« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

平家の滝までサイクリング

3月25日 今日は平家の滝までのサイクリング。

雨上がりで滝の水量も多く、豪快に清水が流れ落ちていた。
マイナスイオンも多く発生していて、心が洗われた。

Ca340278

赤い橋と桜のコントラストがキレイだった。
赤とピンクで元気がでた。

Ca340277

やはりサイクリングは楽しいのだ。

9割は本当の病気ではない。

「9割の病気は自分で治せる」という本を購入しました。

526

病気には本当の病気と、そうでない病気があって、病院に訪れる人の実に9割が本当の病気ではない・・・・と書かれています。

本当の病気でないものは未病で、未病の状態は医者にかかる必要はなく、自分で治すものだ、と。
自分で治すには、自分の持っている自己免疫力を高めていくのが一番の方法である、と。

なるほど、なるほど、分かりやすくて読みやすい本でした。

では、近視は本当の病気か!
病院へいけば近視は治るのか!
本当の近視は、病院へいっても治りません。本当の病気ではないですからね。

だから、近視で病院へいく・・・というのは考えものです。
そもそも危険な場所でもある病院へいくことによって、本当の病気になる可能性もありますからね・・・・。

で、本当の近視は未病でもありません。未病でもないから、自己免疫力を高めても治るということはありません。
近視はメガネで正確に矯正すればいいのです。

コンタクトレンズでは、本当の病気になる恐れがあります。
近視手術も本当の病気になる可能性があります。

もちろん、メガネはメガネの光学的な欠点などもあるのですが、目の健康のためにはメガネのほうがいいです。

女性用セルフレーム

女性用セルフレームの入荷です。

347

テンプル(腕)の芯は、ベータチタン仕様になっていて、軽くて弾力性があります。

フレームカラーはエンジ系で、落ち着いた模様をあしらっています。
大人の女性におすすめのフレームです。

こちらは、逆ナイロールです。

346

より個性的な雰囲気を醸し出すことができます。

どちらのフレームも日本製です。

子供の眼

眼が見えるということは、外からの光が眼の中に入ってきて、光が角膜、水晶体で屈折され、網膜上に像を結びます。近くのモノを見るときは、水晶体の厚みを調節して網膜上に像を結びます。

網膜の光情報は、電気信号に変えられ、視神経を通じて脳の視覚中枢に情報を送ります。視覚中枢はこの情報をもとに像を認識します。

見ているのは眼だけど、感じているのは脳だということですね。

この経路のどこかに問題があれば、視力障害になります。

視神経細胞の発達は6歳前後で終了するので、もしそれまでになんらかの問題があり、脳に正常な情報がいかなかったら、どうなるか・・・・・。

神経細胞の発達時期を過ぎて、眼鏡装用によって網膜上に像を結ばせても、脳は認識しなくなります。

脳が認識しないということは、脳が正常に像を感じないということです。「モノがハッキリ見えない」ということです。
これは、「一生」のことになります。

だから、子供の眼は大人以上に大切です。

なるべく早い時期(6歳頃までに)視力不良を発見して、対策をしないといけません。

ボストンメガネ(コンビネーション)

チタンフレームとセルロイドが合体した、コンビネーションフレームが入荷しました。

343 344 345

当店では、人気のボストン型です。

なぜ、当店でボストン型が人気かといいますと、ボストン型の在庫を沢山揃えているし、なにより店主がボストン型がスキだからです。

今風のメガネもいいけど、伝統のあるボストンもいいですからね。
やはり、伝統は大事にしないとね。

当店の伝統もメガネのハマヤ三代目に引き継いでいきます。

お墓参り

明日は「彼岸入り」です。
で、明日はサイクリングを兼ねて、お墓参りに三か所行ってきます。

いの町加田→佐川町斗賀野→佐川町庄田のコースです。

ご先祖様を偲ぶことはいいことですからね。

明日は私の母親の里や、女房の里に行くのですが、実は、父方のお墓参りは月に一度行っているんです。

雨が降ろうが槍が降ろうが、第一木曜日に行きます。

墓前で静かに手を合わすと、心が落ち着いてきます。
「これからも見守ってください・・・」と手を合わしてきます。

内容が濃い会誌

日本眼鏡技術研究会の会誌80号が届きました。

524_2

80号も内容が豊富です。525
視覚機能のことやら、近視手術のことやら、斜位の測定方法のことやら、病院と薬剤師との関係のことやら・・・・・いろんな情報がギッシリと!

会誌から得た知識や知恵は、仕事に活かせることも多いので(当たり前や!そのための会誌や)日々の仕事の糧になります。

これだけ内容の濃い会誌を、年に3回も発行できる組織って、そうないでしょうね。
それだけ編集者の力量は凄いのですが、仕事の合間をぬって記事作りに協力しているメンバーの並々ならぬ努力もあります。

ま、私も微力ながら会誌作りに協力しています。

眼の健康には

近視手術は100%安心ということはありません。

近視手術の後遺症で悩んでいるかたも少なくありません。

眼科医師が手がけているから安心という保証はありません。

眼科医師の中にも営利に固執している人はいます。

眼の健康を考えるなら近視手術はしないほうがいいです。

「そもそも病院は危ないところ」という一面もあります。

健康な人間が病院へいくと病人になることもあります。

眼の健康のためには、近視手術の危険性を知っておいたほうがいいです。

近視手術後遺症対策研究会

ウスカルセルフレーム

近視度数の強いかたのための「ウスカルフレーム」に、セル枠の新製品が入荷しました。

Photo

リオタール」 メガネサイズ42□28 です。

PD(瞳孔間距離)が66mm~70mmのかたに適合するサイズです。

近視度数の強いかたは、PDとメガネサイズの適合性が大事ですから、

か な ら ずメガネサイズを考慮に入れて、メガネ選びをしてくださいね。

あ、それと頂間距離(レンズ後面と角膜との距離)が離れていると、光学的なデメリットが多くなります。
頂間距離のことも考慮に入れてメガネ選びをしてください。

無料商法

だいたいにおいて「無料で○○します・・・」というのは胡散臭いものが少なくありません。

・無料で目の検査
・無料でレンズ交換
・無料でフィティング調製
など。

四国でも無料商法はさかんにおこなわれています。
無料商法は「無料=得」ということが頭に刷り込まれている人が多いから、無料を餌に商品を売りつけようとすることですね。

1、あるメガネの訪問販売業者は、「目の検査を無料でしています・・・」と言葉巧みに車に乗せて、「度数が変化しています」とか「レンズにキズがあります。これでは乱視になります」とか言って、「新しいメガネが必要です!」と強く言います。

車中では、身動きがとれない状況ですから、業者のいうままに・・・・・。
より悪質な業者は、市役所など公的機関の職員のふりをして安心させる場合もあるようです。

2、あるメガネ屋は、眼科とタイアップして「○○眼科処方箋は、半年間レンズ無料補償」を謳い文句に、眼鏡ユーザーを招きいれようとしています。

病院では、患者は弱い立場におかれることが多いので、医師のいうままに・・・・。
病院に入り込んで暗躍している業者もいます。

3、あるメガネ店は、誘い文句に「無料調整」と前面に押し出していますが、フィッティング調整はメガネの根幹です。その調整技術を無料商法に使用するなんて・・・・。

背に腹はかえられない、という事情があるのかもしれませんが、眼鏡技術をないがしろにしてほしくはないですね。

無料と無料と・・・・無料が全面的にいいということはありません・・・・ナニか裏があり、仕組みがあります。
「無料はろんなもんでない」と頭に刷り込んでおいたほうが賢明かもね。

なお、当店は
・「無料で検査します」と言って、無理やりメガネを販売することはありません。
・「眼科処方箋での半年間無料交換」と言って、眼科と利益供与的な関係になることはありません。
・「他店メガネを無料で調整します」と言って、商売優先で眼鏡士の魂を捨てるようなことはしません。

日本眼鏡技術者協会

眼鏡技術者の団体に「社団法人 日本眼鏡技術者協会」という日本で一番大きな団体があります。

日本眼鏡技術者協会は、メガネを通販で販売しないように指導しています。
それは、メガネという特性上通販ではマトモなメガネはできないからです。

では、協会員のすべての店は通販はしていないかというと、そうではないんですね。
協会員でも技術を放棄して、通販に手を染めているものがいます。

平成20年10月に協会は「通販を続けると、認定眼鏡士の資格を取り消しますよ・・・・」と取り決めましたが、平成22年現在でも協会員の通販は絶滅していません。
これはどうしたことでしょう。
これでは、協会は本気で通販撲滅を目指しているとは思えません。

協会はなぜ通販眼鏡士を放置しているか。

そこには、強く言えない事情がある。

「個々の商売に関することだから・・・・」と協会は躊躇しているのだろう。

それなら、協会は彼らに「認定眼鏡商人」という立派な称号を与えればいいのだ。

あ、そうすると「社団法人 日本眼鏡技術者協会」でななく、「社団法人 日本眼鏡技術者&眼鏡商人協会」と名前を変えないといけくなる。
ややこしそう・・・・。

スポーツゴーグル

四国、高知で「スポーツメガネ」といえば、メガネのハマヤです!

剣道専用メガネも置いているし、サッカー、ドッジボール、野球、バスケットボール、などのスポーツに適したメガネも在庫しています。

より安全にスポーツを楽しむために、スポーツゴーグルも揃っています。

524

スポーツゴーグルは、カラーが3色。525 526 527

スポーツメガネには、スポーツの種類に適した度数を調製していきます。
度数調製が上手くないと、上質な遠近感覚が得られません。

なんだか、スポーツが苦手・・・・。というかたは当店にご相談ください。
苦手の原因が、「眼」ということもありますから。

詳しくは『こちら』と『こちら』にどうぞ。

スポーツ専用メガネ

スポーツをするために、アスリートの眼を守るスポーツ専用メガネ。
530

サイズもカラーも豊富に品揃えしています。

・スポーツに必要とされる上下左右の十分な視界をきちんと確保する「ベーシックタイプ」。

・ベーシックタイプより形状をひとまわりサイズダウン。女性や顔の小さい人に、より優れたフィッティングを実現した「コンパクトサイズ」。

日本製です。

詳しくは『こちら』にどうぞ。

当店は日本の製品を応援しています。
当店在庫のメガネフレームもほとんど(98%)が日本製です。

日本製品を応援することは、日本人を応援することになり、日本のアスリートを応援することになります。

オリンピックのときだけ日本選手を応援・・・・では日本選手は苦戦を強いられます。
日ごろから日本を応援してください。

雨・・・・

今日は、雨が降っています。

雨の降る日は、店はたいていは暇です。今日も暇・・・・。
(晴れている日も、そんなに忙しい店ではないが・・・・

で、たまっている雑用をします。

店の掃除をしたり、器械の点検をしたり、整理整頓をしたり、眼鏡に関する本を読んだり、
ブログを書いたり・・・・・。

暇でもやることは沢山あります。暇な日も大切な一日です。
今日一日に感謝して・・・。

この雨があがると当店にも本格的な春がやってくるでしょう。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

最近のトラックバック