« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

来年もよろしくお願いいたします

今年の営業は残すところ、本日(28日)と明日(29日)の二日になりました。

今年もいろんなかたとの出会いがあり、勉強になることが多々ありました。

また、一歩前進できたような気がします。

オリジナル枠に関しましては、

丸メガネ

ウスカルメガネ

大きいメガネ

と益々充実した在庫になってきました。

四国では一番の品揃えです。(というか、オリジナル枠の販売は、四国では当店のみです)

浜田 清に関しましては、

年末にサイクリングで転倒する恒例のアクシデント?があり、今年の落ちをつけました・・・。

浜田 久美に関しましては、

年末に白髪染めをして黒くなり、来年も浜田 清との白黒コンビで頑張る決意です・・・。

来年もよろしくお願いいたします。

跳ね上げスポーツメガネ

スポーツ用跳ね上げメガネの入荷です。

Dscn49411 Dscn49421 Dscn49431 Dscn49441

この跳ね上げスポーツメガネは、

・レンズにカラーレンズを入れて、屋外ではサングラス、屋内では普通のメガネ

・近視のかたが、近見は裸眼で物を見る

・近視系のかたが、遠近両用レンズを入れて、近見は裸眼で物を見る

などの使い方ができるスポーツメガネです。

野球、テニス、バドミントン、サイクリング、卓球、フィッシングなどのスポーツに向いています。

日常用のメガネとしてもお使いいただけますので、便利です。

高知は寒い・・・?

今日も寒いです。

高知は、南国だけに「暖かい・・・・」というイメージがあるかもしれませんが、山国でもあるから寒い地域は、それなりに寒いのです。

当店は、遠隔地からのお客様もご来店いただけるのですが、昨日ご来店された本州からのお客様も「高知も寒いですね・・・○○県よりも寒いですよ」とおっしゃっていました。

ま、それでもやはり高知の日差しは暖かいです。

風がなくて、日差しのある日中は猫もにゃんともいい気持ちで日向ぼっこをしています。

ま、でも猫は毛皮を着ていますからいいのですが、人間のみなさまは高知に来られるときは、寒いことも想定して、暖かい服装で起こしください。

年末は、29日(土)までの営業です。

30日(日)~1月3日(木)まで、正月休みをいただきます。

自律神経の乱れ

斜位のあるかたは、自律神経が乱れるかたも少なくありません。

特に、上下方向の斜位があるかたは、乱れやすいです・・・。

それは、人間の眼の融像力は上下方向には弱いからです。

弱い方向に眼位ズレがあると、融像力に過大な負担がかかり、過大な負担が自律神経を乱していきます。

先日、右眼上斜位の矯正をしたかたに、本日ご感想をいただきました。

「メガネを掛けだして、よく眠れるようになった。具合がいいです」とおっしゃっていただきました。

よかった。よかった。

こういふうに、結果がでると、本当に嬉しいです。

だけど、上手くいかない場合もあるので、その時は落ち込みます・・・。

ま、なんでも「100%よい・・・」ということはないので、その結果を仕事に活かすしかありません。

  斜位とは

潜在的な視線のズレで、両眼視をしている間はこの視線のズレは観察されません。斜位の方向に対して眼の筋肉(融像力)をつかって正位の位置まで戻されています。

顕在的な視線のズレは斜視と呼ばれています。

こちらにもどうぞ→「眼が疲れるかたのメガネを上手に合す知恵

丸メガネ クラシコ42

丸メガネ研究会オリジナルフレーム「クラシコ 42」の登場です。Dscn49501

「丸メガネ研究会」の丸メガネシリーズでも、特別にクラシックなイメージを強く持つ、本格派で伝統的な雰囲気の高級丸メガネフレームです。

鼻あてには、伝統的な、鼻パッドなしの一山タイプと呼ばれる、鼻パーツを採用。

腕のパーツ選びも、高級感あるクラシックを意識しています。

クラシコ42 の縄手テンプルも同時発売です。

Dscn49561
腕は伝統的なメガネに見られた、ケーブルタイプと呼ばれる、丸みを帯びた腕をチョイス。

別名「縄手(なわて)」とも呼ばれるこの腕は、ヨーロッパの国々で古来、
一部のメガネに見られた腕のスタイルです。

こちらにもどうぞ→「丸メガネ

カメレオンクリーナー

カメレオンクリーナーの入荷だよ。

Dscn49451

メガネを拭くときは、舌が出ちゃうよ。

Dscn49461

しっぽを引くと、口の中にスッポリと・・・・。

キーホルダー&スマートフォンのイヤホンジャクに装着ができちゃうよ。

はっぴゃくよんじゅーえんだよ。

子供用セルフレーム

子供用セルフレームが入荷です。

Dscn49301 Dscn49311 Dscn49321 Dscn49121 Dscn49131 Dscn49141 Dscn49151

子供用セルフレーム(日本製)の品揃えも、益々充実してきました。

当店は子供用フレームは、300本以上在庫しています。

お子様の視生活は、とても大切なものです。安易な価格訴求に惑わされないように、真剣に店選びをしてください。

・子供用メガネをサイズ、デザイン、種類などを豊富に品揃えしているか

・適切なフィッティング調整をしてくれるか

・丁寧な説明をしてくれるか

・アフターケアはしっかりしているか

などが大事ですから、そういうことを優先的にお子様のメガネを考えてあげてください。

ターニングのウエリントン、ボストンフレーム

ターニング」のボストン、ウエリントンフレームが入荷です。

Dscn49261 Dscn49271 Dscn49281 Dscn49291

当店は、ターニングは積極的に仕入れています。

それは、日本のメガネ産地「福井県 鯖江市」の眼鏡職人が生産している商品だからです。

ターニングは小規模なメーカー生産ながら「職人が作るかけごこちにこだわったメガネフレーム」として評価されています。

もちろん、私も大好きなメーカーですから、今後とも応援していきます。

日本のメーカー頑張れ!

βチタンのボストンフレーム

ボストンセルフレームの入荷です。

Dscn49241 Dscn49251

テンプルは、βチタン仕様です。

βチタンは、軽くてしなりのある丈夫な金属です。

錆にも強いです。

このボストンフレームは天地幅が39mmありますから、遠近両用メガネ、中近両用メガネ、近近両用メガネを入れるのに適しています。

お顔が柔らかい印象になるボストンフレームは、イメージアップに貢献できます。

痛いサイクリング

いの町、新之丞の碑までサイクリング。

Sinnozyou Sinnozyou1

ここからの眺望は抜群で、いの町内、高知市、太平洋まで見渡すことができます。

新之丞に関する言われは、このかたのブログに詳しく書かれています。「土佐七色の里への旅

新之丞の碑の近くには「うば屋敷跡」の石碑があります。Uba

天気もよく、快適なサイクリングが楽しめました・・・・が、悲劇がまっていた。

帰り道、道路が凍っていた・・・そのことに気がつかない・・・転倒・・・顔面、肩、手首を強打・・・唸る・・・激痛・・・トホホホ・・・

ま、骨折もしていないし、自転車も無事だったので良しとしましょう

昔風&今風

貴重なサーモンとフレームが入荷しました。

Dscn49051

なぜ、貴重か。

金張りで、サイズが42□16、44□16。婦人用。

昔風のこんなサーモンとフレームを作る日本のメガネメーカー皆無に等しいから・・・。

当店は、昔風のサーモンフレームや、昔風のボストン、ウエリントンフレームを仕入れ(収集)ています。

昔の日本のメガネフレームはいいですね。

もちろん、今風の日本フレームもいいのですが、当店の方向性に合わないフレームが多くなった・・・。

やはり、私は昔風の眼鏡士・・・・。

安物買い

今日の高知新聞に「安物買い」という見出しのコラムが掲載されていました。

「まさかとは思うが、国全体が安かろう悪かろうになってはいないだろうか・・・」と憂えている内容でした。

なぜ、ライターさんはそう感じたか・・・・。

6千円で購入した腕時計が1年で動かなくなったり、安いモデルのマウンテンバイクがすぐにサビ始め、次々とガタがきて、調子が凄く悪い。

そのどちらもが、日本の大手企業の製品だったとのこと・・・。

「日本の企業は、良質の製品だけを作ってほしい・・・」という気持ちは分かるのですが、日本企業も生き残るために、中国製などの廉価商品の攻撃に立ち向かっていかなければいけないので、そういう商品を作らざるを得ないのでしょう。

だけど、こういうことをしている企業は自分で自分の首を絞めることになる面もあるように思いますけどね・・・。

良い商品にはそれなりのコストがかかり、商品価格に反映されるのですが、まさかとは思うのですが、ライターさんは「良い商品をより安く・・・」とは思っていないでしょうね。

ライターさんはご自身のことを「安物買いの銭失い」と認めておられますが、まさかとは思うのですが、価格訴求広告に惑わされずに、日本の企業のためにも今後そういう買い物はしないでしょうね。

まさかとは思うのですが、「中小企業よりも大手企業のほうが良い商品を造っている・・・」とは思わないでしょうね。

まさかとは思うのですが、メーカー宣伝、マスコミ報道、新聞記事を鵜呑みにしていないでしょうね。

ま さ か・・・・。

遠近両用メガネでパソコン作業・・・

「今の遠近両用メガネ、、パソコン作業の時は、顎を上げぎみにしたほうが画面が見やすいんだよね・・・」と思われているかたに。


メガネのパッド(鼻当て)を交換してみませんか。

垂直に上下する「VCパッド」なら、あまり顎を上げなくてもパソコン画面が見やすくなります。
(パッドを下に下げることにより、メガネ本体が上がります)

こちらにもどうぞ→「遠近両用メガネは、パソコン作業に好適か?

通常使用の時は、VCパッドは上げてお使いください。

Vcpa1 Vcpa11

白内障

本来は透明なはずの水晶体が混濁し、眼内に入る光の量を減少させ、視力を低下させる。

これが白内障です。

白内障が発症すると、日常生活に支障が出てきます。

現在、白内障の根本的治療は、濁った水晶体部分を取り除く手術だけです。

ですから、視力を回復するには手術・・・・ということになるのですが、すべての人が手術をして満足しているわけではありません。

当店のお客様で「手術はしなければ、よかった・・・」と後悔しているかたも、少なくありません。

「手術をして、かえって具合が悪くなった・・・」と嘆かれるかたもおられます。

こういうことは、マスコミ操作なのかどうかあまり表にはでないですが、事実です。

また、術後のかたに、眼位ズレ(斜位)が発生するかたがおられます。

原因としては「水晶体嚢の収縮」や「眼内レンズの支持部の変形」、「眼内レンズがキッチ

リ入っていない」などによる眼内レンズの位置ズレがあります。

斜位になると、斜位の程度や斜位の方向などにより、
・モノが時々二重に見える。
・焦点が合わせづらくなる。
・根気がなくなる。
・首、肩コリが強くなる。
・車の運転が怖くなる。
・近業時に不快感が出てくる。
などの症状がでてくる場合があります。

これらの症状がでてきた場合、眼は脳の出先機関ですから、脳にも悪い影響を及ぼします。
ということは、全身にも影響を及ぼします。

しかし、残念ながら眼科で斜位の検査を丁寧にしているところは少ないのが現状です。

術後に「良く見えるのですが、なんだか具合が悪い・・・」と訴えても、眼科からは「白内障手術は問題ありません」と気のせいで片付けられることもあります。

「斜位は矯正しない・・・」とお考えの眼科もあります。
つまり、生活的に支障があっても医学的には「白内障手術は上手くいって、視力は良くでて、片目、片目では問題ない」ということです。

こちらにもどうぞ→「白内障術後のメガネ

白内障の多くは加齢によって起こるので、避けて通ることはできませんが、こういうデメリットもあるということを知っておいてください。

深視力には高い視機能が必要

深視力を必要とされるかたは、高い(上質の)視機能を要求されます。

高い視機能は、両眼視が確立されていて、かつ滑らかな眼球運動ができないといけません。

滑らかな眼球運動は、眼位(視軸の向き)異常があると、滑らかにできない場合があります。

眼位異常は、屈折異常(遠視、近視、乱視)などから発生することもあります。

また、深視力は視力も大事ですから、高い視力を保つ努力をしないといけません。

高い視力を保つには、

・紫外線や強い光から眼を守る

光によって発生する活性酸素が、眼の老化を促進すると考えられるから

・禁煙をする

喫煙は脈絡膜循環に影響を与え、また血中のカロテノイドを減少させるため

<深視力が必要とされるかた、もしくは将来深視力が必要な職業に就く可能性のあるかたは、視機能のことを考慮に入れてメガネ作りをしてください>

本当は、普通免許でも視機能のことを考慮に入れるべきですけどね・・・・。

そうすれば、少しでも交通事故は少なくなると思います。

偏光カーバイザー

メガネのハマヤはこの季節、太陽の光が店内に入り込みます。

その光線は、床に反射してもの凄く眩しいです。Dscn48691

こういう反射光は、眼を痛める原因になります。

もちろん、そういう光線を見なければいいのですが、車の運転はそういう訳にはいきません。

眩しくても、前方を見ていないと事故になりますからね。

眩しい光線から眼を守るには

偏光サングラスを掛ける

偏光クリップオンサングラスを掛ける

などの方法がありますが、「偏光カーバイザー」をつける方法もあります。

Dscn48701

・メガネを掛けるのはイヤ

・偏光サングラスなどは持っていない・・・

かたにおすすめです。

7800円

不同視

左右で屈折度数(遠視、近視の度数)が大きく異なっているものを不同視といいます。

不同視のかたのメガネで大きな問題は、レンズの「プリズム誤差」が生じて疲れやすくなるということです。

プリズム誤差とは
そもそも眼鏡レンズはプリズムレンズの集合体と言えます。
レンズの光学中心(光心)以外でモノを見ると、レンズのプリズム作用が生じてしまいます。
この場合、プリズム作用が生じたとしても、左右が同程度の度数であれば、左右眼ともにほぼ同じ量のプリズム作用が生じてきますので通常は問題になることは少ないです。
しかし、左右差のある不同視眼ですと、左右で生じるプリズム作用が大きく異なってきます。
この誤差を「プリズム誤差」といいます。

不同視のかたは、不同視のことを熟知している眼鏡技術者にメガネ作りを依頼されたほうがいいです。

安直に「これぐらい度数差があると、メガネでの調製は難しい・・・・」と教科書的なアドバイスは適切とはいいきれません。

不同視のかたでもそれぞれタイプがあり、人さまざまですから。

プリズム誤差が大きくても、案外平気なかたもいます。

それは、そのかたのメガネ経験歴や、メガネの使い方に左右される場合もあります。

また、不同視のかたはメガネフレーム選びも重要で、できるだけ頂間距離(レンズと角膜の距離)が短く設定(調整)できるフレームがいいです。

短く設定できるフレームは、「U字クリングス」のほうが有利です。


作業用メガネ

作業用メガネが入荷しました。

Dscn48632

Dscn48602 Dscn48612 Dscn48621

・眼の保護と安全に
草刈り等あらゆる農作業に
グラインダー作業に
塗装作業に
花粉の防止に

カラーは、4色         1,570円

・耐衝撃性にすぐれたポリカーボネート素材を使用。

・紫外線をカットします。(UV380)

・深いレンズカーブで、眼や顔をピッタリ覆い保護します。

・軽量 約28gです。長時間使用でも気になりません。

・世界のサングラス規格に合格しています。

CW-Xタイツ

サイクリング用に、サポートタイツを購入しました。

「CW-X スタビライクスモデル」というタイツです。Dscn48661

で、サイクリングに使用してみましたが、ずり下がってきて、とても具合が悪い。

原因は、サイズ選びの失敗・・・・もある。

私の体重、身長ではSサイズのほうがよかったのですが、試着もして、その場では「Sサイズでは、ちょっと窮屈かな・・・」と思ってMサイズに決定してしまった。

それと、このスタビライクスモデルの「保温タイプ」も持っていて、それはMサイズで問題なかったのです。

それで、「Mサイズでいいのだ・・・」ということが、頭に刷り込まれていたのでしょう。

でも、実際にサイクリングに使用してみると・・・・・。

今回の失敗で、こういう機能性タイツは「サイズ選びが重要」ということを学びました。

また、同じモデル、同じサイズでも「素材が違うと、サイズも変わる」ということも学びました。

ま、それは当たり前のことかも知れませんが、素人とはこんなもんです。

CW-Xタイツそのものはいい商品だと思いますので、メーカーさんには販売方法を検討していただきたい・・・と思います。

機能性タイツに熟知している販売員のアドバイスがあれば、今回の失敗はなかったでしょうからね。

サイクリングにCW-Xタイツの購入を検討しているかたの参考になれば幸いです。

維新号

今日は、いの町商店街がとっても賑やかです。

いつものひっそりとした日曜日とは全然違います。

「によどがわ七色ロード」のイベントをやっているからですね。

明治時代の電車を復元した「維新号」もやってきました。

Dscn48641

維新号は、子供の乗客などでいっぱいです。

維新号 できればいつも 来てほしい

深視力検査を熱心にやっているメガネ店

当店は、深視力用のメガネをお作りしています。

当店の提唱する深視力用メガネとは、視力、視機能を詳しく測定して、深視力検査に合格するように、かつ車の運転が安全にできるように調製するメガネの事です。

高い深視力は、良質の視機能を維持していくことも大切ですから、視機能に関するトレーニングのやり方もアドバイスいたします。(眼位によっては、トレーニングの効果がない場合もあります)

また、日ごろから眼の健康に留意していただけるように、紫外線や眩しい光線から眼を守る深視力用メガネもお勧めしています。

「視機能検査を詳しく測定して・・・・深視力用メガネ」というのは、眼科は苦手な分野です。

それは、眼科は病気を治すことがメインだからです。

病気ではなく、手間暇がかかり、経験が必要とされる深視力までは手が回りません。

「あなたは、深視力はダメ!」とキッパリ言いきる眼科もあります。

ですから、「眼科へ行っても深視力がダメだった・・・・」というかたが、来店されます。

「深視力検査を熱心にやっているメガネ屋さんに相談してください」と言ってくれればいいんですけどね・・・・。

いや、できればもっと具体的に「深視力検査を熱心にやっているのは、高知のメガネのハマヤです」と言ってほしい・・・・

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

最近のトラックバック