« リドルの新製品 | トップページ | 昭和37年 町民祭 »

お子様は、子供用メガネを・・・。

メガネには、サイズの表記があります。(たいていは、テンプル(腕)にあります)

「42□16」と書かれているのは、玉型が42mm、鼻幅が16mm、のことです。

メガネ選びは、このサイズを参考にPD(瞳孔間距離)やお顔の大きさに合わせて適切なサイズをお選びください。

特にお子様のメガネは、慎重にお顔に適切なメガネサイズを選んであげてください。

小学生低学年までのお子様の場合、

玉型は、36mm~46mm、鼻幅12mm~16mm、のサイズが一般的です。

これ以上大きいサイズ、たとえば48□17などは、一般的に大人用サイズになってきます。

ですから、小さなお子様がこのサイズのメガネを掛けますと、お顔の大きさにもPDにも合わない場合が多いです。

しかし、そんなことはおかまいなしに大人用サイズメガネをお子様に販売するメガネ店があります。

当然、メガネはブカブカですから、ズリ落ちてきやすくなるし、光学中心の適切な位置を保つことが難しくなります。

メガネは、光学製品ですから、これではダメです!

« リドルの新製品 | トップページ | 昭和37年 町民祭 »

子供用メガネの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リドルの新製品 | トップページ | 昭和37年 町民祭 »

最近のトラックバック