« 小さ目ナイロールフレーム | トップページ | 日本の職人が造るメガネフレーム »

検影法

目の屈折検査には、自覚的検査と他覚的検査があります。

他覚的検査とは、お客様の「見える、見えない」などの応答を必要とせず、測定者がオートレフ(コンピューター測定器)などの検査用具を使用して他覚的に度数を求めるものです。

他覚的検査には、「検影法」という古くから行われている方法があります。

これは他覚検査の基本ともいえるもので、レチノスコープ(線条検影器)を用いて、眼底反射像を観察することによって、他覚的に屈折度を求めるものです。
検影法は、熟練を要しますので、誰でもできるものではありません。
Dscn79951

検影法は、屈折度数を知るだけでなく、眼内に光を送ることにより、眼の透光体にある混濁を発見することができます。
当店は主にそういう目的で、検影法を実施しています

検影法では「板つきレンズ」という検査道具を使用するのですが、当店が使用している板つきレンズがこれです。↓

Dscn79931

この板つきレンズは、貴重品です。おそらく、もう販売していないと思います。

それだけ検影法をやっている人が少なくなったのでしょう・・・。

« 小さ目ナイロールフレーム | トップページ | 日本の職人が造るメガネフレーム »

メガネ検査の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小さ目ナイロールフレーム | トップページ | 日本の職人が造るメガネフレーム »

最近のトラックバック