« 白内障 | トップページ | パサパ »

瞳孔反応

人間の眼の瞳孔は、散瞳したり、縮瞳したりします。これを「瞳孔反応」と呼んでいます。

瞳孔反応の大きな役割は、網膜に達する光量の調節ですが、他にも近方を見たときは、縮瞳します。これを「瞳孔近見反射」と呼んでいます。

また、心理的要因によっても瞳孔は変化します。

ということは・・・・瞳孔反応は自律神経によって支配されているのですね。

気分良く見たい物を見るときは、散瞳傾向になり、気分が悪く見たくない物を見なければいけないときは、縮瞳傾向になります。

あなたをじっと見つめているかたの瞳孔の大きさは・・・・・。

ただし、心的変化に伴う反応はわずかですから、瞳孔の大きさで、どうこういうことはありません。

« 白内障 | トップページ | パサパ »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 白内障 | トップページ | パサパ »

最近のトラックバック