« スライドショー | トップページ | 遠近両用メガネとは »

大きいメガネがウスカルフレームに。

大きいメガネ研究会オリジナルフレーム「ゼリッジ」は、シャープなスタイルで、大きいメガネの中でも、異彩をはなっています。

660_4

また、ゼリッジの優れている点は玉型の変更ができることです。

通常のサイズで調製すると57□17になります。

661_2

それが、耳側にすき間を開けるように加工することによって、サイズは52□17に変身することができます。
近視度数がやや強いかたや、より個性的なメガネがほしいかたに向いている玉型になります。

662_2

さらに、鼻側にもすき間を開けて加工すると、45□27になります。
近視度数が強いかたや、オリジナリティーを好むかたに向いている玉型になります。

663_2

眼鏡士歴30年以上の、浜田 清がキッチリと加工していきます。

« スライドショー | トップページ | 遠近両用メガネとは »

強度近視の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スライドショー | トップページ | 遠近両用メガネとは »

最近のトラックバック