« 今風のメガネフレーム | トップページ | シンビジウム »

中岡慎太郎と坂本龍馬

中岡 慎太郎と坂本 龍馬、高知が生んだ偉人で、二人とも土佐人気質の「いごっそう」です。

もし、二人がメガネ屋だったとすると・・・・・

龍馬のおおらかな性格は商売には適していて、店は繁盛するでしょうね。龍馬は人心掌握術にも長けているから、多店舗化して日本一のメガネ屋になるかもしれません。いや、龍馬なら世界一のメガネ屋をつくりあげるかもしれません。

慎太郎はといえば、慎太郎の粘着型の固い性格は商売にはどうかな・・・・・。地道にじっくり玄人受けするようなメガネ店にはなるでしょうけど、支店を出すようなことはしないでしょう。
慎太郎は人に任せるというより、なんでも自分でやらないと気がすまない性格のようだし、大勢の人間を上手に使うのは苦手ではないだろうか。
派手な宣伝なんかも嫌いそうだから、そんなこともしないだろう。

だから、慎太郎の店は「中岡慎太郎のメガネ店」として、地域に根ざしたメガネ屋になり、四国地域に貢献していくだろう。

おそらく、このように対照的なメガネ屋になるとおもうけど、言えるのは、いごっそうの二人とも眼科と癒着関係になることは絶対にないだろう。

« 今風のメガネフレーム | トップページ | シンビジウム »

メガネの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今風のメガネフレーム | トップページ | シンビジウム »

最近のトラックバック