« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

メガネの心取り

単焦点レンズ(遠近両用でないレンズ)でメガネを作る場合、当店では近視のかたが常用のマイナスレンズ(凹レンズ)で作ることが一番多いです。
そのマイナスレンズについて「心取り」といいまして、メガネ調製にはかかすことのできない作業があります。


レンズには光心(光学中心)があります。普通、光心をそのかたのPD(瞳孔中心間距離)に合わせて調製します。この作業を「心取り」と呼びます。

もし、光心とPDが合っていないとどうなるか・・・・。
そもそも眼鏡レンズはプリズムレンズの集合体と言えますから、視線とPDが一致していないとプリズム作用が生じることになります。

プリズム作用が生じると、眼の筋肉がレンズの基底の方向に引っ張られることになります。
すると、眼は両眼の視線を注視点に合わせるために、引っ張られることに逆らうような眼球運動をすることになります。

・プリズム作用により眼の筋肉が外方向(耳側)に引っ張られた場合は、内方向(鼻側)に寄せる筋肉(輻湊力)を働かせます。
・プリズム作用により眼の筋肉が内方向に引っ張られた場合は、外方向に寄せる筋肉(開散力)を働かせます。


この眼球運動は眼の疲れを引き起こす恐れがあります。
また、プリズム作用は空間視の違和感を引き起こすこともあります。

このメガネ調製にとって、もの凄く大事な「心取り」をテキトーにやっているメガネ店もあります。

先日、レンズの注文をお受けしたかたの心取りは、酷かった・・・・。

強度近視(約S-10.00)のかたですけど、光心がPDよりも8mm広く入っていた・・・。

(このかたの眼位は、正常です)

「モノがムワッと見えて気持ち悪い・・・。眼がよる感じがする」と、そのメガネ店に訴えたそうですが、そのメガネ店は「間違っていません。慣れます・・・・」との返事だったとのこと。

な、なんじゃそりゃ!

こんなメガネに慣れたら大変なことになる・・・。眼の筋肉に相当な負担がかかり、眼精疲労が生じ、眼精疲労から不定愁訴を引き起こす恐れがでてきてしまう・・・。

結局、当店で正常な心取りをしたメガネにやりかえることになりました。

メガネは、光学的、力学的、美的要素が満たされていることが大事ですから、そういう点を考慮に入れてメガネ店を選んだほうがいいですね。

AMIPARIS(アミパリ)

AMIPARIS(アミパリ)のページをアップしました。Dscn41751 Dscn41761

アイウェアは日常的なものだから、もっと大切にしたいものが「掛け心地のよさ」。

これを実現するために、フレームの形状から素材の選別まで、アミパリは全工程に携わります。

すべてのユーザーに心地よく使ってもらえるメガネを意識したモノづくりが「AMIPARIS」のこだわりです。

さらにストレスのないフィット感をご提供するフレームの形状や素材にまつわる要素は、「機能美」という名のデザインが軸。

機能性×デザインによって生み出されるアイウェアスタイルで、毎日をより楽しく、オシャレに。

四国では一番・・・

現在、当店の丸メガネの在庫は190本以上あります。Dscn40901 Dscn40881

もうすぐ、200本になります・・・・。

おもえば、丸メガネ研究会に入会し、丸メガネの在庫を強化して数年が・・・。

最初、丸メガネの在庫は50本だったけど、ようやくここまで・・・。

四国では一番の品揃えだろう・・・・全国でもトップ10に入るのでは・・・、いやトップ5ぐらいか・・。

小さな店は、なにかに特化しないとね・・・・。小さな店だから、できるんです。

ウスカルフレーム「オベリス」

Dscn40841 ウスカルフレーム「オベリス」が新登場です。

レンズサイズは、36ミリから42ミリまで自由に作ることができるという『レンズ穴空きタイプ』となります。

このデザイン手法により、ウスカルメガネの中では比較的に横に長いフレームサイズとすることができました。

デザインは女性的で、しかもレンズシェイプはできるかぎりシャープに。

フレームPDのサイズからしますと、これをかける人は主に女性がメインとなりますので、そのため、女性の顔を特に意識した魅惑的な花を思わせるデザインとカラーリングとなっています。

屈折検査の道具

「多面トワール」という屈折検査に使用する道具を作りました。

(考案されたのは、大阪の岡本 隆博氏です)

Dscn40741

この多面トワールなるものは、検査用レンズが8枚入っているので、検査の速度が上がります。

このトワール1本で、

・調節バランスのチェック

・遠方の見え方のチェック

・近方の見え方のチェック

などができます。

当店の屈折検査は、より自然な測定方法「テスト枠で、両眼開放屈折検査」で実施していますから、こういう検査道具はとっても便利です。

ターニングのウエリントン

TURNING(ターニング)のウエリントンが入荷です。

Dscn39541 Dscn39531

ターニングは、職人一人一人が手間を惜しまず、使っていただくユーザーをイメージし、メガネ作りをしています。

ターニングは、眼鏡技術者 眼鏡士 浜田 清がお客様のお顔に丁寧にフィッティング調整をして、完成品になります。

アイパッド

アイパッド3を導入しました。Dscn40541

アイパッドは、主にメガネフレーム選びに使用したり、レンズの見え方のシミュレーションに使います。

便利な道具だと思います。

しかし、予想通り眼が疲れやすい・・・・。

長時間アイパッドを使用するためには、根性がいる・・・・いや、根性ではなく調節力輻輳力が必要だ。

アイパッドで眼が疲れるかたは、当店にご相談ください。

実際に、アイパッドを使用して検査をしていきます。

大人の眼鏡 G4

大人の眼鏡 G4が入荷です。Dscn40051 Dscn40061 Dscn40071

確信がもたらす静穏、そして存在。


自分らしくあるための仕事への情熱と、人生を豊かにするための嗜好へのエネルギー。
どちらが欠けても人生じゃ物足りない。
ファションも然ることながら、小物にこそこだわる、それが自分の知性と感性を主張する手段のひとつでもあるかのように。

そんなスタイルをもつ男たちに納得のいく、繊細にして雄弁なアイテム、G4

それはモノを見る道具でありながら、目元から個人の生き方さえ語ってしまうセンシュアルなもの。
惜しみなく力を凝縮させた繊細フォーミュラ。素材、フォルム、ディティールへのこだわりは、培われた男の魅力と自信に共鳴するに違いない。

そんな大人の眼鏡です

安売り店との違い

「安いメガネがあるけど、あれはどうなの・・・・」と聞かれることがあります。

「安いメガネは、安いなりのもんです・・・」って答えるのは楽でしょうけど、当店は丁寧にお答えします。

まず、メガネはメガネ店で完成品になる商品です。メガネを作る人間(技術者)によって精度が変わるという商品です。

これが、大前提です。

すなわち、メガネの価値は技術者次第・・・・といっても過言ではありません。

当店の技術者 「浜田 清」は眼鏡専門学校を卒業した、眼鏡士30年以上のベテランです。

眼の検査に関しては、眼の視機能のことを考慮に入れて、両眼開放屈折検査を実施しています。

必要なかたには、視機能トレーニングのアドバイスもしています。

フィッティング調整に関しては、光学的、力学的、美的要素が満たされるように、丁寧にじっくりとフィッティングしていきます。

フレーム、レンズ選びに関しては、メガネサイズ、度数、ご予算、などに応じて適切なアドバイスをいたします。

当店のメガネフレームは、95%日本製です。

アフターケアに関しては、浜田 清が責任を持って行っていますし、3代目も控えています。

そもそも安売り量販店と当店とでは経営理念(考え方)がまったく違います。

販売優先か技術優先か・・・

これ以上書くと長くなりそうなので・・・・

リドルの新色

RIDOL(リドル)の新色が入荷です。

Dscn40261

チタンプレート材使用モデルの特徴である、フラットな質感のフロント側面にカラー溝ライン加工を施すことで、3枚のプレートを重ねたようなモダンでクールな雰囲気を演出するフレームとなっている。

丁番削り出しのスパルタ構造のテンプルにも、フロントからの流れで側面ラインを施しているが、ライン部は厚みがありしなりが出ない為、装着感を重視する意味でライン部分は途中までとし、プレスバネ部を設けた。

レンズシェイプは、55㎜ と若干大きめのスクエアスタイル。 素材は純チタンを使用。表面処理はメッキ強度に優れた純パラシウムのダイレクトメッキ並びにイオンプレーティングを使用。

パットは体温によって柔らかくなることで、形状が掛ける人の鼻にフィットし、なおかつ40以下の温度で形状を保持する形状記憶樹脂を用いたものを採用している。

携帯ラジオを自転車に

自転車(MTB)に、自転車用携帯ホルダーを取り付けました。

でも、携帯電話は、取り付けていない・・・・。

取り付けたのは、携帯ラジオです。Kc3p0024

ラジオを聴きながら、山道をのんびり走る・・・それが私のサイクリングスタイルです。

猿君や雉君、猪君にも時々、遭遇する。

猿君は、恥ずかし屋さんで、目を合わすこともなく、たいていは、山に入っていく。

猪君は、勝気な性格らしく、こちらをギッと睨んでくることがある。

そんな時は、こちらも睨みかえす・・・・。でも、ちょっと怖い。

雉君は、悪いこともしていないのに、直ぐに全速力で逃げてしまう。

ついていくのは、桃太郎だけか・・・。

快適な偏光調光レンズ

偏光レンズと調光レンズが合体したレンズ「ドライブウェア」。

このレンズ、実際に私がサイクリングやドライブに使用しています。

私は、主に山道をサイクリングしていますから、木陰などの暗くなるシーンも考えてサングラスを選ばないといけないのですが、ドライブウェアだと、紫外線や可視光線に応じてカラーや濃度が変化するので、とっても快適にサイクリングができます。

ギラツク眩しい光線も偏光機能があるので、抑制してくれます。

釣り、ジョギング、テニス、などのスポーツにも快適です。

視力に合わせて度付き対応ができます。

私は、遠近両用レンズのドライブウェアを使用しています。

Dora11 ←屋内、車の中、薄暗いところでのカラー

Dora21 ←屋外、紫外線の強いところでのカラー

可視光線に反応する調光レンズ

紫外線が強くなる季節になりました。

紫外線は、目にダメージをあたえるだけではなく、自律神経が乱れる原因の一つにもなります。

太陽の光に合わせて、レンズ濃度が変わる調光レンズで、眼を保護し、健やかな視覚を保ちましょう。

調光レンズには、紫外線に反応して濃度が変化するタイプと、紫外線と可視光線に反応して濃度が変化するタイプがあります。

可視光線にも反応するタイプは、車の運転時でも中程度の濃度に変化します。

Dscn40101 ←屋内では、薄いグレーが

Dscn40111 ←屋外では、濃いグレーに

Dscn40121 ←これだけ、濃度が変化しています。

車の中や、薄曇りの日には、中程度のグレーになります。

POP

POPを作りました。Dscn40091

今の時代は、パソコンでキレイなPOPが作れますから、楽なもんですね・・・。

このPOPは、名刺サイズで作っています。

カードは、エーワンを使用していて、エーワンのHPから「ラベル屋さん」をダウンロード(無料)すると、用紙のサイズに応じて、POPを作ることができます。

エーワンのカードは、文房具屋さんで購入できます。

ご近所の文房具屋さんでどうぞ・・・・。

セールはしない

「おたくは、セールはいつやるの・・・」って、時々聞かれますけど、当店はセールをやる予定はありません。

理由は
①一度に沢山のお客様がご来店になられても、眼鏡技術者は浜田 清一人しかいませんので長時間お待たせすることになるからです。

都会の人は待つことに慣れていますから平気かもしれませんが、高知ではそうはいきません。
出来るだけ、お待たせしないように配慮はしていきますが、それでもどうしても込み合うときがあります。
お一人お一人に丁寧に仕事をさせていただきますので、どうしても時間もかかります。
ご了承ください
お時間にゆとりを持ってご来店ください。

②「セール」はもろ刃の剣だと思うからです。

技術を売るメガネ店にとってセールをして売上が一時的に上がったとしても、本質的なものを見失うおそれもあります。
売上競争をして、本質を見失っているメガネ店がどれほど多いことか。
やはり、本質競争をしないと世の中良くなりません。と、思います。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

最近のトラックバック