« 跋扈する悪質な訪問販売業者 | トップページ | プロ野球選手にとって眼は命 »

PD

人間の眼は二つあります。二つの眼は左右にわかれています。

右眼の黒目の中心と、左眼の黒目の中心との距離を「PD= Pupillary Distance、瞳孔間距離」といいます。

PDは、人それぞれで、狭い人もおれば広い人もいます。

お顔は大きいのに、PDは狭い人。

お顔は小さいのに、PDは広い人。もいます。

メガネを調製するさいには、お顔の大きさとPDを考慮に入れてメガネ選びをしたほうがいいです。

特に、
・度数の強いかた
・丸メガネをご希望のかた
・PDが広いかた
は、PDを意識してメガネを作ってください。

でないと、美的にも力学的にも、視野的にも問題が生じることになります。

詳しくは『こちら』どうぞ。

で、PDに関しては、狭いかたと広いかた、どっちが得でしょうか・・・。

狭いかたは、近見視に有利で、広いかたは遠見視に有利ということが言えます。

つまり、狭いかたは、近見視では輻輳力(眼球を内側に寄せる力)が、広いかたに比較して少なくてすむので、それだけ楽に近見作業ができます。

広いかたは、遠見視では立体視差が狭いかたに比較して、大きくなり、それだけ遠近感覚では有利になり、車の運転などが得意になります。

だから、PDを考えて職業を選ぶのも一つの方法です。

たとえば、PDの狭いかたは
・デスクワークの仕事
・パソコン関係の仕事
・医師
など。

PDの広いかたは
・ドライバー
・野球選手
・野鳥観察員
など。

まあ、PDを考慮に入れて、仕事を選ぶかたは少ないとは思いますが・・・・。

« 跋扈する悪質な訪問販売業者 | トップページ | プロ野球選手にとって眼は命 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 跋扈する悪質な訪問販売業者 | トップページ | プロ野球選手にとって眼は命 »

最近のトラックバック