« 丸メガネ クラシコ42 | トップページ | 高知は寒い・・・? »

自律神経の乱れ

斜位のあるかたは、自律神経が乱れるかたも少なくありません。

特に、上下方向の斜位があるかたは、乱れやすいです・・・。

それは、人間の眼の融像力は上下方向には弱いからです。

弱い方向に眼位ズレがあると、融像力に過大な負担がかかり、過大な負担が自律神経を乱していきます。

先日、右眼上斜位の矯正をしたかたに、本日ご感想をいただきました。

「メガネを掛けだして、よく眠れるようになった。具合がいいです」とおっしゃっていただきました。

よかった。よかった。

こういふうに、結果がでると、本当に嬉しいです。

だけど、上手くいかない場合もあるので、その時は落ち込みます・・・。

ま、なんでも「100%よい・・・」ということはないので、その結果を仕事に活かすしかありません。

  斜位とは

潜在的な視線のズレで、両眼視をしている間はこの視線のズレは観察されません。斜位の方向に対して眼の筋肉(融像力)をつかって正位の位置まで戻されています。

顕在的な視線のズレは斜視と呼ばれています。

こちらにもどうぞ→「眼が疲れるかたのメガネを上手に合す知恵

« 丸メガネ クラシコ42 | トップページ | 高知は寒い・・・? »

メガネの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 丸メガネ クラシコ42 | トップページ | 高知は寒い・・・? »

最近のトラックバック