« どちらの検者に | トップページ | メガネの通販 »

眼鏡技術者

調製度数(実際に作る度数)をどうするか・・・は、お客様次第なのですが、

「A度数だと、こうなり、B度数だとこうなります。私はA度数をおすめします」と調製度数候補を提示するのは、眼鏡技術者の役目です。

眼鏡技術者の考え方で、おすすめする度数はそれぞれですが、大きく二つに分けますと、

①無難な度数をすすめる

②将来的なことも考慮に入れた度数をすすめる

になります。

眼鏡技術者の考えを優先するならなら②の度数を、眼鏡販売者の考えを優先するなら①の度数をおすすめるでしょうね。

②をおすすめるのは勇気と覚悟がいるし、説明努力を必要とします。

クレームになる確率も高くなります・・・・。

目先の事を考えれば、①なんです。

クレームになる確立も低いし、無難な度数は交換時期も早まる可能性が高くなります。

販売者なら迷わず①です。

で、私は②の度数を提示することが多いので、クレームもあるけどそれ以上に喜んでいただける確率も高くなっています。

眼鏡技術者冥利につきる・・・って

« どちらの検者に | トップページ | メガネの通販 »

メガネ検査の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« どちらの検者に | トップページ | メガネの通販 »

最近のトラックバック