« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年ももう少し・・・

2008年もあと2日、早いですね~。歳がいくと月日の流れはあっというまに過ぎていく感じがします。
今年もいろんなかたに出会えて充実した1年でした。
当店のメガネで満足されたかた、そうでなかったかた、高知、愛媛、徳島、香川、四国のみなさん今年1年ありがとうございました。

2009年もメガネのハマヤは、みなさまのニーズやウォンツにお応えできるように、浜田 清と久美を愛していただけるように頑張ります。

2009年の年始は

元日は女房の里へいき、皿鉢料理を堪能してきます。
2日は帰省中の息子と海鮮料理を堪能してきます。
3日は体調が良ければ、サイクリングを堪能してきます。
4日は新たな出会いを堪能する予定です。

ということで、当店は年始は元日、2日、3日とお休みをいただいて、4日(日)より営業します。

今年の丸メガネの締めくくり

今年、最後になる丸メガネが入荷しました。147 148

2008年は丸メガネの仕入れに頑張った年でした。
来年も丸メガネの品揃えを充実していきます。

ということで、来年早々オリジナルで一山丸メガネが入荷します。
たのしみにしておいてください。

「来年はモウーっと仕入れる丸メガネ」ウッシッシ

シンビジウム

今年もやってきましたシンビジウム193
毎年、この時期に佐川町から当店にやってきます。

花の名前は「ビュアフラワー 恋の予感」です。
いいネーミングですね~。

なぜ、なぜ、あなたはきれいになりたいの?
その目を誰もが見つめてくれないの?
夜は気ままに躍らせるだけ
恋の予感がただかけぬけるだけ。

って、歌いたくなります。

私は来年は誰と恋しようかなー ナイナイ

今年は31日午後12時まで営業します。よろしくお願いいたします。

中岡慎太郎と坂本龍馬

中岡 慎太郎と坂本 龍馬、高知が生んだ偉人で、二人とも土佐人気質の「いごっそう」です。

もし、二人がメガネ屋だったとすると・・・・・

龍馬のおおらかな性格は商売には適していて、店は繁盛するでしょうね。龍馬は人心掌握術にも長けているから、多店舗化して日本一のメガネ屋になるかもしれません。いや、龍馬なら世界一のメガネ屋をつくりあげるかもしれません。

慎太郎はといえば、慎太郎の粘着型の固い性格は商売にはどうかな・・・・・。地道にじっくり玄人受けするようなメガネ店にはなるでしょうけど、支店を出すようなことはしないでしょう。
慎太郎は人に任せるというより、なんでも自分でやらないと気がすまない性格のようだし、大勢の人間を上手に使うのは苦手ではないだろうか。
派手な宣伝なんかも嫌いそうだから、そんなこともしないだろう。

だから、慎太郎の店は「中岡慎太郎のメガネ店」として、地域に根ざしたメガネ屋になり、四国地域に貢献していくだろう。

おそらく、このように対照的なメガネ屋になるとおもうけど、言えるのは、いごっそうの二人とも眼科と癒着関係になることは絶対にないだろう。

今風のメガネフレーム

このフレームは完全に今風です。192

当店は今風でもフィッティングしやすいフレームを積極的に仕入れます。
ということは、今風でもフィッティングに難のあるフレームの仕入れは消極的です。
だから、フニャフニャしている超弾性フレームは、ほとんど仕入れません。
バネ丁番もキライです。
ただ、有名なだけのブランドフレームもキライです。
訳の分からないブランドフレームもキライです。
中国製もキライです。

こんなフレームも仕入れました。191 メガネバランスが良く、フィッティングしやすいフレームで190_3 す。
もちろん日本製で、しっかりした造りになっています。
30歳代~50歳代ぐらいのかたで、落ち着いたフレームがご希望のかたにお勧めです。

大きいサイズの一山メガネ

メガネサイズが「50□23」の一山メガネが入荷しました。187_2 188_2

お顔の大きいかたや、PD(瞳孔間距離)が広いめのかたにお勧めです。
カラーは
①マットブラック
②アンティークゴールド
③アンティークブラウン 
の3色あります。入荷したのは、①、③です。

テンプル(腕)にも特徴がありまして、テンプルの内側と外側の模様を変化させ、今風の一山メガネになっています。

こちらの型の一山も入荷しています189

  

メガネサイズ選びは大事

メガネには「48□23」、「50□22」などのサイズ表記があります。

最初の数字が玉型サイズ(レンズ片方の横幅)で、次の数字が鼻幅サイズ(右レンズと左レンズの間隔の幅)になります。
メガネサイズは、玉型+鼻幅サイズになります。
「48□23」のメガネサイズは48ミリ+23ミリ=61ミリ です。

メガネサイズとPD(瞳孔間距離)の適合性は、メガネ選びには大事になります。

たとえば、70ミリサイズのメガネをPDが70ミリよりもかなり広いかたがかけると、目がすごく外側(耳側)に寄って見えますし、外側の視野も狭くなります。 Hisaiz111

これではよくありませんね。

詳しくはこちらをご覧ください→「メガネサイズについて

手塗り仕上げのボストンフレーム

手塗り仕上げボストンフレーム」入荷しました。181 183_2 184

手塗りだけに、キレイなカラー模様に仕上がっています。
腕の彫刻はレトロな雰囲気を醸しだしています。

ちょっといいボストンを掛けてみませんか・・・。

186 オーバル型も入荷しています。

大きいサイズのメガネ

「大きいサイズのメガネ」入荷しました。182

サイズは58□17、60□17の2サイズあります。
天地幅(縦幅)は35ミリ以上ありますから、天地の視野を必要とする遠近両用メガネ、中近両用メガネ、近近両用メガネを入れてもまったく問題ありません。
大きめのお顔のかたで、「今風の天地の浅いメガネはイヤ、かといって昔風のやぼったいメガネもイヤだ」
というかたに、おすすめのメガネです。

キズに強いコーティング

プラスチックレンズはガラスレンズに比較して、キズがつきやすいです。

その欠点を補うためのコーティングを各レンズメーカーが続々と出してきました。
当店取り扱いのレンズメーカーも「史上最強のレンズコーティング誕生」と謳っているレンズを出しました。

このコーティングは
撥水性能があり、汚れがふき取りやすく
耐擦傷性能があり、キズがつきにくく
帯電防止性能があり、ホコリがつきにくい

とのことです。

プラスチックレンズをホコリの多い場所で使用するかたや、荒っぽく使用するかたにはメリットはあると思います。
でも、このコーティングを過信しないほうがいいと思います。
やはり、日頃の取り扱い次第でレンズの寿命がきまります。

不同視のかたのメガネ

不同視

左右で屈折度数(遠視、近視の度数)が大きく異なっているものを不同視といいます。
不同視のかたの問題点は
・遠近感覚が悪い。
・眼精疲労がおきやすい。
・眼位ズレ(斜位)がおきやすい。
・集中力がなくなりやすい。
などがあります。
遠近感覚が悪くなると、球技などのスポーツが苦手になり、眼精疲労があると勉強するのがイヤになります。

だから、不同視のかたは出来るだけ左右眼でバランスがとれるメガネを掛けることが望ましいのです。
でも、不同視のかたのメガネ作りは難しい場合も少なくありません。

それは「プリズム誤差」という問題点がでてくるからです。

実は、私は典型的な不同視なのですが、この「プリズム誤差」のため、メガネを掛けるのに苦労した経験を持っています。

今は、ほとんど支障なく遠近両用メガネを掛けていますが、その経験を生かして不同視のかたに適切なアドバイスをしています。

不同視のかたのメガネ作りは、不同視の私にお任せください。

詳しくはこちらをご覧ください→「不同視のかたのメガネを上手に作る知恵

「1プライス価格」方法

薄型レンズや遠近両用レンズなど数種類の中からレンズを選ぶことができて、「1プライス価格」という販売方法があります。
某大型チェーン店がこの販売方法をやってヒットしたものだから、他のチェーン店も追随しています。

なんだかね~、節操がないというかなんというか。同じやり方をやってもダメだと思うけど、やはり大型チェーン店は目先の売上が大事なんですね・・・・。
「同じような形態のメガネ店がそんなにあってどうすんの」と言いたくなります。

小さなメガネ店もこの販売方法をマネするところもでてきてたりしています。
「ホントにモウー、あじゃかしい」と私は思うのですが、ま、それぞれの店主の考え方ですから、私がとやかく言うことではありませんが・・・。

でも、この販売方法はメガネ店もユーザーも横着になる方法だと思います。
メガネ店は枠の仕入れ、検査、加工、調整となんにしても、どこかで仕事が大雑把になり、利益本位の仕組みを考えるようになります。
ユーザーも適切なメガネを選ぶ目がなくなります。

「いや、ウチは横着になることはありません」って言っても、システムが悪ければ、人間は必ずそうなります。

だから、当店はこの販売方法はやりません。
地道に、じっくりと丁寧にメガネの説明をして、メガネごとの価格差の説明をして販売する方法でやっています。

忙しい一日

昨日は愛媛県からのお客さんもお越しいただいたりして、とっても忙しい一日でした。

店が忙しい日は、お待たせすることもあり、申し訳なく思うのですが、昨日はみなさん上手にご来店をいただき、ほぼ、お待たせすることなく、順調良くメガネ調製ができました。

メガネは「検査」、「枠選び」、「フィティング調整」、「説明」と調製するのに、お時間をいただかないとできませんので、たてこんでしまうとお待たせすることになります。
お待たせすることは、できれば避けたいのですが、当店は予約制ではないので、どうしても同じ時間帯に集中するときがあります。

長時間お待たせすると、お叱りを受けることもあるのですが、丁寧にじっくりメガネ調製をするのが当店の特長ですから、ご理解をいただきたいです。

眼は脳の出先

脳と眼は深い関係にあります。実際にモノを見ているのは「眼」ですけど、モノを感じているのは「脳」なのです。
脳にトラブルがおきれば、眼位ズレが発生し、モノが時々二重に見えたりすることがあります。
眼位ズレとは両眼の視線が上手く合わせられない眼の筋肉のズレのことで、通常「斜位」と呼んでいます。

昨日、来店されたお客さんも脳の病気をされて、それから斜位になっていました。
やはり「モノが時々二重に見えて、とっても不快で具合が悪い」とおっしゃっていました。
それで、当店で特別の器具を使用して、斜位の検査をしました。

斜位の検査はどうしても時間がかかります。
それは、眼の筋肉の状態を測定することになりますから、もともと不安定な要素があり、意識や体調、測定条件などにより検査データが左右されるからです。
そのために、検査方法を変えたり、休憩をはさんだりと、工夫して検査していくことになりますから、結果、検査に1時間~2時間ぐらいかかるときがあります。

お客さんも根気がいるのですが、私もいります。

眼が疲れるかたや、焦点が合いづらいかた、モノが時々二重に見えるかたは、お時間にゆとりを持ってご来店くださいね。

斜位についてはこちらもご覧ください→「眼が疲れるかたのメガネを上手に合わす知恵

眼は脳の出先で、脳が正常に働くように両目の連動を整えていくのがメガネの役目ということなのです。

ウスカル枠の品揃えは四国で一番?

当店ウスカル枠のラインナップに「シンメトリー」が加わり、よりいっそうウスカル枠の品揃えが充実してきました。179
    ウスカル枠とは「こちら
もちろん、これでも完璧というわけではありませんが、ウスカル枠の品揃えは四国では一番です。
「ほんまに一番か・・・・」って声も聞こえそうですけど、大丈夫です。
だって、ウスカル枠そのものを置いている店が少ないし、ウスカル会オリジナル枠の販売は四国では当店だけですからね。

近視度が強くて困っているかたは、ぜひ当店にお越しください。
強度近視のかたの測定方法、フィッティング方法、加工方法に熟知している眼鏡士 浜田 清がキッチリと調製していきます。

ウスカル枠は、遠視の強いかたや、プリズム入りメガネにも好都合です。
お顔の幅とPD(瞳孔距離)に適切なウスカル枠をお選びください。
あ、、もちろんお顔にお似合いのウスカル枠でね。

濃度が薄い偏光クリップオンサングラス

濃度が薄い「偏光クリップオンサングラス」です。177 178

早朝、夕方、雪、雨、霧、曇天の時におすすめの偏光レンズです。
夜間の対向車のヘッドライトの眩しさよけにもいいです。

偏光クリップオンサングラスは簡単に取り外すことができますし、簡単に跳ね上げることができます。
だから、とっても便利なんです。
それにオーダーメイドで作りますから、デザインもバッチリです。
ほぼ、どのメガネにも取り付け可能です。

ただ、本格的な偏光レンズがご希望のかたは「CBX」の偏光レンズをおすすめします。

ウスカルフレーム「シンメトリー」登場

ThinMetry シンメトリー144
                                                                  設計者:岡本隆博

強度近視の中でも特に強度の近視のかたのためにできた、
ウスカルフレームの中のウスカルフレーム、それが「シンメトリー」です。

シンメトリ-の玉型サイズは、極限のウスカルサイズで、なんと36mm!
これにより、-10Dを超える相当強度の近視のかたにも、スッキリとした印象の、レンズの厚みが目立たないメガネをご提供できるようになったのです。

ただ、とことん薄いレンズのメガネにするには、単に36mmという極限の小さな玉型サイズにするだけではいけません。
玉型サイズが小さくなればなるほど、装用者のPD(瞳孔間距離)とフレームのフレームPD(右レンズの中心と左レンズの中心との間隔)の適合性が重要となります。それが不適合であれば、外見的にもおかしいし、装用者におけるフレーム視野が左右で不揃いとなり、具合が悪くなるわけです。

ですので、シンメトリーにおきましては、玉型は36mmのみとして鼻幅を8種類設け、

フレームPDを、58mmから72mmまで8種類用意しました。

36□22 36□24 36□26 36□28 
36□30 36□32 36□34 36□36

これにより、PDが56m~72mm(日本人の9割以上を占めます)の人に適合する「極限のウスカルメガネ」をご提供できるのです。

なお、シンメトリーの調整においては、左右のPDに差がある人の場合にでも、左右のフレーム視野をうまく重ね合わせるような「パッドの片寄せ」を実施します。

シンメトリーのカラーは、それぞれのサイズにつき、2種類あります。

FPD58 FPD60  ライトブラウンとピンク
FPD62 FPD64  ライトブラウンとエンジ
FPD66以上         ライトブラウンとトランクブラウン

伊予三島線

昨日は、伊予三島線を旧鏡村から旧吾北村までサイクリングしてきました。Ca340190

このコースは車も少ないし、道路の勾配もそんなに強くないので、サイクリCa340191 ングには適しています。

ただ、コースの途中の民家に大きい犬がいます。
鎖にはつないであるので襲われることはないとは思いますが、そこの家の前を通るたびに激しく吼えられ、威嚇されます。
鎖がきれたらどうしよう・・・・と、恐怖感もあります。
ま、彼らは防犯のために、使命を持って吼えているのだろうが、私はもう何度もこのコースを走っているので、いい加減「怪しい人間ではない」ということをわかっていただきたい。

深視力のトレーニング

深視力が出にくいかたのために、当店は視機能を高めるトレーニングのアドバイスをしています。

「ブロックストリング法」も視機能トレーニングの一つです。Burokku1032311

ブロックストリング法はご家庭でも簡単に実施できて、費用も僅かですみますし、なおかつ視機能を高めるには有効なトレーニングです。

ただ、トレーニングというものは闇雲にやればいいというものでもありません。「やり方のコツ」や、「眼の状態に適したやり方」があります。

深視力の場合は、遠近感覚など高度の視機能を要求されるために、眼の屈折状態(遠視、近視、乱視)や眼位状態(眼の筋肉の状態)などをキッチリと把握して、その上で、深視力が向上するように、適切なトレーニングを実施しないといけないのです。

詳しくは当店にご来店ください。

メガネで主張

チタン「抜き枠」で、個性的なフレームです。176

抜き枠はチタンフレームのフロント部とブリッジ部が一体型(溶接されていない)になっていますから、堅牢であり、独特のデザインになります。

フレームカラーは、パステルカラーを採用しており、パステルでもPOPな模様色を施して、よりいっそう個性が引き立っています。

メガネで主張しなくっちゃね

偏光レンズについて

 偏光レンズとは

偏光レンズは特殊なフィルターをレンズの素材で挟み込んだレンズです。
挟み込む素材によりガラスレンズとプラスティックレンズに分けられます。

偏光レンズのすぐれた点は、四方八方に振動しながら進む光を偏光レンズのフィルター(偏光板)によって一方向に整理する事で、まぶしさやギラツキやにじみを抑える事ができる点です。

たとえば、偏光サングラスは魚釣りによく使われます。
釣りの種類によっては(いわゆる見釣りであるルアーフィッシングやテンカラ釣り、など)水の中まで見たい場合があります。
しかし、普通のレンズでは水面の波によって光は乱反射して水の中まで見通せません。
そんな時、偏光サングラスを使い縦の方向の光だけ眼に届くようにしてやると、水中の様子を見ることができるようになるわけです。

偏光サングラスの用途としては魚釣り、ドライブ、ゴルフ、などが代表ですが、パソコンを見るときのOAグラスとしても、また一般的なサングラスとしても使えます。

偏光レンズの注意点

水分に注意
偏光レンズの間に挟みこまれている偏光フィルムは、水分に弱い性質を持っています。長時間、水中に放置したり極端に湿度の高い場所での使用は偏光膜に水分が浸入し、変色や剥離の原因になります。
レンズに水分がついた場合や水場での使用の後は、よく乾燥させてから保管してください。

車のフトントガラスについて
フロントガラスに強化ガラスが使用されている車(日本車の場合1987年以前の型)は、偏光サングラスを使用すると、強化ガラスの歪が見える場合があり、運転には不適合です。
*現在は、条例によりフロントガラスには、合わせガラスが使用されているために支障はありません。

液晶製品について
液晶を使ったメーター、カーナビの画面などが、偏光サングラスによって見えなくなることがあります。
偏光サングラスを使用して、これらの製品をお使いになりたい場合には、その点が大丈夫かおたしかめいただくことをおすすめします。

こちらにもどうぞ→「偏光サングラス情報

サイクリング用メガネ

私がサイクリングに使用しているメガネです。043

メガネサイズは41□23です。私のPD(瞳孔間距離)は62ミリですから、丁度いいサイズです。
天地幅(縦幅)は、34.5ミリありますから、視野的にも問題ありません。
高知は、落石注意の道路が多いですから、上部の視野は大事ですからね。
ま、落石に注意するとしても・・・スポーツ自転車は前傾姿勢で乗りますから、メガネの天地幅は30ミリ以上は確保したいところです。

やはり、視野が狭くなるのは危険をともないます。

私は、このメガネに偏光前掛け跳ね上げサングラス「クリップオン偏光サングラス」を装着して自転車に乗っています。044
045 こちらの「クリップオン偏光サングラス」の跳ね上げはスムーズで、跳ね上げバネの「カチッ、カチッ」という感覚はとっても気持ちがいいですよ。

やはり、跳ね上げ機能がよくないと危険をともないます。

レンズは、遠近両用レンズを入れています。だって、遠近じゃないと私の年齢では地図が見えづらいですから。もちろん、携帯電話も遠近じゃないとサッパリ見えません。

やはり、遠近年代のかたは、遠近両用レンズを入れないと道に迷って、危険をともないます。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

最近のトラックバック