« ニッケルを含むメガネ | トップページ | 新宮の森公園 »

カラーレンズ

プラスチックレンズは、いろんなカラー染色が可能です。398

カラーをつけるのは目元のオシャレ目的の場合が多いのですが、それぞれのカラーには光線の吸収特性があります。
そういうことも考慮に入れてカラー選びをしてください。

浜田 久美がアドバイスをしていきます。

レンズカラーによる光線の吸収特性は

<グレー系>
可視光線を均一に吸収するため、見るものの色調を変化させないという特色があり、自然な色調を保つことができます。

<ブラウン系>
可視光線の短波長側(青、紫)をよく吸収するので、遠景のコントラストを強める効果があります。

<イエロー系>
短波長側で鋭い吸収特性を持ち、靄や拡散を防ぐフィルター効果があり、コントラストを高めます。

<グリーン系>
可視部において、短波長側と長波長側(赤系統)の光を吸収するので、色収差が減少します。

<ブルー系>
短波長側の光の透過率が大きく、長波長側の光を吸収します。白熱電球下での色順応を楽にすると言われています。

« ニッケルを含むメガネ | トップページ | 新宮の森公園 »

メガネレンズの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ニッケルを含むメガネ | トップページ | 新宮の森公園 »

最近のトラックバック