« 「1プライス価格」方法 | トップページ | キズに強いコーティング »

不同視のかたのメガネ

不同視

左右で屈折度数(遠視、近視の度数)が大きく異なっているものを不同視といいます。
不同視のかたの問題点は
・遠近感覚が悪い。
・眼精疲労がおきやすい。
・眼位ズレ(斜位)がおきやすい。
・集中力がなくなりやすい。
などがあります。
遠近感覚が悪くなると、球技などのスポーツが苦手になり、眼精疲労があると勉強するのがイヤになります。

だから、不同視のかたは出来るだけ左右眼でバランスがとれるメガネを掛けることが望ましいのです。
でも、不同視のかたのメガネ作りは難しい場合も少なくありません。

それは「プリズム誤差」という問題点がでてくるからです。

実は、私は典型的な不同視なのですが、この「プリズム誤差」のため、メガネを掛けるのに苦労した経験を持っています。

今は、ほとんど支障なく遠近両用メガネを掛けていますが、その経験を生かして不同視のかたに適切なアドバイスをしています。

不同視のかたのメガネ作りは、不同視の私にお任せください。

詳しくはこちらをご覧ください→「不同視のかたのメガネを上手に作る知恵

« 「1プライス価格」方法 | トップページ | キズに強いコーティング »

メガネの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「1プライス価格」方法 | トップページ | キズに強いコーティング »

最近のトラックバック