« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

加工場を見る

当店の加工場です。ここで毎日愛情を込めてメガネを作っていきます。

Dscn08931

狭いですから、工具や部品の置き場に苦労しています。

だけど、きっちりと整理整頓をすることで、なんとかなります。

メガネは「メガネ店で完成品になる」という商品ですから、加工場を見て、メガネ店選びのヒントにするのもいい方法ですね。

「工具も少ないし、乱雑だし、これで大丈夫か・・・」とかね。

ま、だけどそんな人はいませんね・・・。

せめて、価格のみでメガネ店を判断するのはやめましょう。

いい鴨になりますから。

眼鏡新聞

いろんな業界には、その業界に特化した新聞が発行されていますが、眼鏡業界にも新聞があります。

Dscn08921

この新聞で、新製品の情報や業界の動向を知ることができます。

日本でのメガネ産地は福井県ですが、「福井産地ニュース」というコーナーもあります。

業界の知名人の冠婚葬祭の記事も載ります。

私が死んでも新聞には載りません・・・。

いや、ひょとして130歳ぐらいまで生きて、眼鏡士をしていたら・・・。

「業界の最長老、高知県の浜田翁眼鏡士死去。130歳だった。故人は高知のいごっそう眼鏡士で、いごっそう文化の発展に尽くしました・・・」って、載るかもわからない。

ま、とりあえずあと20年は頑張ろう・・・。

度数の選び方

メガネを作る場合、適切な「度数選び」が大事です。

適切な度数でないと、視機能が低下する場合があります。

また、眼精疲労もおきる恐れがあります。

だから、「度数選び」は、メガネにとって(もう一度言います)大事です!

その大事な「度数選び」(さらに言います)を、普通の雑貨を選ぶような感覚で選ぶのは、危険です。

度数の選び方」のページを作りましたので、興味のあるかたは読んでください。

(しつこいですが)度数選びは、メガネにとって命です。度数が適切でないと、どんないいレンズを使用しても意味がありません。

偏光オーバーサングラス

メガネの上から掛けることができる、オーバー偏光グラスです。

Dscn08741

しかも、このオーバーグラス、跳ね上げることもできるのです。

Dscn08771

ね、便利でしょう。トンネルの多い、四国の道にはもってこいのサングラスです。

紫外線や眩しい光線から眼を守ることができますから、視力の弱いかたや、眼に疾患のあるかたにもおすすめのグラスです。

詳しくは『こちら』にどうぞ。

ナイロール

ブローバー中央部分をブリッジでつなぎ、レンズをフローティング構造としたアンチテンションタイプのフロントメタル・アセテートテンプル コンビネーションナイロールモデル。

Dscn08721 Dscn08731

ブローバーとブリッジにβ型チタン合金1.3mm厚のシート材を用い、ブリッジ・丁番の溶接箇所の付近は厚く、ブロー部分は若干薄くプレス加工を施すことで、剛性と適度なしなりを与え装着感を向上させた。 又、ヨロイ部分の角度プレスや曲面処理など、シート材ながらプレス特有の質感も合わせ持っている。適度なボリュームと良好な装着感を実現するエンド形状を持つアセテートテンプルの芯金には、 プレス+丁番コマ削り出しのスパルタ加工を施し強度を高めている。

こちらにもどうぞ→「ナイロールフレーム

太平洋の奇跡

昨日は、「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」を観てきました。

サイパン島にて、アメリカ軍と一年半対峙した大場 栄大尉の実話に基づいた映画でした。

この映画は、戦争の悲惨なことが感じられるのはもちろんですが、日本と日本人が感じられる映画でした。

日ごろから日本を意識している私は、ぜひ観たい映画でした。

よかったです。

今後も日本を意識して日本人として、土佐人として生きていこう・・・。

光回線

当店は本日より光回線を利用して、インタネート接続を開始しました。

ADSLから光への変更です。

やっと、当店地域にも光がやってきたということですね。

うれしいです。

でも、当店のADSLはもともと回線速度は速かったので、光にしてもほとんど変化ありません。

ま、料金的にメリットがあるので、光にしたわけですが、他のメリットは今のところわかりません。

きっと、デメリットもあるでしょうね・・・・。

メガネVSコンタクトレンズ

メガネはコンタクトレンズと比較して見え方に不自然さを感じやすいです。

これは、コンタクトレンズは眼の中に入れ、メガネは眼の前に掛けるという、レンズと眼の距離の違いによるものです。その点ではコンタクレンズのほうが有利なのですが、コンタクトレンズの最大のデメリットはやはり眼にとっては異物になり角膜を傷める危険性があるということです。

長期間使用しているかたは角膜内皮細胞が減少することがあります。

角膜外皮表面のキズは再生できますが、内皮細胞は再生できません。

内皮細胞の減少は視力が弱くなったり、白内障の手術のときなどに影響がある場合があります。

自宅兼店舗

昨日も雪が沢山振りました。

高速道路も通行止めになったりして、交通機関も乱れました。

雪道の運転に慣れていない四国のかたにとって、車での通勤が大変だったでしょうね。

私は自宅兼店舗に住んでいるので、通勤時間はゼロ分です。

その点では恵まれているので、こんなときは「良かった・・・」と思います。

しかし、当然「住んでいる場所は狭い・・・」というデメリットなどもあります。

ま、だけど広い家に住んだことがないので、「広い家は落ち着かないだろう・・・」と思う。

私の趣味の一つに読書もあるのだが、広い空間では落ち着いて本を読めませんからね。

さぁー、今日も一畳半の書斎で本を読もう・・・・。

Dscn08711

大人の女性のフレーム

大人の女性のフレームです。

Dscn08551 Dscn08561 Dscn08571 Dscn08581 Dscn08591 Dscn08601

オシャレなメガネを掛けると気分がいいもんです。

しかも日本製ですから、もっと気分がいいもんです。心も弾みます。

当店が日本製品を愛しているのは、日本を応援しているからです。

応援している日本製のメガネが中国製品に負けないように、今後も積極的に日本のメガネフレームを販売していきます。

今日は忙しい

今日は、忙しい日曜日だった。

昨日は雪が降っていて、店は暇だったから、その分本日に集中したのでしょう。

お待ちいただいた、お客さんすみませんでした・・・。

お客さんに来ていただけるのは、本当にありがたいことです。

今後も真面目に眼鏡を作っていきます。

真面目に仕事をするということは、プロフェッショナルな仕事をするということです。

プロフェッショナルの仕事には、それだけの対価をいただきます。

フィッティング調整も、プロの仕事としてお受けしていますので、他店様メガネのフィッティングは無料ではやりません。

「他店メガネも無料で調整・・・」なんて、宣伝はしません。

あ、なんだか固い口調になってきている・・・・。

いえね・・・それはフィッティングの価値を認めていないお客さんも多いので。

フィッティングは、メガネにとって命です」をわかっていただきたい。

もちろん「あの店は、フィッティングにお金をとるのよ。なんて傲慢な店かしら・・・」なんて悪口を言われるのは覚悟しています。

悪口を言われても、平気なようにプロの仕事をするだけです。

ちょっと、カッコイイ・・・かも。

大きいメガネ「ブラバ」新登場

限定生産の大きいメガネ!「Brava(ブラバ)」です。

Dscn08691 Dscn08701
ベーシックな大きいメガネということで、ハイセンスの中にも落ち着いたフォルムを採用。

シャープな造りと、遠近両用でも対応するレンズ上下幅を両立させることに成功しました。


当店には2色入荷しています。

ブラバ
サイズ 63□16 天地33
参考小売価格   

¥28,900円(税込)

こちらにもどうぞ→「大きいメガネ

今日の四国は寒い

今日はこじゃんと寒い!

Dscn08671

いの町も吹雪模様になってきた。

こんだけ寒いと店も暇になります。

高速道路も通行止めになっているしね・・・。

3連休に、こんな寒波がこんでもえいのに・・・。

本日、この寒波の中をメガネを作りに来てくれるかたには特別サービスをします。

「ブログを見た」って言ってね。

久万高原町でたいこまん

久万スキー場の帰り道、立ち寄るお気に入りのお店が「こーなん産直館 久万店」。

この店はホームセンターと、道の駅が合体したようなお店です。

工具類、野菜、果物、寿し、鮮魚、肉、、菓子、地域物産が揃っています。

本日の買い物はこれ

Ca340323

愛媛のミカンは美味い。(もちろん高知のミカンも美味い)

店頭で、大判焼きを販売していたので、それも買って食べた。

この大判焼き、先週立ち寄ったときは「今川焼 大判焼き」と看板に書いていたのに、本日は「たいこまん 大判焼き」と書き直していた。

あれー、愛媛県でも「たいこまん」と言うんだ・・・。(久万高原町だけかな・・・?)

そういえば、たいこまんの話題はテレビ番組の「ケンミンショウ」でやっていた。

たいこまんも美味しかったけど、高知のたいこまんよりもサイズが小さかった。

小太鼓ぐらい・・・。

ま、またスキーに行った帰りには立ち寄ります。

価格競争は暴徒する

新刊紹介

「価格競争は暴走する」エレン・ラペル・シェル著 筑摩書房

100円ショップや量販店、大型店スーパーなどで激安品を買うのが賢い消費者だと思っているかたにお薦めの一冊。
際限なく安値を求める消費行動が、庶民生活をいかに悪化させているかを丹念に検証した本である。

高知新聞 2月5日 夕刊より

----------------------------------

メガネ業界の価格競争も暴徒しています。
また、メガネ技術を放棄した、通販業者も跋扈しています。

そのことが、庶民の視生活を悪化させている面もある。

「安物買いの銭失い」ということわざがあるが、視機能を失うと、取り返しのつかないことにもなる。

賢いメガネユーザーになるには、店選び(店主選び)を一番に考えたほうがいい!

メガネの違和感

メガネは、眼とレンズの距離があるために、空間視の違和感がおこってしまいます。

当然、違和感は少ないほうがいいに決まっていますが、どうしても「まったく自然に見える」というわけにはいきません。

レンズを通してモノを見ると、少し不自然な見え方になります。

でも、そもそも人間は自然の中で暮らしているわけではないから、その見え方の不自然さにも段々と馴染んでくるものです。

完全にメガネに馴染むことにより、それが普通の自然になります・・・。

メガネの違和感について」のページを作りました。

丸メガネ研究会オリジナルフレーム「ピアストル」

細く軽やかな丸メガネ、丸メガネ研究会オリジナルフレーム『ピアストル』が誕生しました。

Dscn08531

『ピアストル』は、全体に軽やかで知的な雰囲気を醸し出すために、レンズを覆う部分や智や腕をかなり細く作ってあります。これに用いた、医療用の機器にも使用される、サンコバルト(コバルト合金)という金属素材は、チタンよりも細く延ばしても折れにくい、適度な弾力性がある、さびにくい、という特長を持っています。

ピアストルは、2サイズ(大きい方と小さい方)で、色はそれぞれ3色づつ。
どれも落ち着いた色で、伝統的な雰囲気を尊ぶ丸メガネによく合った色です。

小さい方のサイズは、39□25というサイズで、目と目の間の幅のサイズが58~64ミリの人に対応。

大きい方のサイズでは、39□31というサイズで、目と目の間の幅のサイズが、64~70ミリの人に対応。


腕も個性的で、いろいろな顔の大きさに対応できるよう、フィッティング性能を向上させつつ弾力性を持たせてあります。
それでいて、ブリッジ(中央部の棒パーツ)は、しっかりとした堅牢性を保持。その秘密は、伝説の高級素材「サンプラチナ」にあります。サンプラチナは、強靱で、さびにくく、弾力性の少ない素材ですから、メガネにかかる不規則な圧力が集中するブリッジには、もってこいの素材です。ちょっとやそっとの歪みの圧力にはへこたれないで、メガネにおいて特に大事な左右のレンズの位置関係を、ゆがませずに保てるのです。

ゴーグル

2月3日 久万スキー場に行く。

快晴で、あたたかく快適なスキーを楽しんだ。午前中までは・・・・。

まさか午後から強烈なアクシデントが待っているとは・・・・。

そのアクシデントは、昼食後の1本目のスベリだった。

雪が重たくなっていた。

イヤな感じがしたけど、ま、どーということもない・・・。と油断したのだろう。

もうすぐリフト乗り場、というところで、大転倒

しかも、顔から・・・・。

凄い衝撃だった。ダメージも相当だった。

ゴーグルを外してみると顔から出血が・・・・。

Rscn08501

メガネも変形していた。

これだけの衝撃を受けても、ゴーグルそのものは無傷だった。

Dscn08521

もし、ゴーグルをしていなくてメガネのままで雪面に打つ付けられたら・・・。

眼のダメージは、快復不可能なこともありえる。

スキーにはゴーグルが必要だと再認識した一日だった。

やはり、スポーツを楽しむには、「アクシデントから眼を守る必要があります」と、声を大にして言いたい。

スポーツゴーグルは『こちら』にどうぞ。

あー、今日も顔面が痛い・・・。

遠近両用レンズ

さかい目のない遠近両用レンズのテストレンズです。

Dscn08481

これだけの種類やタイプがあります。

このテストレンズで、装用テストをしていただいて遠近レンズの種類やタイプを選んでいただくことになるのですが、この作業って、けっこう大変です。

そりゃー、そうです。全部の種類を試してみるのは疲れるし、テストしている内になにがなんだかわからなくなります。

で、私たち老眼世代夫婦の浜田 清と久美が自分たちの体験や経験を基にアドバイスをし、種類を2、3種類に絞って試してもらうことが多くなります。

もちろん、ご希望であれば全部の種類を試していただいてもかまいません・・・。

遠近両用レンズを選ぶコツは、
・価格が高ければいいというものでもありません。
・用途、用法をよく考えてください。
・使用頻度、使用目的も考慮に入れてください。
・違うタイプの遠近両用を使い分けるのも上手な方法です。

浜田 清と久美のアドバイスもしっかりと耳に入れてください。

こちらにもどうぞ→「遠近両用メガネ

雪がよく降ります。

今年は雪がたくさん降ります。

雪国のかたは、雪が多すぎて困っています。

雪かきや雪おろしは、大変辛い作業ですからね。

私も若いころは、雪国のスキー場で暮らしたことがありますから、その辛さはわかります。

寒いし、腰は痛くなるし、筋肉痛になるし、・・・。

このときは、雪が憎いと思いました。

ま、だけどスキー場は雪がないと大変困りますから、雪にも感謝しないといけないですね。

今年は、久万スキー場の積雪もたっぷりとあり、先日もスキーを楽しんできました。

なんとか、スキー場だけに天然雪を降らすわけにはいかんのだろうか・・・・。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

最近のトラックバック