« 忙しい一日 | トップページ | 不同視のかたのメガネ »

「1プライス価格」方法

薄型レンズや遠近両用レンズなど数種類の中からレンズを選ぶことができて、「1プライス価格」という販売方法があります。
某大型チェーン店がこの販売方法をやってヒットしたものだから、他のチェーン店も追随しています。

なんだかね~、節操がないというかなんというか。同じやり方をやってもダメだと思うけど、やはり大型チェーン店は目先の売上が大事なんですね・・・・。
「同じような形態のメガネ店がそんなにあってどうすんの」と言いたくなります。

小さなメガネ店もこの販売方法をマネするところもでてきてたりしています。
「ホントにモウー、あじゃかしい」と私は思うのですが、ま、それぞれの店主の考え方ですから、私がとやかく言うことではありませんが・・・。

でも、この販売方法はメガネ店もユーザーも横着になる方法だと思います。
メガネ店は枠の仕入れ、検査、加工、調整となんにしても、どこかで仕事が大雑把になり、利益本位の仕組みを考えるようになります。
ユーザーも適切なメガネを選ぶ目がなくなります。

「いや、ウチは横着になることはありません」って言っても、システムが悪ければ、人間は必ずそうなります。

だから、当店はこの販売方法はやりません。
地道に、じっくりと丁寧にメガネの説明をして、メガネごとの価格差の説明をして販売する方法でやっています。

« 忙しい一日 | トップページ | 不同視のかたのメガネ »

メガネの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 忙しい一日 | トップページ | 不同視のかたのメガネ »

最近のトラックバック