« 日本の未来 | トップページ | 技術者と販売者の違い »

ウスカルフレーム「ディアネス」

ミステリアスがテーマのウスカルフレームの新作「ディアネス」がメガネのハマヤに届きました。

De12

強度近視のかたの中でも、このディアネスは、おもに顔幅が狭くはないけれど、PD(瞳孔間距離)が狭めのかたに向けて開発されたものです。

PD(瞳孔間距離)が58~62mmで、顔の幅が広めで、そのフレームPDのウスカルフレームでは、顔の大きさとのバランスがとれないというかたに対応するよう、フロントリムの溝の特殊な工夫を凝(こ)らしてあります。

この『ディアネス』なるウスカルメガネフレーム、フレームの両サイドに、個性的なデザイン上の特性を持たせています。

詳しくは『こちら

こちらにもどうぞ→『強度近視のかたのメガネ

« 日本の未来 | トップページ | 技術者と販売者の違い »

強度近視の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の未来 | トップページ | 技術者と販売者の違い »

最近のトラックバック