« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

ウスカルフレーム「ディアネス」

ミステリアスがテーマのウスカルフレームの新作「ディアネス」がメガネのハマヤに届きました。

De12

強度近視のかたの中でも、このディアネスは、おもに顔幅が狭くはないけれど、PD(瞳孔間距離)が狭めのかたに向けて開発されたものです。

PD(瞳孔間距離)が58~62mmで、顔の幅が広めで、そのフレームPDのウスカルフレームでは、顔の大きさとのバランスがとれないというかたに対応するよう、フロントリムの溝の特殊な工夫を凝(こ)らしてあります。

この『ディアネス』なるウスカルメガネフレーム、フレームの両サイドに、個性的なデザイン上の特性を持たせています。

詳しくは『こちら

こちらにもどうぞ→『強度近視のかたのメガネ

日本の未来

今、読んでいる本はこれ576

「だれが本を殺すのか 延長戦」佐野 眞一

著者は「本という多岐な世界にわたる商品は、つまらん本を支持するのも、いい本を支持するのも読者次第で本の生死は決まってくるところがある」という。

これは、メガネ業界も同じだろう。

メガネを光学製品として考えるか、雑貨品として考えるか。
それはユーザー次第だろう。

光学製品として考えるなら、メガネは作る人間によって精度が決まるという商品だから、技術力の確かなメガネ店でメガネを購入するべきだ。

「いや、そんなことよりも価格だ」と思うユーザーは、安売り店でメガネを購入するでしょうが、

これだけは言っておきたいのです。

価格だけではなく、メガネの内容も考えてほしい。

価格だけではなく、メガネを作る人間のことも考えてほしい。

価格だけではなく、日本の未来のことや、後世のことも考えてほしい。

もっと、もっと、考えて買い物をしてほしいのです・・・・。

日本のメガネ業界の生死もユーザー次第ですから・・・・。

国産のサングラス

もうすぐ6月、紫外線が強くなる季節がやってきます。

健やかな視覚を維持するには、紫外線とまぶしさ(可視光線)から眼を守ることが大切です。

眼にいい良質のサングラスで眼の日焼け対策をお忘れなく。

国産の良質の「RIDOLサングラス」が入荷しています。

567 568

ウスカルフレーム「リブレス」登場。

ウスカルフレーム、スタンダードモデルの新型「リプレス」登場。

358

この新型チタンフレームは、「リブレス」というモデル名です。
標準的なレンズ型に、標準的なサイズ取り、ウスカルメガネフレームの中でも“標準”の一言がふさわしい、スタンダードの新型となっています。

「リブレス」…… 袖(そで)がない。
リブ〔袖〕 が ない〔レス〕 ということで、このウスカルメガネフレームは『袖なし』の異名をもっています。

詳しくは『こちら

メガネ業界は嵐が・・・・。

5月24日の高知新聞夕刊に、「異色経営で成長」というタイトルで、某メガネチェーン店の記事が載っていた。

経済新聞ではないのに、こういう記事が社会面に載るとは・・・・。
なんだか違和感がある。

記事によると、社長さん曰く「稼ぐ社員が最も偉い。社長の仕事は稼ぐ社員の邪魔をしないことだ」とのこと。

当然、社員は儲けることに固執して、儲けることに熱心になる。
それは、企業だからあたり前で、儲けることはけっして悪いことではない。

と、思うのだけど・・・・。

なんだか違和感がある。

眼鏡業界は今、価格競争の嵐にさらされていて、安売り合戦が泥沼化している。

だから、低価格路線のメガネ屋は、低価格路線のメガネ屋に苦しめられている。

利益を削って価格を下げて、そんな不毛の競争がいいものかどうか。

社員も疲弊するだろう。

疲弊している社員が作るメガネは・・・・。

やはり、メガネは技術が大切だから、技術を大切にしているメガネ店でメガネを買いましょう。

「そんなことをいうお前に、なんだか違和感ある」と言われそう・・・・。

レンズ自体を度付きにできるサングラス

レンズ自体を度付きにできるスポーツサングラス。
フレームカラー「チタンレッド」が本日入荷しました。357_2

レンズカラーは
・クリア
・偏光スモーク
・偏光ライトスモーク
・偏光ライトブラウン
・偏光ナチュラルグリーン
・偏光イエローブラウン

と、用途に合わせてお好みのレンズを選ぶことができます。

おそらくこの「チタンレッド」が一番人気になるのでは・・・・。

こちらもご覧ください。→「度付きサングラス

子供用メガネの在庫が300本!

子供用メガネの在庫が300本を越えました。

575

サイズも幼児のお子さんから中学生まで、お顔の大きいお子さんや小顔のお子さんまで適合するメガネサイズを細かく、幅広く揃えています。

これだけ、子供枠を揃えているメガネ屋は四国では少ないと思います。いや全国でも少ないのでは・・・。
ま、他店のことはよくわかりませんので、推測ですがね・・・。

こちらにもどうぞ→「子供用メガネ

ウスカルセルフレーム「ジュノ」

ウスカルセルフレーム「ジュノ」新登場!

569 570 571 572

当店には、3色入荷しました。

やや小さめのサイジングの
ウスカルセルフレームが登場です。

その名はジュノ。

柔らかなしなやかさを感じさせるデザイン性を持つ
ウスカルメガネフレームです。
強度近視のかたの中でも、今回のモデルは、おもに顔幅や、PD(瞳孔間距離)の、
標準的な大きさからやや小さめの広さのかた
にかけていただくためのものです。

このジュノはフレームPDが64ですので、
PD(瞳孔間距離)が6264mmのかたであれば、最適な視野を得た状態でおかけいただけます。

この『ジュノ』なるウスカルセルフレーム、
しなやかで優美な表情を形作る、メガネの両肩にちからをこめたパワーデザインを目指しました。

それがウスカルメガネのセルフレーム、『Juno』(ジュノ)です。
玉型が40mmですので、10D程度前後の強度近視のかたのレンズも、かなり薄く軽く作ることができます。

また、フレームの色合いは柔和で優美を心がけ、どなたにでもかけていただきやすいモデルを、多くラインナップしています。

こちらにもどうぞ→「強度近視のかたのメガネ

偏光レンズのライトカラー

5月20日 曇り→雨 サイクリング

天気予報では、「雨の確率は10%」と言っていたので、サイクリングに出かけたが、雨になってしまった。
90%は大丈夫だと思っていたが・・・・・。

で、本日使用のサイクリングメガネはこれ!

Ca340298_2

↑偏光クリップオンサングラス レンズカラー「ライトブルー」

Ca340299_2

↑偏光クリップオンサングラス レンズカラー「ダークグレー」

Ca340300_2

クリップオン偏光前掛けサングラス」曇りの日用のライトブルーと、晴れ用のダークグレー。
この2本があれば、天候が曇りでも晴れでもOKという訳です。

結局、ダークグレーを掛ける天候にはならなかったが、谷川の写真を撮ってきました。

Ca340297_2

↑偏光レンズなし

Ca340293_2

↑偏光ダークグレーの見え方

Ca340294_2

↑偏光ライトブルーの見え方

それぞれ、けっこう見え方が違いますでしょう。

偏光ライトブルーは、偏光度は弱いけど、曇りの天気では威力を発揮します。
景色が暗くならないで、コントラストが高くなり、緑も鮮やかに見えます。

偏光ダークグレーは、偏光度が高いので水面はスッキリ見えますが、今日のような天気では、暗くなりすぎてサイクリングには不向きです。

曇りや雨の日は偏光ライトブルー、偏光ライトピンク、偏光ライトブラウンがおすすめです。
実際に、当店にてカラーの見本を見てください。

度付きサングラスのニュータイプ

激しい動きや発汗、天候、風などスポーツ特有の環境下で高いパフォーマンスを発揮する度付き対応のサングラスが入荷しました。

356 355

こちらのシリーズは、レンズ自体を度付きにできます。

レンズカラーは
・クリア
・偏光スモーク
・偏光ライトスモーク
・偏光ライトブラウン
・偏光ナチュラルグリーン
・偏光イエローブラウン

と、用途に合わせてお好みのレンズを選ぶことができます。

こちらもご覧ください。→「度付きサングラス

偏光レンズと調光レンズでサイクリング

5月13日 晴れ サイクリング

今日、使用のサングラスは、紫外線に応じてレンズの濃度が変化する「調光レンズ」に、クリップオン偏光サングラスという最強の組み合わせ。
Ca340287 Ca340288

この組み合わせ。メチャいいです!

偏光レンズによって、新緑が鮮やかにキレイに見えるし、谷川も水の中までバッチリ見えます。
新緑の見え方はこんなに違います。

Ca340285 ←偏光レンズなし。

Ca340286 ←偏光レンズあり。

偏光レンズを跳ね上げることによって、薄暗いところでも平気だし、跳ね上げたままでも紫外線に応じて調光レンズが眼に入る光を自動的に調節してくれるので、視覚のクオリティを高めます。

ね、最高でしょう

独自ドメイン

独自ドメインを取得しました。「http://www.meganehamaya.biz/

いままでは、「homepage2.nifty.com/meganehamaya/」と@ニフティーのおまけ(無料)サーバーで運営していましたが、ぼちぼち独自ドメインもとらないかんかな・・・・と。
おまけのサイトは容量の問題もあるしね。

それと、@ニフティーは、おまけのサービスはやめてしまったので、もう一つHPを持っておいたほうが安心かな・・・・と。

ま、そんなところで当分は、二足の草鞋をはいていきます。

坂本 龍馬セット

土佐の酒 詰め合わせ「坂本 龍馬セット」564

を買うた。龍馬になった気分で、ちくと一杯やるか。

おまんもやりや。

百年小夏

この季節、小夏が美味い。

100501_20520001

土佐市の百年小夏だ。

小夏に天然塩を振りかけて食べると、さらに美味くなる。

高知に住んでいて、得に感じるのは、高知には美味い食材が豊富にあり、豊かな自然があることやね。

そういえば、都会から高知に移り住んだ人も「高知はいいよねー」って言っていた。

「サイクリングをするには最高です・・・」と。

ま、それだけ田舎なわけやけど、田舎には楽しみがいっぱいありますね。

高知 赤岡町「豊の梅」

今日も高知の酒を飲む。

Ca340284

高知 赤岡町の「豊の梅」

高知は酒飲みが多いが、私は下戸である。
だけど、まったく飲めない訳ではない。少量ならいける。

だから、上手い酒をチビチビと楽しんでいる。

豪快な土佐の男らしくないが、そんなことは気にしない。

土佐の男の心意気を持っていれば、それでいいのだ。

土佐産マンゴー

こじゃんとうま~い土佐産マンゴーです。
Ca340283

いの町の山本さんちの「フルーツガーデン嵩」で収穫されたマンゴーです。

農薬や科学肥料をほとんど使用せず、植物から抽出したエキスなど、自然のものを使って栽培しているそうです。

やはり、地元のものが一番やね。

マンゴーは、ビタミンCやビタミンAも豊富だそうです。

健康や美容にも、こじゃんとえいということやね。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

最近のトラックバック