« 両眼開放屈折検査 | トップページ | 今年の営業は、今日で終わりです。 »

モノビジョン矯正

「モノビジョン」と呼ばれている矯正方法があります。

これは、右眼と左眼で、視距離を違えて矯正する方法です。

たとえば、右眼では遠方を見やすく、左眼では近方を見やすくします。

「単焦点レンズで、遠近両用メガネのような使い方ができる」という特徴があります。

しかし、右眼で遠方を見やすくした度数では、近方はハッキリと見えていません。

左眼では、遠方がハッキリと見えません。

すると、遠近感などの視機能に問題が起こる恐れがでてきます。

視機能に問題が起きると、眼位ズレ(斜位)が発生しやすくなり、

眼位ズレが発生すると、眼精疲労が起きやすくなります。

眼精疲労が生じると、脳に問題が起こる恐れがでてきます。

脳に問題が起きると・・・・・・。

ですから、モノビジョン矯正は「できれば、しないほうがいい・・・」のです。

しかし、不同視 のかたなどで、遠近両用メガネが使えないかたには、モノビジョン矯正は有効な場合があります。

その場合は、メリット、デメリットを天秤にかけます。

ご注意いただきたいのは、「レーシックで、モノビジョン矯正をしませんか・・・」って、すすめられた場合。

やめたほうがいいです!

レーシックは危険だし、レーシックでのモノビジョン矯正が具合が良くなる確率は低いと思いますから。

« 両眼開放屈折検査 | トップページ | 今年の営業は、今日で終わりです。 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 両眼開放屈折検査 | トップページ | 今年の営業は、今日で終わりです。 »

最近のトラックバック