« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

お子様用メガネの在庫

当店は子供用メガネは200本前後在庫しています。298

オリジナル子供用セルフレーム、限定品子供用セルフレームも豊富に品揃えしています。
おそらく、四国でこれだけ子供用メガネを在庫している店は当店だけでは・・・・。

でも、まだまだこれでも少ないと思います。
だって、お子さんって幼児から小学生までお顔の大きさはすご~く違うし、みんなそれぞれ好みがありますからね。

だから、サイズと種類をたく~さん在庫していないといけないんです。

今日は、徳島と室戸のお客さんに子供用メガネをお買い上げいただいたので、在庫が2本減りました。
だから、4本新たに仕入れることにします。

1本売れたら2本、
3本売れたら6本、と仕入れていきます。
ただ、オリジナルや限定品はなかなか仕入れが難しいのです・・・。

当面の目標は250本の在庫です。

遠近両用メガネのデメリット

遠近両用メガネは視野が狭くなるなどの欠点もあります。

だけど上手に使いこなしてもらえれば、とっても快適で便利な道具です。

上手につかいこなすには、「欠点を受け入れて、長所を認める」ということも必要です。

メリットとデメリットを天秤にかける作業ですね。

メリットを優先的に考えたほうがいいように私は思いますが、こればかりはなんとも言えません。人それぞれですからね・・・。

メリットでよしとするか、デメリットでダメとするか・・・。

悩むところですね。

ま、悩むのも脳にはいいんです。

高知からまたチェーン店が撤退します。

メガネチェーン店は撤退します

来月にもあるメガネチェーン店が高知から撤退します。

価格競争に疲弊したのでしょうか・・・・。

「最後のセール」をやっているけど、売り出す商品はアフターケアを必要とするメガネです。

店舗はなくなるわけですから、これって、完全に売ったら売りっぱなしになります。

ま、私の知っているかぎり、価格訴求の店はそんなもんといえばそんなもんです。

不安定な価格訴求の店でメガネは買わないほうがいいと思うけどね・・・。

ま、いろんな店があってもいいんだけどね。

はりまや橋

とさ~の高知のはりまや橋で坊さんカンザシ買うを見た。よさこい、よさこい

はりまや橋が映画になったと。ほんでそれを記念して酒にもなったと。
ほんでそれを記念してその酒をこうてみた。297

げに、うまかった。

やっぱり土佐の酒はうまいのー。

おんちゃんも一杯やりや。

けんど飲みすぎたらいかんぜよ。

飲みすぎんように土佐の酒をみんなー飲みや。

浜田 清の知恵

浜田 清は知恵を持っています。

・50年以上生きてきた知恵
・眼鏡学校で学んだ知恵
・メガネ店、3店舗で修業した知恵
・眼鏡技術研究会で学んだ知恵

などです。
知恵がつくのはいいことだと思うけど、知恵がつけばつくほど悩みも増えてくる・・・。

悩まない知恵はないものか・・・・。

あきらめるってことかな・・・・。

浜田 清の知恵は『こちら』に。

冷静になってメガネ店選び

冷静になって考えれば分かることだけど、見た目で判断してしまう・・・。
人間という生き物の性ですかねー。
ま、それが人間のいいところなのかも知れませんが・・・・。

どのレンズの種類をつかっても、均一価格」ってのも、冷静になって考えてください。

そのような売り方をする、なんらかの仕掛けがあります。

たとえば、
・旧設計のレンズを使用している。
・フレームは安価な中国製を使用している。
・お客さんの方が、レンズに合わしてもらう。
・メガネ調製がおおざっぱになる。
・利益のとれる商品のみをすすめる。
など、など。

今一度、冷静になって考えてください。

もし、それでも均一価格メガネを購入したい場合は、レンズ名を指定しましょう。
たとえば、遠近両用メガネならば「HOYAの最新レンズ、トリニティーでお願いします」ってね。
「そのレンズは使用できません」って言われたら
「それでは、HOYAのラックスIDでお願いします」って言いましょう。
「それもダメ」って言われたら
「では、HOYAラックスFDでお願いできますか・・・」って言いましょう。
「それもちょっと・・・・」って言われたら

今一度、冷静になって店をあとにしましょう・・・・。

ボストンフレームは楽しい

今日、入荷のボストンフレーム225_2

上下幅が36.5mmあります。メガネサイズは44□21です。PD(瞳孔間距離)が60mm~65mmのかたに適合するサイズです。

昔ながらのボストンフレームを楽しんじゃいましょう。

メガネ職人の逸品

296

メガネ職人の逸品、入荷しました。

シンプルの究極を目指した、ワンピースモデル。 シンプル、耐久性、装着感のバランスを高次元で実現させることを目標とし、これをクリアする為の答えとして、 眼鏡フレームをパーツごとに分けて製造組立を行う従来の製造方法を取らず、全く新しい工法を検討した結果、 メタルパーツを全て単体の材料から造り出すワンピース構造フレームを製作しました。 素材はβ型チタンのコイル材を使用し、スェージング、プレス、曲げ、ナイロール加工はもとより、 それ以上に職人の手による手間のかかった作業の末、製品化されています。溶接による素材の強度低下の不安が無い為、 そのデザインは極限まで細く軽量でしなやかに仕上がり、基本設計であるテーパーテンプルの採用により、重量バランスに優れたフレームに仕上がっています。

パソコン用メガネで楽にパソコンを

パソコン作業って疲れますよね。首や肩がこってくるし、もちろん眼も疲れます。

そりゃー、ちらつきなどがある発光体の画面を見ての作業になるので疲れるのは当たり前です。
調節力や輻湊力などの視機能にも大きな影響を及ぼします。

だから、パソコンはしないほうがいい・・・・・。

だけど、パソコンなしでは仕事にならないし、今や生活に影響もでてくる・・・・。

そんなときは、「パソコン用メガネ」を作っちゃいましょう。

当店のお作りするパソコン用メガネは視機能を考慮に入れて作ります。

パソコン用のフィルターレンズもありますが、フィルターレンズは実際にお試しいただける見本がありますから、フィルターをつけて楽に感じるかたはつけてください。
あまり、効果がないようでしたらつける必要はありません。

肝心なのはフィルターよりも、いかにパソコンを使用する距離に上手にメガネを調製するかです。

老眼のある人が近く見る場合はもちろんのこと、若い人でも、近くを長時間連続的に見るというのは、眼に対して多少の無理を強いていることになるのですが、その無理を極力排除して、適正な眼の調節状態で近くを見る作業をすればよいのです。

ですが、そのためには、適切な度数のメガネが必要となるのです。そのメガネの度数を、0.25D(メガネレンズの度数の最小の刻み)単位でピタリと測定できる特殊な視力表装置を、当店は使っています。224

メガネの仕上がりは日数がかかる

メガネはご注文を受けて、その日に仕上がる場合もあるし、メーカーから取り寄せで2、3日かかる場合もあります。
メーカー在庫範囲外は別作注文になりまして、1週間ぐらいかかります。

遠近両用レンズやカラー加工はほぼ別作になります。

当店が在庫しているレンズは普通屈折素材のプラスチックレンズと高屈折素材のプラスチックレンズです。
この素材のプラスチックレンズは、ある程度の度数は在庫していますが、それでも度数に限りがあります。すべてのかたの度数を在庫するのは、もの凄い在庫になりますから、それは無理なのです。

だから「メガネの仕上がりは日数がかかる」と思っていたほうが無難です。
その日にできたらラッキーということで・・・・

295

その日にできない場合で、郵送ご希望のかたには宅配便で送ります。

ウスカルフレーム「Zapo」登場!

223_2

強度近視のかたの中でも、顔の幅の割には瞳孔間距離が長めのかたためにできたウスカルフレーム、それが「ザポ」です。

玉型は42ミリ、じゅうぶんな視界を確保しつつ、強度近視のレンズの厚みを抑えられます。
目と目の間の幅(PD)が66~70ミリくらいのかたに合うように、フレームPDを70(鼻幅28)ミリとした、スタイル性が随一のウスカルのメガネフレームとなっています。

詳しくは『こちら』にどうぞ

人生の晩年

漫画家のやなせたかしさんが高知新聞に連載中の「オイドル絵っせい」で、「欲を棄てる」と題したコラムを書かれています。

やなせさんは、「お金も名誉もほしい、女の子にモテたいと思っていた若い頃は貧しくて全くモテなかった。ところが晩年になり欲も得もなくなって、平凡に楽しく仕事ができれば、それが自分には身分相応とすっかりあきらめた頃からなぜか仕事の註文が多くなり収入も増え、おどろいたことに少しモテるようになった」
とのことです。

ホント人生てままならないですね。欲張れば欲張るほど、えてして欲しいものは逃げていくことも少なくありません。

で、私は晩年というにはちょっと早い歳だけど、

・派手な宣伝をして儲けようとは思わない。
・安い中国製品を仕入れて、「メガネセット、どうですか!」なんて、やりたくないことをやってまで儲けようとは思わない。
・「無料補償、無料調整、無料検眼でどうですか!」なんて、小賢しいやりかたをしてまで儲けようとは思わない。
・眼科と癒着関係になって儲けようとは絶対に思わない。

メガネの研究をまじめにやって、地道に儲けたい。と思っているわけです。
だけど、やはり人生てままならいもので、私の晩年はどうなりますことやら・・・・。

丸メガネ研究会が雑誌に

「眼鏡ビギン」という雑誌に丸メガネ研究会のことが載りました。294

頭が良さそうに見えるのは本当か?
丸メガネ知的伝説を追え!

ということで、丸メガネ研究会の総本山ともいうべき大阪梅田の「メガネのアイトピア」を取材した記事です。

で、丸メガネ研究会の四国の総本山といってほしい・・・のが当店です。

龍馬さんが嘆くぜよ。

無料補償のメガネ店へいくように強くすすめる眼科」は

調製メガネが

・補償しても利益がでるように細工をしている。
・不必要に高いメガネ。
・フィッティング調製がマズイ。(していない)
・メガネサイズが合っていない。
・加工精度が悪い。
・アフターケアが悪い。
・光学中心の設定が悪い。
・お顔との調和がとれていない。
・精度の悪いレンズ、フレーム。
・強い歪だらけのレンズ。

になったとしても眼科は一切補償しません。
とにかくメガネの内容などどうでもよく、「無料、無料・・・」と。念仏のように・・・。

マズイ処方度数であった場合も一切補償しません。
無料補償のメガネ屋に尻拭いをさせます。

これでいいわけないのですが、そんなことに加担しているメガネ屋が高知県にはやたらと多いのが現実です。

これって眼鏡士の魂を捨てて、眼科の下僕になるってことなんです。

龍馬さんが嘆くぜよ。

無料、無料と

お電話で「お宅は度数が変化したときの無料交換はしているのですか・・・」という問い合わせがありました。

眼科によっては、メガネの内容、価格、利便性など、どうでもよく、とにかく無料でレンズの交換をするメガネ屋へいくようにすすめるところがあります。

「無料でレンズを交換してくれるかどうか、必ずメガネ屋に問い合わせてからメガネを作りなさい」とアドバイスしています。

これがどれほどあほらいいことか!

どれほど、患者さんの損になることか!

でも、患者さんは弱い立場だから「医師の言うことは聞かなくては」と、そりゃー思います。

商売、商売で考えるメガネ屋は「はい、はいどんな事情でも無料で交換します。エヘヘヘ・・」と言って、交換しても損のないような仕組みを作っていきます。これは当たり前のことです。

で、問い合わせをいただいたかたは、当店ではメガネを作ってくれないわけです。
もちろん当店も損だし、おそらく無料であれば当店でメガネを作りたかったお客さんも損なわけです。

制度が悪ければ必ず腐敗します。

罪なことだと思います。

こちらもご覧ください→「無料補償のメガネ店へ行くように強くすすめる眼科について

ウスカルオリジナルセルフレーム

ウスカルセルフレーム入荷しました。

PD(瞳孔間距離)が64mm~68mmの方に適合するDuma(デュマ)です。

221 222

カラーは5色あります。このフレームも限定品になりますから、お買い求めはお早めに。

四国では当店だけの販売です。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

最近のトラックバック