« ホワイトカラーの子供枠 | トップページ | 女性のメガネ「ゴッシュ」 »

浜田のハマは

日本国内での眼鏡製作は、17世紀初頭当時唯一の貿易港であった長崎で始まりました。

「長崎夜話草」の記載によると、長崎の住民である浜田 弥兵衛が外国に渡り、眼鏡製作の技術を習得したという。

日本の眼鏡技術は、彼によって伝えられました。 (眼鏡学ハンドブックより)

私と同じ苗字の浜田さんが、日本の眼鏡のルーツというのは、なんだか嬉しいですね。

でも、私の「浜田」は略字で、正式の漢字は「濱田」・・・でもなく「濱」のウ冠の下が眉になっているこの「濵」ハマなんです。

だから、書類に名前がいるときなど、ややこしいのです。

「いえ、そのハマではなく、ウ冠の下が・・・・」と説明しても、「えー、どんな漢字ですか・・・」と言われてしまいます。

それだけみなさん、ハマに興味がないんですね。(あたり前・・・)

弥兵衛さんの正式のハマは、どうなんだろう・・・・。

« ホワイトカラーの子供枠 | トップページ | 女性のメガネ「ゴッシュ」 »

日本の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ホワイトカラーの子供枠 | トップページ | 女性のメガネ「ゴッシュ」 »

最近のトラックバック