« ドライブウェアサングラス | トップページ | 青色カットレンズ »

メガネの水平

メガネを平らな上に置き、この部分を指で軽く押さえてみます。Dscn44011

左右でガタツキがなければ、テンプル(腕)の角度は左右でほぼ水平です。(フロントの捻じれがない場合)

左右で耳の高さが違うかたの場合、左右でテンプルの角度を調整していきます。

右のテンプルを上げたり、下げたり、

左のテンプルを上げたり、下げたり、

メガネの使用目的などにより、前傾角を適切にフィッティング調整していきます。

このフィッティング調整は、「メガネにとっては命・・・」と言えるものです。

フィッティング調整が、不適切だとメガネ調製の3要素、光学的、力学的、美的要素が満たされなくなります。

フィッティングのことを必ず考慮に入れて、メガネ作りをしてください。

適切なフィッティングをしない、できない店も多いですから・・・。

« ドライブウェアサングラス | トップページ | 青色カットレンズ »

フィッティング調整の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドライブウェアサングラス | トップページ | 青色カットレンズ »

最近のトラックバック