« 視力について | トップページ | リドルの逆ナイロール »

眼科とメガネ店の視力検査の違い

眼科での視力検査とメガネ店の視力検査は、同じようなことをやっていても、目的が違います。

眼科は、病気の発見や病気を治すことが仕事ですから、そのために視力検査は「視力が健常に出るかどうか」に主体をおきます。

一方、メガネ店は、眼鏡処方を目的として、視力検査をしていきます。

しっかりしたメガネ店は、快適に掛けられる眼鏡作りのために両眼バランステストや眼位の検査をします。

眼科で、眼位の検査をやっているところが少ないのは、こういう目的の違いがあるからです。

だから、眼科では患者さんが「見えない・・・」と訴えても、「視力が○○出ているから、いいやろ・・・」と言う場合があります。

視力は健常に出ているから問題ない・・・ということですね。

でも、それでは当然患者さんは、納得できないので、当店に相談に来られます。

私は「もう少し人の気持ちがわかってほしいですね・・・」と言います。

自戒もこめて・・・coldsweats02

« 視力について | トップページ | リドルの逆ナイロール »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 視力について | トップページ | リドルの逆ナイロール »

最近のトラックバック