« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

カッコイイ メタルフレーム

シャープなメタルフレーム が入荷しました。

Dscn74451_2 Dscn74461_2

チタンメタルフレームです。

テンプルに特徴があります。

パソコンの移動

パソコンの移動をしています。

ウインドーズXPからウインドーズ8.1に。

Dscn74491

XPでは使えたソフトが8.1では使えない・・・。

ウーン、不便だ!

でも、XPだとサポートが切れるから仕方ない・・・、「XPだと責任持てません!」と、あるソフトメーカーから言われますから

ある顧客管理のソフトメーカーは、「8.1では使えません。8.1で使うには36万円いります・・・」だって。

えー、高い気がする・・・。

古いパソコンを顧客管理のみの使用で使うことにしました。

脳の修正能力

メガネフレームは、掛け外しや、外部からの圧力などにより、歪んでくることがあります。

光学製品であるメガネは、歪むと見え方や空間視の違和感に悪影響があります。

ですから、早めに調整をしてください。

ま、でも人間の脳はその影響を修正する能力を持っています。

つまり、歪んだら歪んだなりの感覚を徐々に確立していく・・・・ということですね。

極端な話、メガネを逆さまに掛けても、馴染んでくる場合もあります。

これは、「便利な能力」といえます。

しかし、この能力は、曲がったメガネを正常に調整すると、そのメガネを異常と判断してしまうこともあります。

脳の修正能力も、もろ刃の剣ですね・・・・。

近見での斜位

眼の視機能を最大限発揮しなければいけない時は、近くの物を見るときです。

近方視の眼球運動が円滑に行わなければ、眼精疲労が起きやすくなります。

当店では、近見での眼位を詳しく検査していきます。

近見視力表です→Aisi561 上下斜位を検査する視標です。

斜位の中でも上下斜位は、目の疲れなどが起きやすいです。

白内障術後に上下斜位が発生するかたもいます。

手術も100%安全というわけではありませんから・・・・。

地震

揺れました!いの町は震度4でした。

怖かったです・・・・スワッ、南海大地震か!と思いました。

「3月中に南海大地震が起きる・・・」と予言を聞いていましたからね。

今後、南海大地震が起きないように祈るしかないですね・・・。

でも、いつかはくる・・・・。

で、大地震に備えて、メガネがないと車の運転などができないかたは、メガネを複数所持しておいたほうがいいです。

1本では、不安です。

ちなみに、私は、寝室、居間、耐火金庫に遠近両用メガネを置いています。

これで、もし避難することがあっても安心ですし、どれか1本が破損したとしても大丈夫です(多分)

移動ができる視力表

Ai99871 ←眼位(視軸の向き)検査ができる視力表です。

移動が簡単にできますから、店内のどこでも測定が可能です。

遠見と近見の測定ができます。

「近見作業で、どうも疲れる・・・・」というかたは、近見で眼位に問題がある可能性があります。

当店にご相談ください。

その場合、近見作業距離は重要になりますから、使用目的距離を測っておいてください。

丸セルメガネ「クライス」

丸メガネ、「クライス 」が登場です。

Dscn73921 Dscn73931

玉型は、小さ目の丸セルメガネ。
クライスはPDが64ミリ~68ミリの人に好適な大きさです。

天地幅は36ミリとなっていて、実際は「まん丸に見える楕円形」です。

当店には、4本入荷しました。

限定生産ですから、お買い求めはお早めにどうぞ。

大人の女性のセルフレーム

大人の女性のセルフレーム が入荷しました。

Dscn73551

円熟した大人の女性は、魅力で満ち溢れています。

でも、お肌のハリツヤは10代とは段々変わってきています。

さぁー、どうしましょう。メイクアップの腕をみがきますか。

忙しくて時間が・・・そういうあなたにチチンプイ。

魔法のアイテム「メガネフレーム」。

掛けるだけのワンモーションで大変身できます。

型、カラーで気になる所を補正できます。

レンズにカラーをつければアイシャドー代わりになります。

どんな自分になりたいか・・・それがメガネ選びのポイントです。

お肌のベースの色、パーツの型などを考えながら、じっくりあなたのメガネをさがしましょう。

とことん、お付き合いをさせていただきます。

 

寒い日のサイクリング

寒かった!昨日のサイクリング。

こんな日は、自転車に乗らなくてもいいのに・・・・・と言われそうだけど、サイクリストの血が騒ぐのですね。

ま、でも寒いといっても高知ですから・・・。

寒い日のサイクリングには、フェイスマスクの登場です。

Saiku

これは、バッチリと暖かいです。寒さから守るには最適です。

また、目も冬の紫外線から守っています。

私が使用している偏光レンズ+調光レンズの「ドライブウエア」は、寒い日のサイクリングにもおすすめです。

なお、フェイスマスクをした場合、メガネレンズが曇ってくる恐れもありますから、レンズには曇り止めクリーナーを塗ったほうがいです。

この時期、花粉症のかたは大変です。

この時期、花粉症のかたは大変です。

ウチの息子も、毎日グシュグシュと・・・・。

花粉症用メガネは、お顔との適合性が大切ですから、しっかりと選んでください。

Kafu51

適合性が悪いと、花粉防止の効果が薄れます。

また、適合性が良かったとしても、耳回りの調整が悪いとイマイチのメガネになります。

ですから、フィッティング調整は大事です。

詳しくは「花粉症&ドライアイメガネ」にどうぞ。

緊張と検査の関係

「緊張しました!」って、言いましたよね。金メダルをとった選手が。

そりゃー、そうです。全世界が注目している4年に一回の晴れの舞台ですから、緊張してあたり前です。

緊張すると、目にも影響がありますから、通常のパフォーマンスが発揮できなくなるのです。

感覚や、タイミングが微妙に狂ってきます。

この緊張というのは相手との力関係によっても緊張の強弱が出てきます。

オリンピックでは、たいていは「オリンピック」という相手のほうが強くなります・・・・。

で、目の検査も緊張は厄介な症状です。

緊張すると、屈折度数や、眼位に影響があり、正確な度数が検出しづらくなります。

緊張の力関係でいえば、メガネ店と眼科では、どちらの力が強いか・・・・。

これは、もう勝負は決まっています。

ユーザーは、眼科では「患者」、メガネ店では「お客様」になり、眼科では、相手は先生。

先生の前で、緊張するのは当然です。

そういう点でも、普通の眼鏡調製(屈折検査)は、メガネ店でやったほうがいいと思います。

また、検査度道具に関しては、こんな道具(ビジョンテスター)を使っての検査は、緊張を呼びます。

Bizyo561 ←ビジョンテスター

当店は、ほとんどビジョンテスターを使わないで、自然な検査をしています。

こちらにもどうぞ→「検査情報

雨の日の運転に最適な偏光レンズ

雨の日の車の運転、イヤですね。

道路が反射して見えづらいですから・・・・。

そんな場合、偏光レンズで道路の反射を防ぐことができます。

跳ね上げサングラス「EZ-チェンジ」で防ぎます。

カラーは、これ→Dscn73711 「シャンパンゴールド」

デジカメで道路の写真を撮ってみました。

Dscn73851 ←偏光レンズなし

Dscn73861 ←偏光レンズ(シャンパンゴールド)

この偏光レンズは、青色光をカットする機能もあります。

おすすめの新色偏光レンズです。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

最近のトラックバック