« メタルのウエリントンフレーム | トップページ | 大きいウエリントンフレーム »

眼精疲労

眼球は動きます。左右を向いたり、上下を向いたり、両眼を内側に寄せたりできます。

眼球動かしているのは、身体の他の部分と同じように筋肉なんです。

両眼の眼球を内側に寄せる力を「輻輳力」と言います。

輻輳力が正常に働かないと、近見作業に支障がでてきて、眼精疲労になります。

輻輳力が正常に働かない原因の一つにストレスがあります。

ストレスは不定愁訴の原因になるように、眼にも大きな影響を及ぼします。

「では、輻輳力が正常に働かない場合はどうすればいいの」ってことになります。

輻輳力が正常に働くようにするには、輻輳力を整える視機能トレーニングと適切なメガネ調製になります。

視機能トレーニングは、本来持っている視機能を呼び起こすことが可能です。
しかに、やみくもにやればいいというものでもありません。

適切なメガネ調製は、眼位(眼の視軸の向き)などの検査をして、「プリズム」というレンズで眼位を整え、輻輳が楽にできるように調製していきます。

いずれも当店にご相談ください。
詳しくはこちらにどうぞ→「眼が疲れるかたのメガネを上手に合わす知恵

全国の「視覚機能研究会 会員店」も輻輳力の研究を熱心にやっています。

« メタルのウエリントンフレーム | トップページ | 大きいウエリントンフレーム »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« メタルのウエリントンフレーム | トップページ | 大きいウエリントンフレーム »

最近のトラックバック