« 新宮の森公園 | トップページ | ウスカルセルフレーム »

プラスチックレンズの方が傷に強い?

メガネレンズにはガラスレンズとプラスチックレンズがあります。

プラスチックレンズは一般にガラスレンズに比較して衝撃による傷には強いです。

例えば、レンズに堅いものが当たったときや、グラインダーや溶接のノロがレンズに飛んできた場合などは、ガラスでは傷になったり、レンズ面にノロがめり込んだりします。
プラスチックレンズの場合は、レンズ表面に弾力があるためにこれを弾き、かえってこの点ではガラスレンズよりも強いです。

しかし、プラスチックレンズにこれらの付着物がついたままで拭きとったりすると、その擦過のために傷になりやすいです。

だから、プラスチックレンズは一概に「ガラスレンズに比較して、傷には弱い」ということは言いきれません。

なんでも一長一短があります・・・はい。

« 新宮の森公園 | トップページ | ウスカルセルフレーム »

メガネレンズの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新宮の森公園 | トップページ | ウスカルセルフレーム »

最近のトラックバック