« 活気のない商店街 | トップページ | プロ野球 »

度付き偏光レンズの基本は、適切な度数調製

この時期になると偏光レンズをお求めのお客さんが増えます。

度付き偏光レンズ作りの基本は、適切な度数調製になります。

度数調製が適切でないと、性能が良い偏光レンズを使用したとしても、具合の悪いメガネになります。

度付き偏光レンズは、使用目的に応じて細かい度数調製も必要になります。

詳しくはこちらにどうぞ→「偏光サングラス情報

だから、度付き偏光レンズは通販で購入するのはやめたほうがいいし、釣具やさんで具合のいい度付き偏光レンズを購入するのは至難です。

また、度付き偏光レンズのカラー選びは、実際にカラー見本で景色などを見て、具合の良さそうな色を選んでください。

眼が楽に感じる色は人によって異なりますから、これも大事な作業です。

偏光レンズのカラー選びは、天気のいい日の日中に選ぶほうがいいでしょうね。

曇天の日にかけたい偏光レンズをお探しのかたは、曇天の日に来店してください・・・。

« 活気のない商店街 | トップページ | プロ野球 »

偏光レンズの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 活気のない商店街 | トップページ | プロ野球 »

最近のトラックバック