« スポーツ用メガネのナイロール | トップページ | 日本 残念 »

偏光サングラスの具合

某有名メーカーの偏光度付きサングラス(他店購入)のフィッティング調整をご依頼のお客様。

当店の他店購入メガネのフィッテング調整への姿勢は『こちら 』です。

ご持参サングラスは、まずお顔の幅に合っていません。

モミアゲ(こめかみ)付近を絞めつけていました。

こめかみ付近を圧迫すると、動脈、静脈が圧迫されます。

これでは、頭も痛くなる可能性があります。

力学的にもメガネを前に押し出され、ずり下がりやすくなります。

パッド(鼻当て)も鼻に沿っておらず、片当たりしていました。

モダン部分のフィッティングも耳介には、まったく合っていない・・・・。

これでは、痛みもあり、メガネがズリ落ちてきやすいわけです。

メガネという光学製品はフィッティング調整 が命ですから、どれだけいいレンズを使用してもフィッティングが下手であればペケのメガネになります。

やはり、メガネはフィッティングが上手な店で購入したほうがいいです。

某有名メーカーの偏光レンズは商品的には優れていますが、このメーカーがすべての点において一番優れているわけではありません。

当店がおすすめしている「CBX 」の偏光レンズも優れています。

某有名メーカーよりも優れている面もありますから、当店にて試してください。

ま、某有名メーカーは宣伝上手ですね・・・・。

偏光レンズは釣りに使用するかたが多いのですが、某有名メーカーの宣伝には釣られないようにご注意ください。

結局、材質もわからないし、特性も不明なフレームだったので、フィッティング調整はお断りしました。

「ここと、ここを購入店で調整してもらってください・・・」と具体的にフィッティングポイントをアドバイスをしましたが、調整技術、調整知識のある店なら最初からやっているので、難しいかも知れません・・・・。

フィッティング調整をしない、できないメガネ店も多いですから。

 

 

« スポーツ用メガネのナイロール | トップページ | 日本 残念 »

偏光レンズの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スポーツ用メガネのナイロール | トップページ | 日本 残念 »

最近のトラックバック