« 山の中の家 | トップページ | 度付きスポーツサングラス »

電車の警笛

158 最近いの町にやってきた新顔の電車らしい。
1週間前ぐらいからチョコチョコやってくるようになりました。

電車は普段はのどかに走っているけど、時々けたたましい警笛を鳴らします。
当店は道路の横に店があって、店の直ぐ前(約2m)を電車が走ります。
その横の道路から、一時停止をしない(しないそぶり)で、表の道路へ出ようとする車が時々います。
当然、電車がきていたら電車と衝突します。
だから、電車の運転手さんはブワ~とけたたましい警笛を鳴らします。
車のほうが電車に注意しないといけないので、車が悪いのは悪いのですが

車の運転者さんの中には、けたたましいサイレンのような警笛におののく人もいます。
心臓の弱い人は大丈夫かな・・・と思えるほどです。
私も、当店にきているお客さんも何度おののいたことか・・・。
大音量にまわりの人から車の運転者さんが冷ややかな目で見られることもあります。

たしかに警告を発するには有効な警笛だが、やさしい電車には威圧的な警笛は似合いません。

でも、最近は大音量の警笛を鳴らすのは少なくなってきています。庶民に好かれる電車になるためにはいい傾向だと思います。

高知の路面電車は道路を車と共有して走っているので、車と仲良く共存していかないといけませんからね

警告の警笛はあってもいいと思うのだけど、注意や、挨拶の警笛も必要だね。

« 山の中の家 | トップページ | 度付きスポーツサングラス »

電車の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 山の中の家 | トップページ | 度付きスポーツサングラス »

最近のトラックバック