« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

小さめの女性用セルフレーム

やや小さめの女性用セルフレームの入荷です。

Dscn11151 Dscn11161 Dscn11171 Dscn11202 Dscn11191 Dscn11182

いずれも職人気質の眼鏡メーカー「谷口眼鏡」の作品です。

谷口眼鏡は日本の眼鏡産地、福井県鯖江市にあるメーカーで、いつも素晴らしい作品を届けてくれます。

こだわりのある谷口眼鏡は、豊富な色柄と美しい艶、そして温かみのある質感のセルフレームを作ってくれます。

こんなメーカーが私は好きなんです。

だ か ら 応援しています。

薄いカラーレンズ

強度近視のかたは、「ウスカルフレーム」にレンズを入れると、レンズは薄く軽く作ることができます。

また、レンズを薄いカラーレンズにすると、レンズのウズが無色レンズに比較して、やや目立たなくなります。

レンズのウズが気になるかたは、お試しください。

ただ、薄いカラーレンズを入れるということは、ややレンズは暗くなりますから、そこのところをじっくりご検討ください。

当店は、検討しやすいように、無色レンズとカラーレンズをウスカルフレームに入れた見本を用意しました。

詳しくは『薄いカラーレンズを入れると・・・』をご覧ください。

同窓会

昨日は、伊野小学校の同窓会にいってきました。

あたりまえだけど、みな、54歳~55歳のおんちゃんやおばさんになっている。

頭にも白いものが目立つ同級生も少なくない。

その中でも、私の頭が一番白い・・・・。

こんなことで、一番にならなくてもいいのだが・・・・。

ま、白髪にも何か利点はあるだろう。

蜂に刺されづらいとか・・・。

同級生になったのも何かの縁、みな元気でやりましょう・・・。

暑い・・・・・。

暑いです・・・・

昨日、サイクリングにいって、6時間自転車に乗った。

軽い、熱中症になった。

今日は、調子が悪い・・・・。

この時期、いつも調子は良くないのに、サイクリングにいかなければいいのに・・・。

と、身体は言っているのだが、心はサイクリングに誘っている。

心を優先しているから、体調不良は受け入れていこう・・・・。

来週の定休日もきっと、心はサイクリングに誘うだろうな・・・・。

子供用メガネの細かい在庫

当店は、子供用メガネのサイズは細か~く、揃えています。

たとえば、この子供枠は

Dscn11141
・42□14
・44□14
・46□14
・48□15
・50□15
と在庫しています。

これで、お子様のお顔に適切なサイズを選ぶことが可能なのです。

当店は子供用フレームは、300本以上在庫したり、子供メガネ研究会の会員になったり、大切なお子様の視生活が向上するように努力をしています。

なぜ、努力をするか・・・・・。

眼科と経済的に結びついていないから・・・・という面もあります。

当店はどこの眼科とも経済的に結びつていませんから、経済的理由で眼科からメガネユーザーを紹介してもらうことはありません。

また、当店は弊害が多い「眼鏡処方箋無料補償」をしていませんので、その点でも眼科からの紹介はありません。

だ か ら 当店は本気で努力をするしかないのです。

でも、時々「あそこの店は技術もしっかりしているし、子供フレームの在庫もたくさんあります・・・」とユーザーの立場になって当店を紹介してくれる眼科もあります。

うれしいですね。

なお、眼科と経済的に結びついているメガネ屋が努力をしていない・・・というわけではありません。

結びついたらついたで、気苦労も多いと思います。

だから、結びついているメガネ屋と結びついていないメガネ屋では、努力の方向性が違うのだと思います。

一山メガネは・・・。

本日、入荷商品はこれ!

Dscn11091 Dscn11101

このメガネ、一山(いちやま)メガネと言います。

鼻当てがありませんから、見た目はスッキリした感じになり、個性的なメガネです。

昭和のはじめぐらいまでの昔のメガネは、この一山タイプの眼鏡がほとんどでした。
その一山メガネを現代風にアレンジしたフレームを、当店は在庫しています。

一山メガネの長所は、鼻当てがない分、メガネで弱い部分である鼻当ての変形が少ないです。
短所は、ブリッジ部分でメガネを支えることになりまから、鼻の当たりがむず痒かったり感じるかたがいます。
ブリッジ部分のフィッティングは、ほとんどできません。

当店は一山メガネの積極的な品揃えで、一山メガネファンのwantsにお応えしていきます。

家康と権之丞

今、読んでいる本は「家康と権之丞」。

Dscn11071

徳川幕府を震撼させた「海の将軍」小笠原権之丞。実の父・家康に叛旗を翻し、自由を求めて大海原へと乗り出した! ・・・・という物語です。

権之丞は天主教のキリシタンだったが、家康の発した禁教令に叛いて棄教をしなかった・・・。

それが、この時代どれほど大変なことか・・・。

家も捨てることになりますからね。

まるで、比較にならないけど、眼科が発している「眼鏡処方箋無料交換令」に叛くってこともメガネ屋にはそこそこ大変なことなのです・・・・。

だから、多くのメガネ店が、良くない制度と思いつつ渋々承諾しています。

いつの世でも利害がからむと、魂を維持するのは難しい・・・・。

真面目に子供枠の品揃え

子供用メガネフレームの入荷です。

Dscn11011 Dscn11021 Dscn11031 Dscn11041 Dscn11051 Dscn11061

子供用フレームは、もちろん機能は大事ですけど、デザインも大事です。

気にいったデザインやカラーでないと、お子様はメガネを掛けることを嫌がります。

昔みたいにワンパターンのフレームで、いかにも矯正フレーム・・・・というのは今のお子様は掛けてくれません。

ですから、いろんなデザインの子供フレームを豊富に在庫しているメガネ店で、子供用フレームはお買い求めください。

もちろん、メガネサイズも大事ですから、サイズも豊富に在庫していこともメガネ店を選ぶ基準にしてください。

あ、それとお子様にとって適切なフィッティングはもの凄く大事ですから、その点をキッチリとお考えください。

あ、まだありました。適切な説明も必須の条件になると思います。

そう考えると、そいうことは量販店は苦手ですから、子供用メガネに真剣に力を入れているメガネ店で、お子様用メガネは購入したほうがいい・・・・と私は思います。

ちなみに、当店は子供用フレームは300本以上在庫しています。

真面目に品揃えしています。

大人の女性のセルフレーム

大人の女性のセルフレームが入荷。

Dscn10961 Dscn10971 Dscn10981

こちらにもどうぞ→「大人の女性のセルフレーム

当店は浜田 清と久美が仕入れ担当です。(と、いっても二人しかいない店です)

メガネフレームを仕入れるときの条件として、まずは「日本製、MADE IN JAPAN」ということです。

(日本製品を応援している当店のメガネフレームの在庫は、95%以上日本製です)

それで、商品を見て、触って、ときには実際に自分で掛けてみて、掛け心地やフレームのバランスをチェックします。

次にフィッティングがしやすいかどうかをチェックします。

仕入れは、デザインを優先するか、機能を優先するか・・・・のどちらかを迫られることも少なくありません。

もちろん、デザインも機能も優れているのがいいわけなのですが、やはりなんでも一長一短があるものです。

だから、仕入れでは技術担当の浜田 清と販売担当の浜田 久美と意見がぶつかりあうこともあります。

建設的な意見がぶつかりあうことは、いいことですね。

で、当店の在庫は同じような商品がズラーっと並んでいる量販店と違って、きめ細やかにサイズも揃えていて、商品も種類が豊富に揃っているという特長があります。

子供枠300本以上、ウスカル枠300本以上、丸メガネ150本以上などなど・・・。

当店は、真面目に品揃えしているのですね・・・。

さや侍

映画「さや侍」を観てきました。

松本 人志監督の作品です。

主演のさや侍(野見勘十郎)は、メガネをかけていました。

侍がメガネを掛けているということは、この映画ではメガネが重要なポイントになっているのですね。

メガネを掛けていなければ、この主人公は引き立ちません。

メガネを掛けることで、演技に味や妙がでてきていると思います。

メガネは演出にはかかせない小道具の一つです。

自分を少し変えたければ、メガネを変える(掛ける)のも、良い方法です。

それにしても、最近は映画を良く観ている・・・・。

先週は、プリンセストヨトミも観た。

それだけ、店の定休日に雨が降っているということですね・・・・。

近用メガネの心取り

近用メガネは、近くのモノを見るときに使用するメガネです。

近くのモノをみるときは、眼の視機能を最大限発揮しなければいけないので、近方視の眼球運動が円滑に行われなければ、能率的かつ柔軟な視機能が行えず、「モノがハッキリ見えない」、「疲れやすい」などの症状を起こします。

その近用メガネ調製に、かかせない重要な作業に「心取り」という作業があります。

当店は、この「心取り」を眼位(視軸の向き)や輻輳力(眼球を内側に寄せる力)を考慮に入れて、調製していきます。

詳しくはこちらにどうぞ→「近用メガネの心取り

四国の怪しい業者

四国は、田舎を中心に訪問販売のメガネ業者が回っています。

訪問販売業者の中には、悪質な業者もいるようで、その話題をちょくちょく聞きます。

・お年寄りのかたに、高額なメガネを売りつける。

・メガネを何個も売りつける。

・理解力が弱いかたに、メガネを売りつける。

など

また、他の業者や個人とタイアップして、メガネを売りつける・・・・ということもあるそうです。

「ある展示会にいったら、メガネ業者もいて、言葉巧みにメガネを売りつけられた・・・」ということも聞いたことがあります。

だいたいは、「頼んでもいないのに、向こうからやってくる業者は怪しい・・・」と思っておいたほうがいいです。

瞳孔間距離

メガネ作りにはかかせない検査用具

PDメーターDscn10941

瞳孔間距離をこの用具で、丁寧に測定します。

そのデータを基に、レンズの光心(光学中心)を正確に調製していきます。

この作業を「心取り」と言います。

メガネ調製には重要な作業です。

こちらにもどうぞ→「近視のかたの心取り

瞳孔間距離は定規でも測定はできるのですが、正しい方法で測定しないと正確なPDは測定できません。

ですから、やはり確実なのはPDメータで測定することです。

そういう重要なこともしないで、メガネを販売しているのはメガネ通販です。

「通販はよくないからやめましょう・・・」と日本眼鏡技術者協会は言っているのですが、いまだに認定眼鏡士の店でも通販に手を染めている店があります。

どうしたことでしょうね・・・・。

鼻当て(パッド)によって、メガネは変わる。

メガネはパッド(鼻当て)の形状や材質によって、掛け心地が違ってきます。

パッドには沢山の種類があります。

Dscn10911

「鼻の当たり具合がどうもね・・・・」と思われているかたは、いろんなパッドを試してみるのも良い方法です。

ただし基本は適切なフィッティングですから、稚拙なフィッティングや、そもそもお顔に適合していないフレームではパッドを交換しても上手くいかない場合も少なくありません。

だから、掛け心地を考えるならば、枠のデザインよりもバランスのいい枠を優先的に選ぶべきです。

もちろん、もう一度言いますが、基本は適切なフィッティングです。

基本はフィッティングが上手な店選びです。

このパッド↓は、下部の面積を広くして、パッドから皮膚にかかる単位面積当たりの荷重が少なくなります。(設計 岡本 隆博氏)

Dscn10921

ということは、メガネが軽く感じます。

優れたパッドです。当店に在庫しています。

商売上手なメガネ店

指導者次第・・・・・ってことが、学生スポーツの世界では言われています。

それだけ、指導者の力量によってスポーツに強くなったり、弱くなったりもします。

メガネの世界でも技術者次第・・・・ってことは確実に言えます。

技術者の力量によって、良いメガネになったり、ペケのメガネになったりします。

だから、技術者選びは大切なのです。

では、良い技術者にめぐり合うためには・・・・。

メガネ店のHPを真剣に見てみましょう。

言葉ではなんとでもいえますから、

信頼がおける技術者かどうか・・・・。

本当に技術にこだわっているのか・・・。

美辞麗句をつらねているだけではないか・・・。

など、など、HPの内容をしっかりと読んでください。

商売が上手なだけのメガネ店も数多いですからね・・・・。

鏡村

高知市へサイクリング。

でも、地域案内看板は「鏡村」。

Kagami340341

高知市への抵抗を示しているのか、それとも高知市の看板にやりかえる予算がないだけか・・・。

所属は高知市だけど、名前は鏡村というわけにはいかないのか・・・・。

鏡村をサイクリングしているほうが気持ちがいい・・・・。

度付きスイミングゴーグル

度付きスイミングゴーグルが入荷です。

ノンクッションスイミングゴーグルです。

レンズは「イエロー/クリア」ミラータイプです。

Dscn10901

度付きスイミングゴーグルだとクッキリと見えます(度のあるかたは)

クッキリ見えると

・タッチ、ターンの距離がつかみやすい。

・練習中でも時計が良く見え、タイムのチェックが容易。

・ボヤけていた視界がクッキリ見えて、思い切りスタートができる。

詳しくはこちらにどうぞ→「度付きスイミングゴーグル

大きいメガネ「ゼルネス」

大きいメガネ研究会オリジナルフレーム「Xelnes(ゼルネス)」が入荷しました。

Dscn10821_2 Dscn10831_2

今回はベーシックな大きいメガネということで、ハイセンスの中にも落ち着いたフォルムを採用しています。

シャープな造りと、遠近両用にも対応するレンズ上下幅を成功しました。

詳しくは『こちら』にどうぞ。

当店は、大きいメガネを真面目に品揃えしています。

日本の梅雨

梅雨です。

この時期は一年中で一番湿度が高く、毎日うっとうしい日が続きます。

人間の眼も影響を受けますから、この時期を乗り切るためにも、普段よりもより体調管理に注意をはらいましょう。

暴飲暴食はダメ。

紫外線や眩しい光線にも要注意。

心穏やかに過ごす。

適度の運動、適度の休養。

と、言っている私は毎年この時期は調子が悪い・・・・

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

最近のトラックバック