらって、薬を調合してもらいました・・・・。

と、これは薬の処方箋で、こんなことはおそらくありえないだろう、仮の話です。
そりゃー、そうです。体の症状が変わるのはよくあることだし、それにより薬も変更していくのが当たり前です。それを無料云々で特定の業者にいくように仕向けるのはオカシナ話です。

でも、不思議なことに眼鏡処方箋には、こんなことが堂々とまかり通っています。
これって、本当にオカシナ話です。

システム、制度が悪ければ、人間必ず腐敗します。

当店は専用駐車場があります。

スポンサーは、コンビニです。162

高知のコンビニは、ほとんどのところが広い駐車場があり、車が駐車しやすく、かつ道路への出入りがやりやすいところが多いように思います。

車社会の高知では駐車場のあるなし、駐車場への車の停めやすさなどが商売に大きく影響します。特に最寄り品を販売しているコンビニはその影響は大でしょうね。

当店は買回り品を販売していますが、専用駐車場をご用意しています
道路への出入りもスムーズにでき、駐車が苦手なかたでも、まず問題ありません。
ただ、申し訳ないのですが、駐車場から店舗まで徒歩40秒かかります。

「歩くのはイヤだ」ってかたは、店の横の道路は広いですから停車可能です。

詳しくはこちらをご覧ください→「メガネのハマヤ地図

また、当店は伊野駅やバス停に近く(徒歩5分)、電停は目の前にあるという好立地にありますから、車がなくても大丈夫です。

超弾性フレームが破損

超弾性フレームの欠点の話をしていたら、タイミングよく、超弾性フレームを踏みつけてしまったお客さんが来店されました。

踏みつけてしまった、超弾性フレームはどうなっていたかといいますと、
こんなに、なっていました。Photo

右テンプル(腕)はもげてしまい、左テンプル部分は大きく捻じれていました。悲惨な状況です。

この超弾性フレームは、ブリッジとテンプルが超弾性のタイプですが、破損して捻じれた部分はフロントとテンプルのつなぎ目部分で、超弾性がきいていないところです。
この超弾性フレームはそこのところに、ダメージを受けて破損しました。

今回は、超弾性部分は大丈夫だったけど、超弾性でない部分が破損しているケースです。
このケースもよくあることですから、「超弾性フレームを過信してはいけない」ということなのです。

超弾性フレームの欠点

超弾性フレームには、忘れられない苦い想い出があります。

それは、超弾性フレームが出始めたころの話です。(およそ15年前)

画期的な商品」ということで、当店も超弾性フレームを仕入れたのです。
それで、学生さんに「この商品は曲がっても元に戻りますし、ネジレに強いです」とメーカーの謳い文句そのままで販売したのです。

ところが販売後に、いとも簡単に使用中にメガネが壊れてしまったのです。
実は、これが超弾性の大きな欠点だったのです。
「曲がっても元には戻るけど、弾性部分のリム切れがおきやすいし、弾性になってない部分は曲がったまま」だという。

でも、頑強な眼鏡だと思って仕入れたフレームですから、私はよほど強い衝撃をあたえたのだと思い込んでしまって、壊れた原因をお客さんのせいにしてしまったのです・・・。

もちろん、お客さんはそんな店には二度と足を運んでくれません。トホホホ大反省です。
全面的に当方の落ち度ですからね。

ここから得た教訓は
・新しいモノを販売するときは慎重に。
・メーカーの謳い文句を鵜呑みにしない。
・お客さんの話をよくお聞きして、適切に対処する。

超弾性フレームについては、こちらをご覧ください→「超弾性フレームの落とし穴

現在、超弾性フレームにもいろんなタイプがあります。
①テンプルのみ超弾性で、フィッティング調整がキチンとできるもの。
②テンプルのみ超弾性で、フィッティング調整がマトモにできないもの。
③テンプルとブリッジが超弾性で、フィッティング調整がキチンとできるもの。
④テンプルとブリッジが超弾性で、フィッティング調整がマトモにできないもの。

超弾性フレームをお求めになる場合
超弾性フレームにもメリットはありますが、メリットよりもデメリットが上回るフレームもあります。「こんなに曲げても大丈夫」という超弾性フレームには要注意です。

教訓
テレビ宣伝や、チラシ広告は鵜呑みにしないほうがいいです。

超弾性フレームは・・・・

NHK朝の番組で、メガネを取り上げていました。

その放送の中で、超弾性フレームを「このフレームは、ご覧のとおり曲がっても元の形に戻りますから安心です」と紹介していました。

この放送を見ていた視聴者は「超弾性フレームは、なんと素晴らしいフレームだ」と思われたかたも多いのではないでしょうか。

でも、メリットがあればデメリットもあると思わないといけませんよね。
このテレビ番組では、一切デメリットについては触れていませんでした。
放送時間も限られていますから、踏み込んだ内容まで伝えきれない、ということもあるのでしょう。

では、超弾性のデメリットとは
①フレームそのものがフニャフニャしていて、お顔に合わせてマトモにフィッティングできないフレームがあります。

②超弾性フレームの中には、弾性部分が切れやすいフレームがあります。

つまり、超弾性フレームの中には、掛け心地が悪くて、ズリ落ちてきやすくなり、何回か曲げると、ある日突然フレームが真っ二つにわかれてしまうこともあります。

こういうデメリットもあることを詳しく調べてからテレビでは放送してほしいけど、ま、テレビとは所詮こんなもので、視聴者もテレビで放送していることを鵜のみにするのではなく、疑問の目で見ることも大事ですね。

いの町の特色のあるメガネ店

当店がメガネ屋を営んでいる「いの町」は高知市の隣町です。高知市へは車で30分もあればいけます。
いの町にはJRや路面電車、バスも走っていますから、高知市へ行くには便利な地域です。
だけど便利がゆえに、いの町の消費者は高知市へ流れやすいです。
だからその点、いの町の商店は厳しい環境におかれている面もあります。
もちろん、商売が厳しいのはこのご時勢ですから、それだけではありませんが・・・。

なんとか、いの町の商店街が元気になってもらいたものです・・・。

ではこの厳しいご時勢に、どうやって当店は取り組んでいるかといいますと、それは「特色」になります。
店の特色を出さないで、小手先のことや、中途半端なこと、簡単にできること、をやっていても結果は見えています。
だって、そんなことは、どこのメガネ店でもできることだし、簡単にできることは大手量販店の最も得意とするところになります。

大手量販店ができないことを、きめ細かくできることが小さな商店の強みでもありますから、その強みを活かして、熱心に仕事をすれば道は拓けてくるものです。(多分)

でも、当然「特色をだす」のは困難なこともあります。簡単にできるものではありませんね。
熱心に勉強に励まないといけないし、仕入れも増やさないといけませんから、リスクも大きくなります。
ま、マイナス点をいえばきりがなくなるのですが、マイナス点ばかり言う人も多いですね。その気持ちも十分わかるのですが・・・・。

それで、当店は将来のことも考えて、「特色作り」に頑張っています。詳しくは「こちら

ティアドロップ型メガネ

ハードボイルドの雰囲気が漂うティアドロップ型。114
大きすぎないサイジングは「普段使い」のアィウエアまたはサングラスとして提案できるハイセンスなフレームです。

品質がよい国産品フレームです。

小顔のかた用サングラス

ご年配向きの小さめサングラス、在庫しています。161

このサングラスは、当店でサングラスレンズとメガネフレームを組み合わせて仕上げています。
普通の矯正用のフレームを使用していますので、度付きに変更することもできます。

サングラスレンズは、紫外線カットになっています。
レンズ素材は品質のよいプラスチックレンズ素材「CR39」を使用しています。

小顔のかたで、白内障の予防や、白内障術後のかたにお勧めのサングラスです。

スポーツサングラスはサイズも大事

スポーツサングラスにも「サイズ」があります。

お顔に合ったサイズのスポーツサングラスをお求めください。
特に、度付きスポーツサングラスにしたい場合は、サイズは大事です。

当店のスポーツサングラスは3サイズあります。160
BASIC TYPE」・「COMPACT TYPE」・「ACTION TYPE
もちろん、すべて度付き対応できます。

度付きスポーツサングラスは、コンタクトレンズよりも眼(角膜)にはやさしいし、風の巻き込みも少なくなるし、しかもカッコイイです。

野球、テニス、サイクリング、釣り、スキー、ジョギング、ゴルフなどのスポーツに最適です。

詳しくはこちらにどうぞ→「度付きスポーツサングラス

オシャレなお子様用セル枠入荷しました。

オシャレな「お子様用セル枠」入荷しました。

Capli(カプリ)112

Matera(マテーラ)113

Palermo(パレルモ)115

この商品は「子供メガネ研究会」オリジナル商品です。
四国では、おそらく当店だけの販売になります。

かわいい、オシャレな子供用セル枠は当店で
詳しくはこちらをご覧ください→「子供用セル枠

カラフルなウエリントンフレーム

カラフルなウエリントンフレームが入荷しました。
詳しくはこちらに→「ウエリントンフレーム

デザインといい、カラーといい、とってもイイです。109 111

メガネらしい、メガネ。
ウエリントンデザインフレームを、あなたのメガネコレクションの1本に、ぜひどうぞ。110110

うれしいメガネを作ります。

当店は「超うれしいメガネ研究会」 会員店です。

超うれしいメガネ研究会会員店は


①掛けているメガネで、ものがよく見えてうれしい

②掛けているメガネが、周りの人から感じよく見られてうれしい

③掛け心地がソフトで、軽くて、しかもしっかりかかっていてうれしい

この3拍子そろったメガネのご提供を念願として、検眼技術の向上、メガネ作製技術の向上、フィッティング技術の向上のために、日々研鑽、練磨しています。

詳しくは「こちら」にどうぞ。

四国高知で、超うれしくなるメガネを作るのは、眼鏡士歴30年以上の浜田 清です。
もちろん、ただ経験が長ければいいってもんでもありません。
いかに、過ごしているか、いかに経験を活かすか・・・ですね。

度付きスポーツサングラス

私がサイクリングや、釣り、スキーなどに使用している度付きスポーツサングラスです。159

■度付きスポーツサングラスの基本は、まず度数を適切に合わすことです。

スポーツ用に適切な度数」でないと、遠近感覚や見え方などが悪くなり、スポーツに必要なパフォーマンスが発揮できなくなります。

スポーツ用に適切な度数は、普段に掛けているメガネ度数とは違う場合も少なくありません。
それは、普段にご使用のメガネは室内でも使用できるように、弱めに合わしている場合も多いからです。
ですから、室内ではその度数で適切であっても、屋外でやるスポーツには適していないこともあります。

また、普段にご使用のメガネとスポーツサングラスで、頂間距離(レンズ後面と角膜までの距離)が違った場合、同じ度数(普段ご使用のメガネと)では具合が悪いことも考えられます。
それは、頂間距離が変わると、度数も変わるからです。
度数が強度になればなるほど頂間距離の影響が強くでてきます。

普段ご使用のメガネと同じ度数で作る場合も、度数を違えて作る場合も、頂間距離や度数により違和感がでることもありますので、装用テストなどで必ずご確認ください。

くわしくはこちらをご覧ください→「度付きスポーツサングラス

電車の警笛

158 最近いの町にやってきた新顔の電車らしい。
1週間前ぐらいからチョコチョコやってくるようになりました。

電車は普段はのどかに走っているけど、時々けたたましい警笛を鳴らします。
当店は道路の横に店があって、店の直ぐ前(約2m)を電車が走ります。
その横の道路から、一時停止をしない(しないそぶり)で、表の道路へ出ようとする車が時々います。
当然、電車がきていたら電車と衝突します。
だから、電車の運転手さんはブワ~とけたたましい警笛を鳴らします。
車のほうが電車に注意しないといけないので、車が悪いのは悪いのですが

車の運転者さんの中には、けたたましいサイレンのような警笛におののく人もいます。
心臓の弱い人は大丈夫かな・・・と思えるほどです。
私も、当店にきているお客さんも何度おののいたことか・・・。
大音量にまわりの人から車の運転者さんが冷ややかな目で見られることもあります。

たしかに警告を発するには有効な警笛だが、やさしい電車には威圧的な警笛は似合いません。

でも、最近は大音量の警笛を鳴らすのは少なくなってきています。庶民に好かれる電車になるためにはいい傾向だと思います。

高知の路面電車は道路を車と共有して走っているので、車と仲良く共存していかないといけませんからね

警告の警笛はあってもいいと思うのだけど、注意や、挨拶の警笛も必要だね。

山の中の家

高知をサイクリング中、山の中でこんな民家を発見しました。Ca340182

昔は由緒ある家だったのではないでしょうか。
ちょっと変わった造りですね。
昔の庄屋さんか、それとも偉いさんの別荘だったかも。

サイクリングは景色を楽しむのはもちろんですが、いろんな家を見るのも楽しいのです。

家は和風もあり、洋風もあり、中華風やエジプト風・・・はあまりないか。
いろんな人の日常を勝手に想像して、のんびりと自転車を走らせます。

花が咲き誇っている庭に感激したり、空き家が増えている田舎の現実に嘆いたり。

「お百姓さん、稲刈りご苦労さん」と日本の米に感謝しつつ、事故米騒動に憤慨して、思考をめぐらせながら、のんびりとペダルをこぎます。

フィッティングの重要性

メガネはお顔に合わせての調整(フィッティング)が重要です。

だから、本当の眼鏡士ならフィッティング技術に腕を磨きます。
しかし、眼鏡店にはフィッティングを疎かにする店も少なくありませんし、はなからフィッティングを放棄している通販メガネ店もあります。

正確なメガネを作りたければ、フィッティング技術に優れている店へいくことです。

もう一度言います。フィティングは、メガネにはなくてはならないものです。
詳しくはこちらに→「フィッティングについて

私はフィッティングは時間をかけて、愛情を込めて丁寧にします。
だから、フィッティングを「他店お買い上げメガネの調整は無料」などと宣伝して、商法の一環として、消費者を誘導するようなことはありません。

だけど、フィッティングの大切さがわかっていないユーザーのかたも少なくありません。
そりゃーそうです。大手量販メガネ店はじめ「無料、無料」って宣伝しているメガネ店が多いですから、フィッティングに価値が感じられなくなるのも無理はありません。

「無料でするのが当たり前」という風潮がありますから、当店は時々非難されます。
「えー、おまえんとこは金を取るのか!なんとサービスの悪いメガネ屋だ」って。
こんなとき、たいていはフィッティングの説明をしても、聞く耳を持ってくれません。

私はその日1日気分が憂鬱になります。

商売に徹するのであれば、「無料で調整して、見返りを期待する」というやり方に、したほうがいいのでしょうが、私は商人の前に眼鏡士でもあり、それはできません。
プロの重要な技術を無料でするなんて・・・・。と思うわけです。

ちょっと、今日はグチも入っているのですが、「価値にはそれなりの代価も必要」ってことを少しでも多くのかたに、わかっていただきたいですね。

寝転んで掛けられるメガネ

・片手の掛け外しOK。
・寝転んで、メガネを掛けても大丈夫。
・メガネを掛けて、ヘルメットもかぶりやすい。
・軽くて、丈夫。

そんなメガネのご紹介です。

新発想メガネフレーム「フィッティー Fi5091111
Fi2090811 当店が取り扱っています。

詳しくは「こちら

まぶたが下がる眼瞼下垂に

まぶたが下がってくる眼瞼下垂でお困りのかたは、一度当店にご相談ください。

メガネで矯正する方法」があります。
詳しくはこちらをご覧ください→「まぶたが下がる眼瞼下垂

Kasui194911 ←まぶたを上げるメガネです。

Kasui11950111 ←左眼を上げています。

眼鏡士 浜田 清がキッチリと調整いたします。

佐川町をサイクリング

秋晴れの一日、佐川町をサイクリングしてきました。

Ca340175牧野富太郎先生の生誕地です。司牡丹酒造のすぐ近くにあります。
牧野先生は、もちろん有名な偉い植物博士なんですけど、逸話も多いかたです。借金のこととか、女性のこととか・・・・。そんな先生が私は好きですね。

Ca340176 その横に、昔の町内の見取り図がありました。これ説明がとってもユニークです。笑えます。

Ca340178 司牡丹の竹村家社長宅です(おそらく)。貴重な文化財です。

Ca340179 斗賀野から尾川に抜ける道に、ケイトウ街道がありました。

Ca340180不動ヶ岩屋洞窟遺跡を眺めて

Ca340181_2 仁淀川沿いを走って、最高のロケーション満喫しつつ、楽しい一日が終わりました。

仁淀川吟醸、純米

今日はこの酒、「仁淀川吟醸」」と「仁淀川純米」。107

秋はやっぱり、日本酒ですねー。
ま、最近は年中そういっているけどね。

やはり、日本人は日本酒を飲まないとね。
ま、だけど好みの問題だね。

仁淀川を愛する私にとって、仁淀川沿いをサイクリングして、仁淀川を飲むのは至福のひとときなんですね。
高知に生まれてよかったー。

大きいメガネ(バルモス)

大きいメガネ「Balmos(バルモス)」157

頑強性がうりの、重厚感あふれるパワフルな大型頑強フレームです。

当店の「大きいメガネ」では、1、2番の人気商品です。
メガネサイズは56□1958□19とあります。
カラーは
・ダークブラウン
・ブラッシュシルバー
・グレーブルー  と3色です。156

このフレームが人気なのは、スタイルがいいのはもちろんですが、このサイズに適したPD(瞳孔間距離)のかたが、四国県内には多いようですね。

おかげさまで、高知県はじめ愛媛県、徳島県、香川県のみなさまに大きいメガネをご愛用いただいています。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

最近のトラックバック