« 深視力には高い視機能が必要 | トップページ | 遠近両用メガネでパソコン作業・・・ »

白内障

本来は透明なはずの水晶体が混濁し、眼内に入る光の量を減少させ、視力を低下させる。

これが白内障です。

白内障が発症すると、日常生活に支障が出てきます。

現在、白内障の根本的治療は、濁った水晶体部分を取り除く手術だけです。

ですから、視力を回復するには手術・・・・ということになるのですが、すべての人が手術をして満足しているわけではありません。

当店のお客様で「手術はしなければ、よかった・・・」と後悔しているかたも、少なくありません。

「手術をして、かえって具合が悪くなった・・・」と嘆かれるかたもおられます。

こういうことは、マスコミ操作なのかどうかあまり表にはでないですが、事実です。

また、術後のかたに、眼位ズレ(斜位)が発生するかたがおられます。

原因としては「水晶体嚢の収縮」や「眼内レンズの支持部の変形」、「眼内レンズがキッチ

リ入っていない」などによる眼内レンズの位置ズレがあります。

斜位になると、斜位の程度や斜位の方向などにより、
・モノが時々二重に見える。
・焦点が合わせづらくなる。
・根気がなくなる。
・首、肩コリが強くなる。
・車の運転が怖くなる。
・近業時に不快感が出てくる。
などの症状がでてくる場合があります。

これらの症状がでてきた場合、眼は脳の出先機関ですから、脳にも悪い影響を及ぼします。
ということは、全身にも影響を及ぼします。

しかし、残念ながら眼科で斜位の検査を丁寧にしているところは少ないのが現状です。

術後に「良く見えるのですが、なんだか具合が悪い・・・」と訴えても、眼科からは「白内障手術は問題ありません」と気のせいで片付けられることもあります。

「斜位は矯正しない・・・」とお考えの眼科もあります。
つまり、生活的に支障があっても医学的には「白内障手術は上手くいって、視力は良くでて、片目、片目では問題ない」ということです。

こちらにもどうぞ→「白内障術後のメガネ

白内障の多くは加齢によって起こるので、避けて通ることはできませんが、こういうデメリットもあるということを知っておいてください。

« 深視力には高い視機能が必要 | トップページ | 遠近両用メガネでパソコン作業・・・ »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 深視力には高い視機能が必要 | トップページ | 遠近両用メガネでパソコン作業・・・ »

最近のトラックバック