« レーシック難民 | トップページ | いちじく »

上手い話には、訳がある

『近視矯正手術は、健康な目が病気の目になる恐れのある手術です。

それは、それは、怖い手術で、人生を棒にする可能性があります。

あなたは、それでも受けますか!』

ぐらいに言っておかないと、安易に手術を考えている人の多いこと・・・・。

「手術をすると、メガネやコンタクトレンズの煩わしさから解放され、快適な視生活が送れます・・・」なんて、宣伝文句を信用して。

上手い話には、訳がある・・・って考えないといけませんね。

メガネがいらないどころか、手術をしたがために、眼位ズレが発生し、夜間の視力低下、チラツキ感も発生し、メガネなしでは生活できなくなることがあります。

それでも、メガネで矯正できるかたは、マシなほうで、矯正不可能のこともあります。

絶対に、上手い話に乗るのはやめましょう。「医師が言っているから大丈夫・・・」なんてことはありませんから。

近視手術に関して、「レーシック難民を救う会」のかたたちが行政に働きかけているようなので、近々、なんらかの動きがあるかも知れません。

« レーシック難民 | トップページ | いちじく »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« レーシック難民 | トップページ | いちじく »

最近のトラックバック