« 真面目に子供枠の品揃え | トップページ | 一山メガネは・・・。 »

家康と権之丞

今、読んでいる本は「家康と権之丞」。

Dscn11071

徳川幕府を震撼させた「海の将軍」小笠原権之丞。実の父・家康に叛旗を翻し、自由を求めて大海原へと乗り出した! ・・・・という物語です。

権之丞は天主教のキリシタンだったが、家康の発した禁教令に叛いて棄教をしなかった・・・。

それが、この時代どれほど大変なことか・・・。

家も捨てることになりますからね。

まるで、比較にならないけど、眼科が発している「眼鏡処方箋無料交換令」に叛くってこともメガネ屋にはそこそこ大変なことなのです・・・・。

だから、多くのメガネ店が、良くない制度と思いつつ渋々承諾しています。

いつの世でも利害がからむと、魂を維持するのは難しい・・・・。

« 真面目に子供枠の品揃え | トップページ | 一山メガネは・・・。 »

いの町の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 真面目に子供枠の品揃え | トップページ | 一山メガネは・・・。 »

最近のトラックバック