« メガネも着替えましょう | トップページ | 一山丸メガネ「KAICHI」登場 »

近見視力不良

遠くは見えるが、近くは見えにくい「近見視力不良」の子供がふえています。
近見視力は学習や日常生活を円滑に送るために重要です。

子供の近見視力不良について、学校や家庭でどんなハンディがあるのか、原因と発見のしかた、予防法、改善法などを解説した入門書です。

203 高橋ひとみ著
農文協・健康双書

子供の「眼」ってものすご~く大事です。眼は人生にも大いに影響しますから、親御さんはお子さんの眼について、大いに関心を払ってください。

眼がよく見えていない両眼の連動が悪い、などがあると、スポーツが苦手になりやすく、集中力がなくなり勉強がイヤになります。
そうならないように、お子さんの右眼と左眼の遠見視力、右眼と左眼の近見視力を定期的に検査してください。
簡単な視力標があれば、ご家庭で簡単にできます。ご紹介の本には「簡易近見視力標」が付いています。

私自身も子供時代不同視で苦しんでいますから、大いに訴えます。punch

« メガネも着替えましょう | トップページ | 一山丸メガネ「KAICHI」登場 »

子供用メガネの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« メガネも着替えましょう | トップページ | 一山丸メガネ「KAICHI」登場 »

最近のトラックバック