« 眼鏡学 | トップページ | 当て逃げの嫌疑を・・・ »

調節力について

調節力について」のページを作りました。

調節を知ることは、屈折検査において凄く大切なことです。

たとえば、近視度数を基本度数で調製するのか、やや弱めて調製するのかによって、

遠方視での見え方も違ってくるし、近方視での調節力が変化します。

度数を弱めることによって、調節力が少なくてすむ方向は、眼位(視軸の向き)によっては、良くない場合があります。

だから、しっかりと眼位検査をして、しっかりと調節をコントロールしたほうがいいのです。

« 眼鏡学 | トップページ | 当て逃げの嫌疑を・・・ »

メガネ検査の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 眼鏡学 | トップページ | 当て逃げの嫌疑を・・・ »

最近のトラックバック