« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

大人の女性フレーム

大人の女性のフレーム「TonTon4th(トントンフォース)が入荷しました。

ボストン型とオーバル型の中間で、小ぶりのフレームです。

Dscn20261

小ぶりのフレームといっても、天地幅は34mmありますから、遠近両用レンズを入れるのにも向いています。

5色入荷していますから、お好きなカラーをお選びいただくことができます。

こちら』にどうぞ。

当店は、大人の女性のメガネ選びのアドバイスは、浜田 久美が担当します。

いの町 町民祭

今日は、いの町の町民祭があります。

夜は、納涼花火大会があります。

花火は、メガネのハマヤの2階で見ます。

私は近視なので、花火を見るときは、メガネを掛けて見るのですが、メガネを外してボンヤリとした見え方で花火を見るのも幻想的で、いい感じです。

近視の人間はこういう時は、便利です。

2種類の見え方が楽しめるのですから・・・。

それと、私は「不同視」といって左右の度数差が大きい眼ですから、右眼と左眼でも見え方の違いを楽しむことができます。

いいのやら、わるいのやら・・・・・。

いの町 まちかど市

いの町新町、電停ななめ前に「まちかど市」がオープンします。

9月1日、オープンです。

110824_18000002 110826_19000001

楽しみですね。

まちかど市は、当店からは50mぐらいの距離ですから、まちかど市にきたついでに、当店に立ち寄ることもできます。

もちろん、当店にきたついでに、まちかど市にもお立ち寄りください。

いやー、こういうお店が近所にできてよかった。

当店は県外からのお客さんも多いので、ぜひまちかど市でいの町を味わってもらえるようにしよう・・・っと

オーバルメタル

メタルフレームの入荷です。

Dscn19921_2 Dscn19931_2

こちらのフレームは、「オーバル」という玉型です。

卵の形に近いですね。

落着いた雰囲気にしたいかたに、おすすめです。

こちらのオーバルフレームは、天地幅が37mmありますので、遠近両用レンズ、中近両用レンズを入れるのにも適しています。

Dscn19941_2 Dscn19951_2

オシャレな跳ね上げメガネ

オシャレな跳ね上げメガネが入荷しました。

Dscn19861 Dscn19871 Dscn19882

跳ね上げメガネは、近視のかたで、「近くのものを見るときは、メガネがないほうがいい・・・」というかたなどが便利にお使いいただけるメガネです。

このフレームに遠近両用レンズを入れて、「細かい作業をするときは跳ね上げる」という方法もありです。

跳ね上げメガネは、他にも便利な使い方がありますので、当店にご相談ください。

こちらにもどうぞ→「跳ね上げメガネ

サイクリング用メガネ

当店HPに「サイクリング用メガネ」のページを作りました。

サイクリングは、前をよく見て走らないといけません。

眼が良く見えていない状態で走行するのは危険です。

サイクリングは、眼の整備もキッチリとやりましょう。

サイクリング用に向いているメガネに、「スポーツメガネ研究会オリジナルフレーム

・パーミエイト、・アナトミオ、・ディオプテーゼがあります。

Dscn19761 Dscn19821 Dscn19801

このフレームに、偏光レンズや調光レンズを入れてサイクリングを楽しんでください。

リドルが入荷

RIDOL(リドル)が入荷です。

Dscn19731 Dscn19741 Dscn19751

メガネのハマヤは、リドルを積極的に仕入れている店です。

積極的に仕入れる理由は、

1、純国産商品だから。

2、品質がいいから。

3、デザインが優れているから。

4、人気があるから。

5、浜田 清と久美がリドルが好きだから。

・・・・などです。

浜田 清と久美が仕入れをして、浜田 清と久美が販売をしていく・・・それで愛情も増していくんですね。

本部が仕入れたもの、本部が売りたいものを積極的に販売せざるを得ない量販店とは、メガネへの思い入れが違います・・・当店は。

大きめのウエリントンフレーム

本日、入荷のウエリントンフレームです。

Dscn19671 このウエリントンフレームは大きいです。

サイズは57□17で、天地幅は40mmあります。

お顔の大きいかたや、大きいウエリントンフレームがお好きなかたにバッチリです。

Dscn19681 こちらのウエリントンも大きめです。サイズは55□17で、天地幅は40mmあります。

Dscn19661_2 こちらは、48□20の普通サイズのウエリントンです。渋いウエリントンがお好みのかたにどうでしょうか。

こちらにもどうぞ→「ウエリントンフレーム

日本製のメガネフレーム

メガネフレームは、いろんな部品で構成されています。

Dscn19651

フロント、ブリッジ、智、テンプル、クリングス、パッド、ネジなど。

その部品一つ一つが、上手に組み合っていないと、ペケやイマイチのメガネフレームになります。

「上手に組み合わせる技術に優れているのが、日本」なので、当店は日本製品のメガネフレームを多く仕入れます。

信頼できない国のメガネフレームは、仕入れたくありません。

ですから、当店の在庫メガネフレームは、特殊なメガネフレームをのぞいて、98%日本製品です。

国産品にこだわりを持っている店です。

オリジナル商品にもこだわりを持っています。

検査、調整、などにもこだわりを持っています。

ですから、店主もちょっと変わっている人間・・・・。

メガネフレーム選び

陳列棚の柱部分に、鏡をつけました。

Dscn19641

中度や強度近視のかたは、鏡にうんと近づかないと、ご自分の顔が見えませので、うんと近づくことができる場所に鏡を設置したってわけです。
(コンタクトレンズを入れているかたは、たいていは普通の距離で見えます)

しかし、残念ながら中度や強度遠視のかたは、うんと近づいても見えない場合があります。

そんなかたのメガネフレーム選びは難しい・・・と言えます。

もちろん、私たちがフレーム選びのお手伝いはしますが、ご家族のかたなどファッションアドバイスをしてくれるかたと一緒にフレームを選んだほうが、間違いない・・・・と言えます。

メガネが仕上がって、実際にレンズが入ったメガネを掛けると「あれ、私こんなフレームにしたんだっけ・・・」ということがたまにおきますから・・・・。

メガネレンズの加工

当店は、メガネ加工には「アンダーすっきり加工」という技をつかいます。

アンダーすっきり加工」とは、 メガネのレンズ下縁の厚みが目立ちにくくなる特別な技術のことです。

この写真は、右眼(向かって左)の方が普通のエッジングで、左眼(向かって右)の方に「アンダーすっきり加工」が施されています。

Dscn19611

そうすると、普通に加工した向かって左側のレンズに比べて、レンズ下縁の白い全反射がかなり減っており、厚み感が少なくなっていることがおわかりいただけると思います。

<やや上から撮影しています。>

フレームはボストントンメガネで、近視系のかたの度数S-5.25D C-0.75D Ax180を左右に入れた比較見本です。
レンズはどちらも屈折率1.53のガラスレンズです。

メガネのハマヤは、加工、検査、調整、説明は丁寧にします。

しかし、ユーザーを惑わすような、誇大な宣伝はしません。

商売気がないといえばない・・・・かも。

日常用としても使える剣道用メガネ

日常用にも剣道用にも使用できる「グラッツィア」が新登場です。

Dscn18781

特長

1、メガネの横への張り出しが少ないので、面の中に収まります。
(実際にご愛用の面をつけて、必ず確認をしてください)

2、テンプル(腕)が途中から横に広がるので、側頭部への圧迫感が少なく快適な掛け心地です。

3、面紐をしめて、耳が痛くなるときも対応できます。

4、汗に強く、軽いチタン製で、日常用メガネとしても使用できます。

5、2サイズ、各サイズ3カラーの豊富なバリエーション。

ウスカルフレーム「ベイキング」

こちらにご紹介のフレームは、「ベイキング」というウスカルメガネです。
Dscn18851

こころもち柔らかなスクエアカット。
直線的な各部のパーツといい、細かなところのデザインやパーツ選びにこだわり、丈夫で飽きずに長くかけることのできる、安定性の高いウスカルメガネフレーム、

それがベイキングです。

ベイキングは、4色展開です。当店には全色入荷しています。

近視度数が強いかた、そこそこ度数が強いかた。当店は、ウスカルフレームを300本以上在庫していますので、ご来店ください。

丸メガネ「シリング」登場

また、また、ドドドードットとオリジナルフレームが入荷しました。

それだけ仕入れてどうするの・・・・っていうぐらい仕入れました。

まずは、丸メガネのオリジナルフレームの紹介から。

Dscn18751

丸メガネ研究会オリジナルフレーム「シリング」です。

各所のパーツにフレンチクラシックなイメージのものをセレクトして、鉄系の金属の質感を、チタンで再現した渋い風格の漂う丸メガネです。

腕の横方向に掘り込まれた溝がとてもクラシックな雰囲気を醸し出しています。
サイズは日本人男性の一番多いPDをカバーした寸法で、やや大きめの顔にも対応。今までのオリジナルフレームにはなかった41mmの微妙なレンズサイズ。

色は4色展開で、個性的なラインナップとなっております。是非手にとってお確かめ下さい。

理屈はいらん

メガネは、光学的要素、力学的要素、美的要素が満たされてこそ、良いメガネと言えます。

しかし、これらの要素が100%満たされることは、ありません・・・・。

メガネは、どこかが良ければ、どこかが悪くなるという性質のものです。

100%完璧な人間がいないのと同じように・・・・。

ですから、そういうことに関する説明は、できるだけ丁寧にするようにしています。(HPなどで)

しかし、そういう説明をまったく受け付けないかたもいらっしゃいます。

「理屈はいらん!・・・・・」と。

理屈ではなく、説明なのだが・・・・・。

そう言われると説明(そのかたにとっては理屈・・・)をする気力がうせてしまいます。

急成長

「保険金詐取目的で、いの町焼き肉店放火・・・・」ということが高知新聞に掲載されていました。

新聞の記事によると、容疑者が経営する会社には、「急成長いぶかる声」というのもあったそうです。

急成長するには、それだけ経営者の努力があり、それだけの能力も備わっていたのでしょうが、いかんせんその急成長は、はりぼてだったわけです。

やはり、急成長というのは、弊害がある場合が多いです。

成長するのも「ゆっくりと地道に成長・・・」がいいですね。

急成長しているメガネ店にも要注意というところですね・・・・。

共同責任

当店のメガネはお客様と浜田 清と久美の共同作業でお作りします。

共同作業でお作りするということは、当然、共同責任ということになります。

共同責任ということは、

お客様がご自分で選んで購入したメガネに責任を持ち、

そのメガネを責任を持って上手に使う・・・・。ということになります。

それで、もし「どうも具合が悪い・・・」、「どうも使い勝手が悪い・・・」などがあれば、共同作業で解決の道を探っていく・・・ということです。

浜田 清と久美は、責任を持って、検査や調製、接客、説明をしていきます。

できるだけのことはやっていきますが、それでも至らぬ点は多々あると思います。

丁寧にやればやるほど、お叱りを受けることも少なくありません・・・・。

情熱を持って、仕事はしているのですが、情熱が空回りすることもあります。

そんな時も、「共同作業、共同責任」という意識を持って、メガネ作りをしてください。

そうすれば、きっといいメガネに仕上がります。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

最近のトラックバック