« 紙の町 いの町のひな祭り | トップページ | 日本を応援しよう! »

良心的なメガネ店とは

良心的なメガネ店とは

良心的な眼鏡技術者のメガネ店とは、技術者としての良心に忠実であり、ずるがしこくなく、物事を誠実にやり通すメガネ店になると思います。
しかし、眼鏡技術者としての良心に忠実であろうとすればするほど、誠実にやればやるほどお叱りを受けることも多いです。それは「良心」の受け取り方がみなさんさまざまだからです。
良心をうっとしいと思われるかたもおられますし、良心を受け入れてくれないかたもおられます。
もちろん眼鏡技術者の良心を良心として受けとっていただけないのは、私達の力不足になります。眼鏡技術者と商売人との間で難しい点もありますが、これからも浜田 清と久美で努力をしていきます。

では、下記のメガネ店は良心的なメガネ店でしょうか。
●割り引き率が多い店。
●他店購入のメガネもタダで調整してくれる店。
●早くメガネを作ってくれる店.。
●どのメガネを掛けても「お似合いです」と言ってくれる店。
●接客態度が良くて、上手にメガネをすすめてくれる店。

これらのことは、どちらかといえばメガネ企業として、商売本位に利益を出すためのやり方といえるのではないでしょうか。一見すると良心的に感じる店かもしれませんが、商売本位にやればやるほど、企業の質は落ちてきます。年中セールセールとやっているメガネ店は、消費者を甘くみているとしか思えません。

当店は、値引きはいたしますが、大々的に宣伝することはありません。他店様購入のメガネをタダで調整することもありません。メガネは時間をかけて検査して、時間をかけて調整をいたします。
お客様には合っていないバランスが悪いようなメガネには、悪いといいます。
接客態度は、良くなるように心がけていますが、時々、脱線することもあります。

ですから、、「〇〇引きはあたり前」、「他店購入メガネの調整もタダでやって当然」と思われているかたには、厳しい叱責をされることもあります。こんな時は、タダで調整して見かえりを期待したほうがどれだけ楽かと思うのですが、技術者の良心に従えばタダは受け入れがたいです。
「検査や調整に時間がかかりすぎる」とお叱りを受けることもたびたびありますが、キッチリ眼鏡調製をしようと思えばどうしても、手間ひまがかかります。

高知県の人はイラレの人が多いので、この点でいつもお客様とはぶつかり合いになるのですが、こちらも真剣勝負でお客様に接していきますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

また、高知県は、全国的にも眼鏡技術者の誇りも魂も捨てた、眼鏡商人が多い地域です。
「○○眼科指定メガネ店」とあったら、なぜ眼科が特定のメガネ店を「指定」するのかを良く考えてみてください。
眼科が技術が優れているメガネ店を紹介するのは、ユーザーにとって好ましいことですが、もっぱら利益供与的な関係で「指定店なら無料補償云々・・・」と、指定店に誘導しようとするところもあると聞いています。

無料補償をやっている店が、けっして良心的なメガネ店ではありません。

眼鏡商人としての良心に忠実な店なのか、眼鏡技術者としての良心に忠実な店なのかを見極めてメガネ店選びをしてください。

« 紙の町 いの町のひな祭り | トップページ | 日本を応援しよう! »

高知の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 紙の町 いの町のひな祭り | トップページ | 日本を応援しよう! »

最近のトラックバック