« 小さい丸セルメガネ | トップページ | 歯医者に行きます »

融像力

斜位 は潜在している眼位異常があっても両眼視ができるのは、人間の眼には「融像」と言って、左右の網膜に映った像を一つにまとめて、単一視する機能が備わっているからです。
すなわち、斜位の眼位異常は融像する眼の力によって、矯正されています。


この融像力、上手にコントロールすることができると、滑らかな眼球運動ができます。

しかし、遠方眼位は外斜位なんだけど、眼位検査をすると内斜位に・・・・輻輳過剰の状態に・・・・。

というかたもおられます。

これって、輻輳訓練のやりすぎ・・・

の場合もあります。

ですから、視機能トレーニングも「やればいい」というものでもありません。

眼の外眼筋は、「内直筋は鍛えやすいけど、他の外眼筋は鍛えづらい・・・」ということも

言えるので、眼位の確認をして、適切にトレーニングをするべきですね。

« 小さい丸セルメガネ | トップページ | 歯医者に行きます »

メガネ検査の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小さい丸セルメガネ | トップページ | 歯医者に行きます »

最近のトラックバック