« 度付きクリップオン | トップページ | 剣道用メガネ »

3D映画

映画 3D上映の海猿を観てきました。

3Dの映画を観るのは、初めてです。(映画館によって、3Dの方式が違うらしい)

私が観た3D映画の感想は・・・・。「疲れただけで迫力も感じなく、不快だった」です。

海猿が上映される前に、3D映画用の偏光サングラスの性能を確認する説明映像が流れました。

この説明映像では、3Dの立体画面はしっかりと浮き上がっていました。
つまり、「立体視差は大きかった」ということですね。

しかし、映画が始まると、「オヤオヤ浮き上がりが少ないよ・・・」と感じました。
つまり「立体視差は小さかった」ということですね。

3Dの迫力ある映画を期待していたけど、ガッカリでした。

また、偏光サングラスを掛けているから画面が暗くなります。
眼の状態によっては、これは不快でしょうね。

もちろん、3D映画はこの映画1本しか観ていないので、他の作品のことはわかりません。

他の作品は、立体視差は大きいのかも知れません。
海猿もある場面では、立体視差が大きいシーンがありました。

だけど、立体視差が大きいということは、それだけ眼にも負担がかかるだろうから、2時間の映画を観るには辛いかもしれません。

おそらく、そういうことに配慮して、3D海猿は作られていたのでしょうね。

それと、不快だったのは貸し出し用の偏光サングラスを掛けると、圧迫感があり、耳が痛かったです。

ま、個人に合わせて調整しているわけではないので仕方ないですが。

3Dの映画を観るかたは、専用のサングラスを作ったほうが楽でしょうね。

ま、そこまでする人はいないかも・・・・。

眼の健康のためには、3D映画の観すぎには注意しましょう。

結論は「今のところ映画は、2Dがいい」でした。

« 度付きクリップオン | トップページ | 剣道用メガネ »

健康の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 度付きクリップオン | トップページ | 剣道用メガネ »

最近のトラックバック