« 抑制5 | トップページ | 耳までの奥行きは、左右で違う »

当店はより自然な検査をしています

私は眼の検査をするときは、必ずお客様の表情を見ながら検査をしています。

だから、この検査道具(ビジョンテスターと呼んでいます)Dodo11 を使用して、検査することはほとんどありません。

だって、ビジョンテスターでの検査は、お客様の表情がわからないですからね。

これは大きな欠点だと思います。

また、この検査道具は筒の中を覗きこむような検査になり、日常とは違う不自然な検査になります。

テスト枠で検査した日常視に近い自然な検査方法とは、違うデータ(度数)になりやすいです。

つまり、ビジョンテスターでの検査結果は信頼できないということですね。

私自身、この道具で検査されるのはキライなので、自分がキライなものはお客様にもしたくないのです。

詳しくは『こちら

ただ、ビジョンテスターは、融像力の検査がやりやすいというメリットがあります。

だけど、どうもビジョンテスターで測定した融像力も信頼できない・・・・ように感じます。

当店は、より自然な検査方法、「テスト枠で、両眼開放屈折検査」を実施しています。

« 抑制5 | トップページ | 耳までの奥行きは、左右で違う »

メガネ検査の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 抑制5 | トップページ | 耳までの奥行きは、左右で違う »

最近のトラックバック