« サイクリング中に転倒 | トップページ | ホヤトリニティー »

遠近両用レンズの種類

当店が主に取り扱っているHOYA社の、さかい目のない遠近両用レンズ(累進焦点レンズ)には、たくさんの種類とタイプがあります。

種類は設計の違いです。
・両面複合累進設計
・プレミアム設計
・サミット設計
・アリオス設計
と、あります。

タイプの違いは、累進帯長の違いになります。
(累進帯長とは、遠用部から近用部の長さで、11mmぐらいから20mmぐらいまであります)

それぞれの種類に、それぞれのタイプがあります。

さらにコーティングによる違いもあります。
・ビーナスコート
・SFTコート
・VPコート

やはり、それぞれの種類に、それぞれのタイプに、それぞれのコーティングがあります。

「えー、遠近両用レンズってそんなに種類があるの!選ぶのがややこしー」
と、思ったでしょう。

そうなんです。遠近両用レンズ選びはややこしいのです。
高い設計のいいレンズがそのかたに適合するとは限らないし、安いレンズで十分ということもあります。

ですから、遠近両用レンズは的確なアドバイスをしてくれる、眼鏡士の店で購入することをおすしめします。

こちらにもどうぞ→「遠近両用メガネを上手に合わす知恵

ちなみに、均一価格を打ち出しているメガネ店には、旧設計の遠近両用レンズを使用しているメガネ店もあります。

« サイクリング中に転倒 | トップページ | ホヤトリニティー »

メガネレンズの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サイクリング中に転倒 | トップページ | ホヤトリニティー »

最近のトラックバック