« 近見での斜位 | トップページ | パソコンの移動 »

脳の修正能力

メガネフレームは、掛け外しや、外部からの圧力などにより、歪んでくることがあります。

光学製品であるメガネは、歪むと見え方や空間視の違和感に悪影響があります。

ですから、早めに調整をしてください。

ま、でも人間の脳はその影響を修正する能力を持っています。

つまり、歪んだら歪んだなりの感覚を徐々に確立していく・・・・ということですね。

極端な話、メガネを逆さまに掛けても、馴染んでくる場合もあります。

これは、「便利な能力」といえます。

しかし、この能力は、曲がったメガネを正常に調整すると、そのメガネを異常と判断してしまうこともあります。

脳の修正能力も、もろ刃の剣ですね・・・・。

« 近見での斜位 | トップページ | パソコンの移動 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 近見での斜位 | トップページ | パソコンの移動 »

最近のトラックバック