« ウスカル枠の品揃えは四国で一番? | トップページ | 忙しい一日 »

眼は脳の出先

脳と眼は深い関係にあります。実際にモノを見ているのは「眼」ですけど、モノを感じているのは「脳」なのです。
脳にトラブルがおきれば、眼位ズレが発生し、モノが時々二重に見えたりすることがあります。
眼位ズレとは両眼の視線が上手く合わせられない眼の筋肉のズレのことで、通常「斜位」と呼んでいます。

昨日、来店されたお客さんも脳の病気をされて、それから斜位になっていました。
やはり「モノが時々二重に見えて、とっても不快で具合が悪い」とおっしゃっていました。
それで、当店で特別の器具を使用して、斜位の検査をしました。

斜位の検査はどうしても時間がかかります。
それは、眼の筋肉の状態を測定することになりますから、もともと不安定な要素があり、意識や体調、測定条件などにより検査データが左右されるからです。
そのために、検査方法を変えたり、休憩をはさんだりと、工夫して検査していくことになりますから、結果、検査に1時間~2時間ぐらいかかるときがあります。

お客さんも根気がいるのですが、私もいります。

眼が疲れるかたや、焦点が合いづらいかた、モノが時々二重に見えるかたは、お時間にゆとりを持ってご来店くださいね。

斜位についてはこちらもご覧ください→「眼が疲れるかたのメガネを上手に合わす知恵

眼は脳の出先で、脳が正常に働くように両目の連動を整えていくのがメガネの役目ということなのです。

« ウスカル枠の品揃えは四国で一番? | トップページ | 忙しい一日 »

メガネ検査の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウスカル枠の品揃えは四国で一番? | トップページ | 忙しい一日 »

最近のトラックバック