« 店舗の看板 | トップページ | 昼と夜では・・・・ »

融像とは

左右の眼の網膜に映った像を一つにまとめて、単一視する機能を「融像」といいます。

融像には両眼の網膜像を融合し単一視するための感覚性融像と、感覚性融像を可能にするために両眼の眼位を整えて単一視を維持するために行われる運動性融像があります。

Haimage21

片眼を遮蔽しますと、眼位(視軸の向き)が通常変化します。
片眼を遮蔽した眼位を「融像除去眼位」といいます。

単眼と両眼では眼位が変化するのですが、輻輳力、調節力も変化します。
(瞳孔の大きさも変化します)
つまり、眼位、融像、輻輳、調節は連動しているということです。

融像除眼位での単眼視検査は、単眼の屈折度を得る(矯正視力が正常かどうかなど)ためには、必要な検査です。
(眼科においては、その眼の最高視力を知ることが診断の一環として重要ですから必須の検査です)

しかし、メガネは両眼で日常視しているときに使うものです。
メガネ調製をする場合には、日常視と違う状態で測定する単眼視検査よりも、日常視に近い両眼を開けたままで右眼、左眼の屈折検査を行う「両眼開放屈折検査」が実効性の高い方法です。

詳しくは『こちら』にどうぞ。

« 店舗の看板 | トップページ | 昼と夜では・・・・ »

メガネ検査の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 店舗の看板 | トップページ | 昼と夜では・・・・ »

最近のトラックバック